女子高校生ファッションの基本

今回は高校生ファッションの基本を紹介したいと思います。
高校に入り今までお洒落に興味なかった人も皆可愛い服を買ったリ、メイクを初めたりしますね。

「学校では教えてくれないし、友達に聞くのは恥ずかしいし、どこで覚えればいいの!」って悩む人も多いと思うので基本から説明したいと思います。

rindate

女子高校生ファッションの基本

基本は「なりたい自分」を決めることです。
ボーイッシュなのか、ガーリーなのか、お姉さんぽい感じなのか、ギャルなのか、清楚なのか。

これが決まっていないと買う服もチグハグになってしまいます。
「なりたい自分」が決まれば、それをテーマにしている雑誌を1冊買って、どんな組み合わせ(コーデ)が似合うのか少し勉強するのが一番オススメの方法です。

もし決まらない場合は、友達で誰が可愛くてモテてるのか考えてみましょう。
その友達の私服がどんな感じかチェックすると良いです。

雑誌選び

ファッション雑貨はコンビニや書店など何処でも売っています。
また、費用を最小限に抑えたければ友達が持っている先月号を貰ったり、ブックオフなどを利用しても良いです。

magazine

 

【2014年】レディースファッション入門&基本

こちらの記事でも紹介しましたが、中学生であれば「ニコラ」、「ピチレモン」など
高校生であれば「セブンティーン」、「ポップティーン」など。

17歳・18歳位であれば、大学生~20代向けの「ノンノ」や「キャンキャン」、「JJ」などでも大丈夫です。
可愛い感じや、大人っぽい感じ、ストリート系な雰囲気など、雑誌をパラパラ立ち読みすれば、どれがなりたい自分に向いているか分かります。

基本はマネする

あまりファッションや着こなしに慣れていないのであれば、ファッション誌のセットをマネするのがオススメです。
特に可愛い!と思ったページのアイテムを覚えて置いて、似たものをお店で探します。

スマホで写真を撮っておいて、店舗で商品を見ながら選ぶ方法もOKです。
似ているアイテムを全身そろえれば、無難な可愛いコーデが簡単にできます。
また流行や定番の着こなしもできるので、何パターンかはマネしてセットを揃えるのもオススメです。

nonno-cap

基本のアイテムを押さえる

あまり種類を持っていないと、色々な服を欲しくなってしまいますが、まずは定番のアイテムを押さえるのが良いです。
例えばストリート系であれば夏は「デニム白パン」、清楚や可愛い系であれば「フレアスカート」と「ニット」など。

「パーカー」や「カーディガン」も使いやすい基本のアイテムです。
白いレース風のワンピースも、ニットカーデを羽織るだけで、スカートに見せてたりと着回しが効きます。
他には「チュールスカート」なども使い回しがとっても便利です。白や薄い色で1つ持っていると良いです。

逆に最初に買ってはいけないのが、”柄物”のアイテムです。
もちろんファッションに慣れている女の子であれば便利なのですが、あまり服を多く持っていないうちは避ける方が懸命です。

特に英語や文字の入ったトップスや、虎柄・レモン柄のアイテムなど着回しが難しいです。
柄がないシンプルなものを集めてゆくのが初めは良いです。

yama_bbq2

組み合わせを気をつける

最初に覚えておいた方が良いのは組み合わせです。
「柄と柄」はNGです。これはお洒落の上級者でもあまりやりません。
全身で柄のあるアイテムはひとつにするのが理想的です。

また「チェックのトップス×ストライプのスカート」などもダメです。ちぐはぐになってしまいます。
上級者になると、セットアップといって上下同じ柄の揃った着こなしをしますが、慣れないうちは上下の柄を揃えるのもやめていた方が良いです。

例えばチェック柄のシャツであれば、スカートは無地のものを選ぶなど、上下どちらかだけに柄を使いましょう。

同じ素材感も避ける

デニムシャツとデニムパンツ。など、無地で同じ素材でも避けた方が良い場合もあります。
特にデニムパンツであれば上はカットソー(Tシャツ)にカーディガンを腰に巻いたり羽織ったりすれば、可愛く着こなせます。

hinacode

流行は慎重に

2014年の夏に流行しているハイウエスト系のアイテムはレトロな雰囲気が出て人気が高いですが、初心者やスタイルがモデル体型でない人には向いていません。
他にも肩をがっつりと見せる「オフショルダー」、「背中見せアイテム」、「チェックのレギンス」など、雑誌で取り上げられており人気ですが初心者は慎重に選んだ方が懸命です。

こういったアイテムは着る人のスタイルが出て、さらにはアイテムの質感が高くないとかっこ良く決まらないので、あまりオススメできません。
他にも住んでいる地域によっては浮いてしまったりするので、雑誌のコーデ=全て正しい、という訳でないので注意が必要です。

鏡の前に経ってみて、片手で雑誌を持ち自分に合うか考えて見るのも大切です。

慣れるまでネットで買わない

メンズもレディースも同じですが、ネットで買うお洒落な人は、商品の画像を見ただけで、それがどんな質感か、形状か想像できます。
なので、ネットショップで服を買っても失敗しにくいのですが、慣れていない初心者の場合は、思っていたものと違う!という事になりやすいです。

ですので、慣れるまでは実店舗で買い揃えるのがオススメです。
どのお店でも試着が出来るのが殆どなので、実際に買う前に必ず着てみる事によってイメージと同じか試せます。

DSC_6074

セールやアウトレットはお得!

年末年始のセール、サマーセールの売り尽くしなど、定価の半額以下で服を買えるのでオススメです。
百貨店やショッピングモールのサイトをちょこちょこチェックしておくのが良いです。
また、去年が何月何日に開催したのか調べることで、今年のセールの時期を予想する方法もあります。

セールに買いに行っても余計なものを買ってしまわないように注意しましょう。
特に安いからと言って沢山買いすぎて、家に帰ったらやっぱり要らない、という事になりがちなので、できるかぎり試着して本当にほしいものだけ買いましょう。

また、アウトレットモールは年中常時30%~50%OFFで商品が並んでいるので魅力的です。
他にもアウトレットのセールというものもあり、例えば愛知から近い「土岐プレミアム・アウトレット」では、90%OFFになるセールもあります。

1万円のワンピースが千円以下で買えたり、学生のお小遣いでも色々買い揃えれる程お得な商品がいっぱいです。
半年前に正規店で並んでいたものなどが安くなるので基本のアイテムを揃えるのにも便利です。

住んでいる県にアウトレットモールがあるか検索してみると良いです。

高校生~10代限定・読者モデル募集!