【顔が大きい人必見】顔を小さく見せるスーツ選び&着こなし

顔が大きくて悩んでいる……。

なんとか着こなしで顔を小さく見せたい……。

できます!

実はスーツはかなり小顔効果を狙いやすい服装なのです。

広めのラペルのスーツを選ぶ

今時の流行と言えば、ナロー&ショート。

どこでスーツを買おうとしてもシェイプが細く、襟の細いスーツが多いです。

でもあまりにスーツの襟が細いと、相対的に顔が大きく見えてしまいます。なので、ちょっとラペル(襟)の広めでクラシカルな印象のスーツを選ぶと顔が小さく見えるのです。

細いラペルというのはこんな感じのもの。

thom-browne-for-brooks-brothers-black-fleece-classic-suit-profile

広めのものと言っても、以下のスーツくらいで十分小顔効果が狙えます。

jaketpant-style58

ちなみにこちらのスーツはゴージライン(襟のくぼみの部分)も高めの設定。

ゴージラインが高いと目線の意識が上の方に行くために顔の大きさを強調してしまう、という意見もありますが、その変わり意識が上に行くので身長を大きく見せることができます。

身長が低くて悩んでいる人はゴージラインが高いスーツを選ぶと良いでしょう。

大きめ(広め)の襟のワイシャツを選ぶ

スーツの襟と同じように、ワイシャツの襟の広さも顔を小さく見せるのには重要です。

これも相対的に大きさを判断する、人間の目の錯覚を使っていきましょう。

広めラペルのスーツの中に大きめの襟のワイシャツを着れば、顔が相対的に小さく見えます。

paul-smith-suits9

それに対し、細目の襟は顔の大きさを強調してしまいがち。

paul-smith-suits3

ただし大きい(広い)襟と言っても、あまりに高さのある襟だと首が短く見えてしまい、それも顔がボッテリとしたように見せてしまう。

スーツで顔を小さく見せたいなら上のように、襟の高さは低め且つ大きい襟のワイシャツを選ぶと良いでしょう。

また、襟の開き方にも注目。

上はワイドカラーで、下はレギュラーカラー。

最近は上のようなやや大きく開いた襟が人気ですが、そちらの方が顔を小さく見せます。

首もとに明るい色を持ってこない

さきほど、目線がどこに行くかによって顔が大きくor小さく見えるかが変わるという話をしました。

これはラペルの形だけでなく、色にも言えることです。

DSC_7301

このシャツのような襟だけが白(別の色)になったシャツはクレリックシャツと呼ばれ、お洒落なアイテムとされています。

でも顔が大きいことで悩んでいる人がこのようなシャツを着てしまうと、首もとが明るくなるため視線がそこにいき、顔の大きさを大きく見せてしまいがち。

スーツの着こなしで顔を小さく見せたければ、出来るだけ首もとは目立たせないようにしましょう。

上のシャツなんかはクレリックシャツで、且つ細く小さめな襟なので顔を小さく見せるのには向いていないですね。

できれば首もとを開けよう

実際仕事でスーツを着ているとネクタイ着用は必須。

でもネクタイを着けると首がきゅっと締まるので、顔が大きく見えてしまう人が多いのが実情です。

そこで、ある程度服装の自由な職場の人にはアスコットタイがおすすめ。

ascot

スカーフのようにシャツの中に巻けば、このようにネクタイの代用になります。

シャツをワイルドに開けることができるので、顔が小さく見えることも多いと言えます。

また、もう一つの利点は上の項で説明したことと絡んで。

ascot02

首もとにこのように暗い色を持ってくることができるわけです。

こうするとネクタイを着用するよりもずいぶん小顔効果を狙えます。

顔を小さくしよう

実は顔の大きさというのは、リンパ線の流れが悪くなったりして起きる「むくみ」が原因であることも多いです。

ですから体の循環を良くすると驚くほど小顔になることも。

日頃から顔の輪郭あたりをよくマッサージすること。

また、多くの人が猫背になっているので正しい姿勢に戻すこと。

猫背気味な人は骨格がズレているので、これを直さないと体の循環は良くなりません。柔らかいソファに寝てしまったり、体に合っていないベッドを使い続けていると、猫背はどんどん悪化していきます。

そのあたりを気をつけると、ずいぶん顔が小さくなるものです。

肩のしっかりしたスーツを選ぶ

スーツにはいろいろなシェイプがあり、肩のシェイプも様々。

中でもスーツ着こなしで顔を小さく見せたい人が選ぶべきなのは、ややしっかりとしていて肩幅が強調されるスーツ。

suit2

上のスーツが、ある程度肩のしっかりしたスーツといった感じ。

業界で言われるところのブリティッシュトラッド型スーツに見られるような、しっかりと立体的に作られたスーツがおすすめです。

理由はやはり、対比を狙うため。

なで肩で細目の肩のスーツを着てしまうと、それに対比して顔が大きく見えてしまいます。

スーツで肩を大きくすることによって、顔を小さく見せることができます。

 

今日から挑戦できることばかりで、ずいぶん顔を小さく見せることができます。

積極的に挑戦してみましょう!