できるビジネスマンは高級ボールペン

DSC_0088

できるビジネスマンは高級なボールペンを使っている事が多いです!
安いボールペンも高いボールペンも機能は同じですよね?
どんな理由があるか考察してみます。

人から見られているという事を意識している

ボールペンというのは仕事で得意先の担当者の前で書くこともありますし、お客様の前で書くこともあります。
それ故に、ビジネスマンだとペンを使っている所を見られるというのは良くあります。

なので相手に見られている物は上質なものにしようとする。それができるビジネスマンに多いのです。
ボールペンが高級な人は、シャツのシワにも気を使いますし、靴を磨くのも100円ボールペンの人より回数が多いはずです。

高級ボールペン=仕事ができる
というよりは、気を使えるからボールペンまで気をつけている、と言えますね。

高級車のディーラーはボールペンが絶対に高級

高級車のディーラーに行くと必ずと行って良いほどボールペンを気を使っています。
メルセデス・ベンツに至っては、営業マンの中でモンブランの利用率が高いです。
BMWの営業マンもクロスやパーカーなど良いメーカーを使っています。

何故かというと、理由が2つあります。
一つはお客様に記入してもらうシチュエーションが多いため、良い物を用意しているという事です。
適度な重量と、柔らかいペン先が書きやすく、デザインも良いのでお客様が快適に書けます。

もう一つは「最も素晴らしい車のブランド」として販売している営業マンが、文具一つも蔑ろにしていては自己否定になってしまうからです。
最も素晴らしい車を売る営業マンは、最も素晴らしいボールペンを持っているのが自然ですよね。

メルセデス・ベンツより更に高級な車のメーカーに、マセラティというイタリア車メーカーがありますが、そこディーラーでは営業マンは着ているシャツの質にさえ拘っています。
1000万円以上の商品を売るので、お客様に会うのに失礼のないように全身気を使って整えているのです。
そういった意味でもボールペンを気遣うのは当然という事なのです。

高級なボールペンにするのは完全な信頼をおけるため

人と会わない仕事であれば、安い100均のボールペンで良いのか。
それでも高級なボールペンを使うビジネスマンも居ます。
それはボールペンに対して信頼を求める人です。

アメリカの保安官や米国軍人など、腰には未だにリボルバー(回転式拳銃)を下げている人が居ます。オートマチック拳銃だと、銃を撃った時に弾が詰まってしまう可能性があるそうです。
ですが、リボルバーであれば詰まりはなく必ず最後の1発まで撃ち切れるそうです。

ボールペンはビジネスマンにとっては腰に下げる拳銃と同じです。
重要な時にメモをしたり、書類を書くときに、「使えない」ではダメなのです。
大切な会議で長文をメモ取るときに安いボールペンだと、かすれたり、インクが出なかったり、割れたり液漏れしたりとリスクが付きまといます。
そんな時にできる限り信頼のおける高級ボールペンにするのは自然な事です。

何万円もしなくても良いので、2〜3千円の金属で出来た一流メーカーのボールペンであれば、壊れるリスクは下がります。
筆者の手元にあるモンブランのマイスターシュテュックは5年以上使っていますが、インクがかすれたり不調になる事はなく、大事な時でも必ず書けます。

このような観点からも、できるビジネスマンは高級ボールペンを使うのです。