彼女の作り方

彼女ができない!!
というか、今まで一度もできたことがない・・。

そんな男の子の為に彼女の作り方を教えます。

D2X_1960

女の子の友達を増やす

これは、友達に紹介してもらうのが一番早いです。

紹介してもらえないのであれば、メールアドレスを知っている、もしくは顔見知り程度の女の子でも良いので積極的に遊びに誘う必要があります。

「断られたり、失敗を恐れる」のが一番ダメです。何もかもが消極的で奥手になってしまいます。

失敗せずに恋愛経験無しでおじさんになる位なら、10人当たって9人失敗する方が全然マシです。

ですが、誘うまえに色々とコツがあります。そのコツとは、

お洒落で、既にモテてるオーラを出す必要があります。

一般的にモテる男性とはどういう人か考えてみて下さい。
「女性に不慣れでモテなさそうな男性」というのはモテないのですね〜。

つまり「モテてる男性」というのは、モテオーラリア充オーラが出ています。
言ってしまえば恋愛経験豊富な男子の方が断然モテるのです。

既にモテてるオーラを出すには

一見無理なように思える「モテオーラ」ですが、ちょっと頑張れば何とかなったりします。
大事なことは以下のことです。

  • ファッションがお洒落
  • 自分に自信がある
  • 清潔感がある
  • 余裕がある
  • ゆっくりとハキハキと喋れる
  • 姿勢が綺麗で、目を見て話す事ができる
  • お洒落なデートコース、お店を知っている
  • 女の子の好きなブランドやファッションを知っている
  • 女の子に話を振れる、引き出せる、会話が続く

ファッション

リア充というのは、この上記の事を自然とできているのです。
特にリア充はモテるために一生懸命なので、高校生の内にはモテファッションを雑誌などで学んでいます。なのでお洒落な服を自然と選べます。

着こなしやメンズファッションについては、「大人になれる本」の中で色々紹介しているので参考にして下さい。

メンズファッションの基本

高校生のためのメンズファッション

大学でモテる方法

【必見】オシャレな大学生になる方法

【大学生男】サークルで友達を作りたいならこの服装!

自信がある

次に自分に自信があります。自信というのは、態度が大きいというのとは別です。
俺に任せろ、というリードできるような雰囲気を出すことができます。
例えば道に迷ったり、ちょっとしたトラブルが起きても、おどおどせずに冷静に対処できます。

清潔感

清潔感、これも非常に重要です。
ですが、髪を美容院でショートにして、ワックスでゆるふわにして、毎日お風呂で体を洗って髭を剃ればOKです。
あとはAG+などの制汗剤をつければ完璧です。
いつも綺麗な服を着るというのも大切なことです。

余裕がある

余裕がある、これもモテるための条件です。
特に、がっつかない。彼女欲しいオーラを出さない。というのは重要なウェイトを占めます。
「あ〜〜誰でもいいから彼女ほしい〜〜〜。付きあいて〜」と普段から言っている人よりも、スポーツや勉強、仕事で充実して女の子にがっつかないメンズの方がモテます。

一見、「女の子にはそこまで興味ない。」って思われる位でも良いです。
ですが、二人で会うと優しくてドキドキする!っていう雰囲気とギャップ作りが大切です。

例えばデートに言った時も、すぐに手をつなぎたがったり、キスしたい雰囲気を出すのは引いてしまいます。
初デートはちょっと時間が短く3〜4時間でも良い位です。

ゆっくりとハキハキ喋れる

電車や街中などであまりモテなさそうな男子グループを見かける事がありますが、彼らは小さな声で早口で自分の趣味について延々と喋っていたりします。
女の子に対してそういった喋り方をするのはよくありません、ゆっくりと、でもハキハキと聞き取りやすい声で話すのが大切です。

どんな話し方が良いのかは、身近にいるモテてる男子のトークを参考にするのが良いです。

姿勢が綺麗で、目を見て話す

例えばノンノなどのレディースファッション誌で男性のモデルが出ていますが、必ず姿勢が綺麗で生活感があって目線がしっかりとしています。
猫背な男子よりも、姿勢が綺麗な男子の方が圧倒的にモテると言えます。

あとは、下を向いてモゴモゴ話すよりも、しっかりと目を見て笑顔で話すほうが良いです。
始めのうちは恥ずかしいかもしれませんが、自分に自信がある証拠にもなるので目を見て話しましょう。

お洒落なデートコースとお店を知っている

超王道でも良いので、しっかりと調べておきましょう。
「そういえば、◯◯で限定の苺のタルト出るらしいけど、今度行こうぜ〜」
といった感じで、デートを誘った時にOKが出やすいように、お洒落なお店を下調べしましょう。

