【おすすめハンガー】MAINETTI マイネッティの魅力【ジャケット】

mainetti01

ハンガーにこだわろう

みなさんはお気に入りのジャケットをどんなハンガーに掛けていますか?買ったときについてきたプラスチックの幅広なハンガー?それとも手元にあった普通のハンガーを使っていますでしょうか。

実はハンガーによってジャケットがどれほど長持ちするかというのは驚くほど変わってきます。細く肩幅の足りないハンガーを使ってしまってはジャケットは自分の重みで伸びてしまって、型くずれを起こしてしまいます。

普段使っているときにはまだしも、ハンガーラックに掛けてしばらく締まっておいたら、取り返しもつかないほど型くずれしてしまったなんていうのはありがちなことです。

もちろんスーツを買った時についてくるような幅広のハンガーであればとりあえず問題なくジャケットを保管することができます。しかしいかにせよ素材が安っぽく、部屋がお洒落になりきらない。けれど木製のハンガーは高いからどうしよう。

そんな人におすすめなのが、値段はそこそこながらも見た目がかっこ良く、幅広でしっかりとジャケットを保持してくれるイタリア製MAINETTI マイネッティのハンガーです。

MAINETTI マイネッティとは

mainetti05

マイネッティのハンガーはイタリアの高級ジャケットが好きな人であれば、はからずも見たことがあるであろうハンガーブランドです。

もともとは木製のように美しいハンガーをプラスチックで作ろう、ということで始まったこのメーカーですが、その値段といいデザイン性といい、丁度イタリアの数多くのサルトリア(仕立て屋)ブランドのニーズにマッチした。

それからというもののこのハンガーはそれぞれのブランドの名前を入れて使う、プライベートブランドのハンガーといったかたちで、イタリア中の高級ジャケット・スーツブランドに採用されることになりました。

例えば上の写真の手前のハンガーは、イタリアの中でもナポリの中堅高級サルトリアブランドであるイザイアというブランドのハンガーです。形状など基本的な作りと製造はマイネッティで、ハンガーにもMのマークが入っていますが、素材はラバー風になっており、色もイザイアのブランドカラーである赤になっていますね。

このように色々な高級ブランドに採用されているだけあり、マイネッティのハンガーは信頼性が抜群に高く、高級感があります。

MAINETTI マイネッティのハンガーの特徴

mainetti02

マイネッティのハンガーの一番の特徴はやはり、木製に見える非常に高級感のある素材です。ざらりとした手触りで質感、見た目共に非常に高級感がありますが、木製よりも価格が安く、さらに重量がやや軽いのが特徴。

この重量については、実は結構重要な要素ですね。というのも重い木製のハンガーを何個も掛けると弱いハンガーラックは重さに堪え兼ねて歪んでしまったりします。もちろんマイネッティのハンガーもかなり重さがありますが、このサイズの木製に比べれば軽量なので助かります。

またマイネッティのハンガーにはパンツを掛ける部分もついていますが、その部分が起毛加工されており、パンツが滑り落ちてしまうという由々しき事態がほとんど起きません。

mainetti03

本体部分もほどよい起毛感といいますが、ざらっとした手触りになっているため、ジャケットは掛けやすく取りやすいけれど滑り落ちない。非常に絶妙なバランスです。

マイネッティのハンガーは持ってみると分かりますが、ちゃんと本体に厚みがあります。これは人間の肩に少しでも近い環境を作り出すためですね。この厚みのおかげでジャケットの重さが分散され、ジャケットが自分の重みでひっぱられて肩の部分が型くずれするのが防がれているわけですね。

napli jackets

またジャケットをいざ着る時にジャケットの肩部分が丸く立体的になっているので、非常に気持ちが良いですね。

改めてこのハンガーを見てみると、ロゴの部分が上品で非常にお洒落な印象。自分のお気に入りのジャケットは、せっかくだからお洒落なハンガーに掛けてあげたいものです。

mainetti06

いかがでしたか?

今回はイタリア製の良質で実用的、美しいのにコストパフォーマンスが高いマイネッティのハンガーを紹介してみました。楽天などで売られていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!