リンツ・チョコレート・リンドール スイスミルク缶

DSC_8686

リンツ・チョコレート・リンドール スイスミルク缶の特徴

リンツの大人気リンドールチョコレート(丸いチョコレート)が可愛い缶に収まったアイテムです。
とても可愛く、空になった缶は雑貨として使えるのでお勧めの一品です。

赤色のラベルに白の十字はスイスの国旗を模しているもので、細かなアルファベットがエンボスされています。

国名は、スイス建国の中心的役割を果たしたシュヴィーツ州に由来する。“Schwyz”(シュヴィーツ)は、古代ドイツ語で「酪農場」を意味する語が訛ったものだとされる。

wikipediaでこのような記載がありますが、スイスと酪農は深い関係があり、そのミルク缶からインスピレーションを得て、このチョコレート缶ができたようです。

http://www.lindt.jp/fs/lindt/438512

スイスのアルプスの山々や牛たちをイメージさせる真っ赤なカワイイミルク缶に入っています。
リンドールは、世界中で愛されるリンツチョコレートの一番人気アイテム。口の中でとろけるそのなめらかなフィリングは、まさに魅惑の口溶けです。スイスから輸入される本場のリンドールは、工場から一貫した温度管理を行っておりますので、通年を通してそのおいしさを楽しめます。

DSC_8687

【内容量】250g 【原材料】砂糖、植物油脂、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳糖、バターオイル、脱脂粉乳、植物レシチン(大豆由来)、麦芽エキス、香料
【パッケージサイズ】直径約8cm 高さ約18cm
賞味期限は1か月以上のものをお送りしております。

DSC_8689

ミルクチョコの味わい

リンツのチョコレートは、どのラインナップをとっても美味しく、また感動的なものです。
このリンドールチョコレートはリンツの基本的なチョコレートと言ってもよく、公式のリンツショップでも定番として扱っています。

丸いチョコレートは、一口で食べるには少し大きいので、日本人の場合は二口サイズになると思います。
滑らかでチョコレートのカカオの香りとミルクの芳醇な香りを同時に堪能できる贅沢なチョコレートです。

一粒100円程するので、特別なおやつでゲストに出すのにも向いています。
少しだけ冷やして食べると、僅かにパリっとした食感を楽しめるので、冷蔵庫で1時間程度冷やすとより美味しく食べることができます。

また、寒い冬のシーズンは、ホットミルクに1粒入れてゆっくり溶かす事によってチョコレートフレーバーミルクが出来て、本当に美味しく飲むことができます。
少し疲れてしまった時や、ゆっくりと眠る前などにも、このチョコレートが活躍すると思います。

DSC_8688

このリンツの缶だけでも十分に価値のある商品ですので、リンツやスイスが好きな人は是非とも入手してみて下さい。