【メンズ】麻のシャツ 着こなしのコツ

linen shirts01

春夏の代表的な素材である麻(リネン)を使ったシャツは、この時期の定番アイテムですよね。皆さんの中でもすでに服屋さんで勧められたり、あるいは自分気に入って麻のシャツを購入した方も多いはず。

そういうわけで今回は麻のシャツを着こなすときに知っておきたいことを、解説しておきます。

麻は春夏のアウターと合わせる

jacket-pants97

 

麻は春夏に着ると非常にお洒落なアイテムです。ですから積極的に手に入れて着てみていただきたい素材ではありますが、一つ大事な決まりがあります。それは麻は必ず春夏のアウターやパンツと組み合わせること。

例えば写真のように同じく麻を使用したテーラードジャケットと麻のシャツの相性は抜群です。またその他薄手の綿のカーディガンを羽織ったり、あるいは綿のカットソーを中に着て前のボタンを開けてリネンシャツを着こなすのもお洒落ですね。

しかし麻のシャツをウールのごわごわとした素材のジャケットや、フランネルなど起毛感のある生地のもの、コートなど秋冬のアイテムと組み合わせてしまうと非常にチグハグで違和感のある印象になってしまいます。

真冬にストーブをつけてこたつに入りながらアイスクリームを食べるのはロマンですが、冬にリネンを着るのはどちらかというとナンセンスです。また麻のシャツの色合いは基本的に明るい色のものが多く、生地は薄いものが多いので、暗い色で厚手のアイテムが多い秋冬ものとは基本的に組み合せにくいという理由もあります。

洗いざらしで着るなら上質な麻シャツ

linen shirt norton

麻のシャツというのはシワになりやすいアイテムですが、そのシワもまた魅力の一つだと言われています。体感的にもシワのあるシャツというのは生地と肌の間に隙間ができるので、真夏など暑い季節には快適な着心地になりますね。

しかし総じて安い麻シャツのシワというのは折れ方が非常にキツく、また小じわもびっしりと出来てしまうのであまり美しくなく、リラックスしていて抜け感があるというよりは、くたびれたような印象になってしまうことが多いです。

そのため、もし洗いざらしの少しリラックスした雰囲気で麻シャツを着たかったり、あるいはアイロン掛けが面倒だと感じたりするのであれば、おすすめはちょっと高級な麻シャツです。

高級な麻というのは小じわのより方が非常にナチュラルで、キツい折れ線が入りにくい。

linen shirt texture

麻にしては柔らかい感じなので、着心地が何倍も滑らかで気持ちよいだけでなく、外見も美しいです。個人的には非常に高級で目の詰まった滑らかな麻は、綿よりも肌触りが春夏に気持ちよく、色合いも素晴らしいと思います。

さらに手洗いで軽く洗って絞らずに干せば、洗いざらしでもくしゃっとしてしまわず着られるので、洗濯が非常に楽なのも品質の良い麻の特徴ですね。

また高級な麻ならではの光沢感も非常に魅力的です。

一枚で着るならデザインの良いものを

vallaresso02

麻シャツはシンプルながらも素材感でお洒落なアイテムなので、一枚着てそれだけで終わりにしたくなってしまうアイテムですね。

とはいえ実際には麻シャツを着るだけのコーディネートだと少し物足りなくなってしまいがち。そこで大学生や高校生の人たちの間でよく着られているのが、テープなどで柄のアクセントの入った麻シャツですね。

しかしこういったシャツは、まさに若い人たちがよく着るゆえに少し子供っぽい印象になりがちです。そこでおすすめなのは、シルエットのデザインが良く、お洒落な一枚。

例えば上の写真のようなプルオーバーシャツや、下のようなカプリシャツ。

capri shirts

 

少し大人っぽい印象になるので、麻のシャツの魅力を存分に生かすことができますし、お洒落な人たちばかりが着るアイテムなので、お洒落に気を使っている印象があります。

 

いかがでしたか?

今回は麻のシャツの着こなしのコツを紹介しました。是非参考にしてくださいね!