今どき「あの良ければ今度、食事でも行きませんか?」なんて誘い方は引かれてしまいます。

「駅の近くにある◯◯って知ってる?」「え?知らない」「まじか〜、ランチがめっちゃ美味しいんだって〜、今度行こうぜ〜」

って位の方が成功率が高いです。相手の女の子も、行ってもいいかな〜って思えるような誘い方が大切です。

「夏休み皆で◯◯で花火しようぜー!車出すから午前中BBQして泳いでもいいしさー」

といったように「イベント風」にするもの大変お勧めです。
これで沢山の女の子と友達になれます。とりあえず、ちょっとイケメンっぽい男友達を用意しておけば、2対2で遊ぶ事ができるので特に良いです。

2人デートに抵抗がある女の子でも、イベントなら楽しそう!という事で成功率が高いです。
それに、男子がしっかり段取りすることで、女の子が楽しめるため上手く行くことが多いです。
またイベントを成功させることで男らしさや格好良さを見せることもできます。

女の子が好きなファッションやブランドを知っている

これは買い物デートに誘えたり、デート中の会話が盛り上がったりします。

【2014年】レディースファッション入門&基本

この記事を呼んで、代表的なブランドやレディースファッションについて知っておきましょう。
そうすれば、「どこで服買ってるのー?」という質問ができるようになります。
可愛い女の子の9割位はファッションが好きなので、この会話が成り立ちます。

「このチュニック、ローズバッドで買ったんだけどさ〜、パンプスが〜」

といったようなトークがなんとなく理解できれば、会話の幅が広がります。

「マジェスティックレゴンとか好きかな〜」「ああ、パルコに入ってるやつねー」

女の子が興味あるものについて、調べてかるく会話に出せるというのも大切です。

女の子に会話を振れる、引き出せる

一般的には女の子の話を聞くのが7割、自分でしゃべるのが3割と言えます。

売れる営業マンだけが実践している4つのテクニック

ここでも紹介しているように、会話のテクニックが大切です。
ずーっと相手の話を聞いているだけでもダメです。
「自分の事を話しているようで相手の話を引き出す」という方法が理想的です。

「先週、京都の四条に買い物行ったんだけどお洒落で雰囲気良くてさ~。花子ちゃんは最近旅行行った~?」

というように、話を上手く振ります。

ここで「最近行ってないなあ。京都どうだった?」と聞かれれば、京都の話をして、
「うん!沖縄に行ってね~!」と相手が京都に興味がなく、自分の話を聞いてほしそうだったら、相手の話を聞きます。

このように自然な感じで、自分の事を話しつつも相手の会話を引き出すというコミュニケーションが重要です。

会話が続かないというのは、お互いの価値観が合っていないということです。

盛り上がるというのは、共通の話題があるか、もしくは共通の価値観がある。という事の裏返しです。
ですので、会話が続かないのであれば、女の子が好きな事や興味を持つ事について自分も興味を持つ事が大切です。

電車や車やカメラ、ロードバイクの話が好きな可愛い女の子というのは、ごく限られています。

女の子の友達と何度も会って仲良くなる

基本的には何度も会うほど告白の成功率が上がります。
相手の性格やセンス、趣味、会話などお互い良く知ることができるので、OKが出やすいです。

ある程度仲良くなったら、夜に居酒屋に行ったり、夕方からちょっと遊んだりします。
そして雰囲気が良い時に告白するのがベスト!金曜の夜や土日がお勧めです。

朝から昼はNGと言えます。頭がまだシャッキリしてない上に雰囲気もないですから。
夜に軽く飲みながらお互いカウンターとかで横に並んでる時など、気兼ねなくサラっと言えるはずです。

断られるのが怖いなら、「付き合ってるみたいだね~」とか「付き合っちゃおうぜ~」という感じで言っても良いです。
場所と空気を考えましょう。

 

と、言うわけで「彼女作り方」講座でした。
一概にこの方法が正しい訳ではありませんが、今まで彼女が出来たこと無い人にはお勧めです。
「清潔感とファッション」、「相手に興味を持つ、話を聞く」という2点が特に重要です。

 

  • ファッションがお洒落
  • 自分に自信がある
  • 清潔感がある
  • 余裕がある
  • ゆっくりとハキハキと喋れる
  • 姿勢が綺麗で、目を見て話す事ができる
  • お洒落なデートコース、お店を知っている
  • 女の子の好きなブランドやファッションを知っている
  • 女の子に話を振れる、引き出せる、会話が続く

この9個の事に気をつけて、女の子の友達を作ってみて下さい。
また、その友達の中で良い子がいたら付き合えるように頑張って下さい。

重要なのは女の子の友達をまずは何人も作ることです。それによって慣れるので、より心に余裕ができます。
という訳で検討を祈ります。