5月〜6月のメンズファッション

これからの5月〜6月ってどんな服着れば良いの??

意外と悩むのがこの春と夏の中間のメンズファッションなのです。今回はそんな5月〜6月のファッションについて考えてみましょう。

 

夏コーデ+春アウターがおすすめ

 

5月や6月といえば、天候や気温に非常にムラのある季節。

真夏のように暑い日もあれば、まったく春そのものな肌寒い日もある。また、夜になると急に冷たい風が吹いたりと、実に微妙な季節なのです。

そんな5月、6月におすすめなのは、夏の着こなしをベースにアウターを一枚持つこと。日中の暑いときにはシャツ一枚で過ごし、日が暮れて涼しい風が吹き始めたら上にアウターを着て快適に過ごすことができます。

例えばいかにも夏っぽさのあるカプリシャツ+白パンの着こなし。

casual

アウターとして一枚薄手のカーディガンがあれば、急に寒くなっても対応することができます。

もちろん写真のようにプロデューサー巻きにするのに抵抗のある人は、畳んでバッグに入れておけばOK。どちらにしても、夏コーデ+アウターは調節が効くので5月6月のスタンダードな着こなしになるでしょう。

 

5月6月に着るメンズのニットは??

 

それでは5月や6月に着るメンズファッションとして、どんなアウターが良いのかを考えてみると、真っ先に出てくるのがニット。

様々な形のニットがありますが、特に人気なのがカーディガンです。

urban research cardigan02

こちらはUrban Research アーバンリサーチのカーディガンです。

ニットは上のカーディガンのように薄手なものから、下の写真のものように厚手のものまでありますが、気温や時期によって使い分けることができるので便利です。

oldderby-knit

このニットはイギリスのニットメーカーであるOldderby Knitwear オールドダービーニットウェアのもの。

5月や6月のメンズファッションに用いるニットとして最低限気をつけておきたいのは、厚さよりもむしろ素材です。

ウールのニットはあきらかに秋冬っぽさがあるので、綿や麻を使用したものを選びましょう。上のニットなんかは綿100%なので、厚手ですが5月の夜などにはまだまだ使えます。

他にも麻に似た質感を持つレーヨンや、変わりものだとシルクを素材にしたニットなんていうものもあります。

cardigan2

 

 

シルクのものは家で洗うことが出来ず、雨など水に弱い素材なので、もしかすると5月6月には着づらいファッションアイテムかもしれません。

 

5月6月に着るメンズテーラードジャケット

 

もう一つ5月や6月のメンズファッションにおすすめしたいのが、テーラードジャケット。

テーラードジャケットはスーツと同じような形をしたジャケットですが、スーツの上着とは異なりリラックスした形をしています。素材はオールシーズンのウールを始め、綿、麻、シルクと様々。

普段ちょっと綺麗目なシャツスタイルなんかをしている人であれば、その上からテーラードジャケットを羽織ってもうまく決まることが多いでしょう。

jacketpants

特に麻や綿を主な素材にしたジャケットや、サマーウールのジャケットであれば、時よりちょっと涼しい風が吹くような5月にぴったりなファッションになるでしょう。

6月は雨が多いので、ポリエステル混のオックスフォード地もおすすめ。

jacket

通気性では他の素材に劣りますが、雨に濡れてから乾くまでの早さには目を見張ります。

また、上の写真ですでにお気づきの方もいるかもしれませんが、カットソーであってもジャケットの雰囲気によっては合わせて着ることができますね。

その際ちょっと首もとが大きく開いたものや、Vネックのカットソーと合わせるのがおすすめです。

また、ジャケットが柄ものであれば白のカットソーが合わせやすいですね。ジャケットの色がライトブルーやライトグレーであれば紺のカットソーがおすすめ。

また、ジャケットが無地であれば上のようなボーダーなどの柄ものカットソーもOKですが、ジャケットが柄の時はカットソーは無地にしましょう。

jacketpants01

主に麻100%や綿のカジュアルジャケットはカットソーと相性がいいため、積極的に使用しましょう。

ただ難点はジャケットの場合は畳んでバッグにしまっておきにくいこと。ある程度涼しい日には最初からジャケットを脱がないことを前提に、上のような最低限の重ね着のスタイルにしてしまうのが良いかもしれません。

 

 

いかがでしたか??

今回は意外と着こなしが難しい5月6月のメンズファッションについて考えてみました。