健康マットレス

 

健康マットレスとは

 

健康マットレスは、寝心地だけを考えて作られた寝具と違い、寝ている間の痛み・症状の悪化を防いだり改善したり、あるいは寝ることによって健康を促進するような寝具のことです。

健康マットレスの効果はものによって異なりますが、痛み・症状を防ぐ、改善する、血行を促進する、消臭するなどの機能を持っているものが多いです。

健康マットレスの値段はピンキリ。

3万円〜から50万円近くするものもありますが、3万円〜10万円の健康マットレスのほとんどは既存の敷き布団の上に重ねるタイプ。数センチのものパットを柔らかい布団に重ねても治療力はないので、基本的は応急処置に近いニュアンスの商品です。

逆に痛みの改善などの効果が期待できる健康マットレスは15万円〜30万円程度の、独立したマットレスタイプのもの。

30万円以上する健康マットレスは、正直値段と効果が釣り合っていないものであることが多いですね。

 

健康マットレスのメリット・デメリット

 

人間は人生の3分の1を睡眠で過ごしていると言われています。

それなのに多くの人は、その人生の3分の1を無意識にもったいない使い方をしてしまっている。「良いことがない」だけならまだしも、体に負担がかかり健康が損ねるような布団で睡眠を取っている人も非常に多いです。

正しい健康マットレスを使うことで、その長い時間を「体を健康な状態に戻す」ことや「痛みの軽減」、「血行の促進」など体にプラスな時間にすることができる。

いわば自分に合った、しっかりとした実績のある健康マットレスを使えば、寝ている時間分ずっとリハビリやエクササイズをしているのと同じような効果が得られるわけです。

 

健康マットレスレスにはデメリットもあります。

それは効果が確かでない、ネット上でしか売られていないような健康マットレスがあまりにも多く出回っていることです。腰痛に効く!と言いながらもまったく根拠がない。

「包み込むような寝心地=腰痛に良い」などの根拠のないことを書いて、腰痛で悩んでいる人にマーケティングしている健康マットレスもあるくらいです。

そういった健康マットレスをうっかり買ってしまうと、普通の布団で寝る以上に腰痛や体の痛み、疲労感が出てしまうことも。

ですから本当に良い健康マットレスに出会えるかどうかで、健康マットレスが睡眠にとってメリットなのかデメリットなのかが変わってしまうわけです。

 

 

高反発と低反発の違い

 

健康マットレスには主に2種類、高反発と低反発があります。

 

一昔前まで流行していたのが、低反発マットレス。

例えば有名な低反発マットレスのブランドではこのように紹介されています。

・低反発マットレスは硬すぎず柔らかすぎず心地よいフィット

・低反発マットレスは無理のない姿勢が取れるのでバランスが良い

・低反発マットレスは衝撃を優しく吸収してくれる

体に優しそうなイメージがあります。

低反発の健康マットレスの利点は簡単に言えば「悪くなった腰痛や体の痛みを、そっとしておけること」です。

つまり自分の姿勢がそのまま健康マットレスの形になるので、悪い姿勢は悪い姿勢のまま維持できる。無理に姿勢を良くしようする力が働くことがなく、力が加わらない=寝ている間は痛くないというのが売りでした。

 

でも実際には腰痛や体の痛みは原因を取り除かなければなくならない。

そういうわけで数年前から、「寝ている間、姿勢を正しい位置に維持してくれる健康マットレス」が注目され始めました。それが高反発マットレスです。

実は多くの痛みの原因は悪い姿勢によって背骨がゆがんだことに起因していることが多いのです。

詳しくはこちらの記事にかいています。

1日の3分の1、8時間もの時間を正しい姿勢で過ごしていれば、背骨はどんどん元の位置に戻っていく。そうすると自然と痛みが引く。そういうわけで高反発が主流になっています。

「でも寝ていて痛いんじゃないの??」

確かに人によっては、骨格が正しい位置に戻っていく段階でやや痛みを感じる人もいるかもしれません。でも慣れてくると、もう高反発でなければ寝られなくなるほどの寝心地。

体が正しい姿勢にあれば、疲れやだるさが取れ、眠りが深くなるのは当たり前ですね。

そういうわけで今から健康マットレスを買う人で、本当に痛みを治したい人は高反発の健康マットレスを選ぶのが良いでしょう。

 

 

健康マットレスを選ぶときの注意

 

厚みのある独立タイプの健康マットレスがベスト

健康マットは実に様々で、厚さは数センチのものから30センチ近いものまであります。

先ほどもちらっと解説しましたが、その中で健康マットとしての最低限の効果を発揮できる厚さは10センチ〜だと思われます。また敷き布団の上に置くマットレスは重い腰の付近から沈んでしまうため、猫背になってしまうことがあります。

 

おすすめは断然、単体で使える独立マットレスタイプのものですね。

 

ネット上にしかないような健康マットは避ける

ネット上で健康マットを買う場合には、その効果が本当にあるのかを判断しにくいところ。

効果を裏付ける意味では、医療関係者の推奨があるものがベストです。

またそれ以外にも、百貨店等で販売実績のあるものや、公的機関で使われているマットレスもおすすめ。とにかくネット上にしか存在しないような健康マットレスを、実態の無い会社から買ってしまうのを避けましょう。

 

健康マットを買うなら安心できる会社から

最後になりますが、一番重要なのは安心できる会社から買うこと。実店舗があるか、ネット販売のページがしっかりしているか、そして会社概要などがちゃんと記載されているかなど確認しましょう。

 

 

以上が、健康マットレスの簡単な説明でした。

自分に合ったマットレスを探すためにネットを使うのは良いことだと思います。ですがその際は、会社がしっかりしていることをまず確認。

そして上に書いたことを基準に、失敗のないマットレス選びをしましょう!