【レビュー】ジョンマスターオーガニクスのヘアワックス

あまりケミカルな感じのない、自然なヘアワックスが欲しい!そう願うメンズ諸君は多いはず。いや、もちろん女性にも多いでしょう。自分もまた常にケミカルで、何度洗っても落ちきらないヘアワックスに嫌気がさしていました。

つい先日オーガニックコスメブランドとして有名なジョンマスターオーガニクスで、ヘアワックスを発見。購入してみましたのでレビューしようと思います。

ジョンマスターオーガニックとは

john masters

そもそもジョンマスターオーガニクスとは、「地球に敬意を払うラグジュアリーブランド」ということをコンセプトとしたコスメブランドです。そもそもスタイリストをしていながらも、化学物質によるスタイリングに疑問を持ったジョンマスター氏が、オーガニック製品にこだわったスタイリングをということで始めたのがこのブランド。

可能な限りオーガニックな素材にこだわり、農家や作り手の存在を感じられるような自然栽培の植物を用いたコスメは、これからの時代に求められる地球との共存を感じさせます。

そしてそのコンセプトに共感する人は多く、ジョンマスターオーガニクスは今急成長をしているブランドとなっています。

自然由来のヘアワックス

john masters hair wax

そして今回レビューするヘアワックスです。こちらはバーボンバニラ+タンジェリンという香りで、少し甘みがあるバニラ系の香りをまとった蜜柑のアロマです。

香りはわずかにアルコールのような臭いを伴っていますが非常に自然で、市販のヘアワックスにあるようなシリコン系のにおい、科学的な香料のにおいはありません。

香りの強さは比較的強めで、オーガニックな香りでありながらも付けてから数時間はわりと残っています。少し甘さのある柑橘系で、ウイスキーの樽のような木の香りも少し感じます。多くの人が良いと感じる香りだと思いますが、他の香水などとにおいが混じらないよう注意したいですね。

ワックスは、ちょうど少し寒いときの蜂蜜のような感じです。

john masters wax2

 

このワックスはジョンマスターオーガニクスの中では最も硬いものだと説明を受けました。一回に使う量は人差し指でひとすくいほど。何回使えるか厳密には不明ですが、20回くらいで終わるかなあという感じです。

値段は3000円弱とかなり高く、内容量が少ないことを考えるとかなり高級ですね。オーガニックで植物由来の素材を使っていることを考えれば不当ではないかもしれませんが、最近の人気ぶりから少し付加価値がついているのも事実でしょう。

実際に使ってみると、硬いとはいえキープ力はあまりない方だと分かりますね。

一瞬はわりと立体的なセットも支えてくれますが、やはり少しすると戻って来てしまいます。グリースのような市販のワックスに比べるのは酷なところですね。

派手な動きを作るよりは、少しニュアンス付けをしたり、束感を作ったり、あるいは髪のふくらみを押さえるような感じで使って上げるのが良いと思います。

このタイプのワックスは結構マットな質感で、艶感は少なめです。別の種類のワックスには光沢感のあるものもありましたが、そちらは少し柔らかめでよりオイル的なニュアンスが強いとのこと。

総評

流石にキープ力やセット力では市販のワックスに敵わないこちらのワックスですが、付けているときの自然さや香りの良さは格別です。頭皮がかゆくなったりすることもないし、シャンプーですぐに落ちてくれるので、非常に気持ちが良い。

まあ、大事な大事な髪の毛を託すには、個人的にはこういったオーガニックなものを使いたいと思います。もちろん少し値段は高いですが、おすすめです。

もう一つおすすめなヘアワックスにPRODUCTというものがありますので、比較記事もいずれ書こうと思います。お楽しみに!