KEF Q1 レビュー

KEF Q1 レビュー

KEFのQシリーズ コンパクト・スピーカーに当たるKEF Q1Q1mini
現在は生産終了して、後継機にQ100が発売されています。

Q1はホームシアターのスピーカーなどにも使われるようで、マイナーな機種であるもの 中古で入手できるので、得意な音楽や音の傾向など写真を合わせてレビューします。

Q1top

KEF Q1の外見

一度見たら忘れられない強烈なデザイン。
現行のQ100こそ、オーソドックスなスタイルになってしまったものの、大きく円形の繋がったコーンは形と素材ともに目立ち、一度見ただけで「これもKEFか~」となります。
このスタイルが好きなひとであれば、音質云々以前にサランネットを外して部屋のディスプレイのように使うのもありかもしれません。
もちろん質感や手触りはさらさらとしていて、安っぽさはありません。
どちらにしろ好みの分かれるデザインですが。

poiu

KEF Q1の音質

音質は中域のふくらみに特出した傾向です。
いろいろなアンプや、レシーバーなどに繋いで試したのですが、何度聞いても中域のふくらみが強く感じました。
熱湯で作る濃厚なココアのような、もったりとした音でこれも外観と同じように好みが分かれそうです。
歌手が中心でアコースティックギターが入るようなバラード曲、ピアノ+ボーカル曲などは声に厚い膨らみがでて他のスピーカーには無い感覚で聞けると思います。
ただ万能なスピーカーではないので、その点留意しておく必要があります。

iuy

KEF Q1は買い?

作りもしっかりしていて、質感も良いのですが、デザイン・音質は聞き手を選ぶので購入前には視聴をした方が良いです。
比較的万能なスピーカーが欲しければB&WのCM1なんかがお勧めです。