【実践】イラストレーターでチラシ作りなどを覚える

illustratortest

マックブックを始めとするノートパソコンの普及によって、一気にアドビ イラストレーターを使う人口が増えました。
参考書やガイドブックは書店の棚に並んではいるのですが、どれもイマイチ実践的な内容になっていないです。

筆者も今までに10冊以上を購入して、さまざまな技術(テクニック)や作例を見てきたのですが、多くの参考書は以下の様なページがあります。

・まずはツールでUFOを描いてみよう!
・チェックの模様の作り方
・星の描き方
・ライブペイントツールの使い方

最近こそ印刷のデータ入稿方法を書くような書籍が増えつつありますが、実践ではさっぱり使えない作例や技術ばかりです。

そこで、イラストレーターを使った最も実践的な方法を紹介します。

初心者のうちは、まずは佐野れ

本物のプロが作った素晴らしい作品をコピーするのは重要な事です。
ただ、全く同じ素材を使ってはいけません。

プロの作品とは…。
実は非常に簡単に手に入ります。

・コンビニ並んでいる雑誌
・新聞に挟んであるチラシ
・大手有名ブランドのウェブサイト

実はこんなにも身近な場所にプロの作品が転がっています。

例えば雑誌を開いて、以下のような素敵な作例があったとします。

sanoruu

ここからインスピレーションを受けて、かなり”佐野り”ます。
イラストレーターで5分位で以下のような作品ができました。

どうでしょうか?
「かなり似ている」と言えますが、レベルの高いオリジナルの作品ができます。
写真も文字も違い、色も比率も変えれば、雰囲気が似ていても著作権上問題がありません。

(ちなみに写真は編集部旅行でイタリアに行った時に適当に撮った写真です。)

italyprinty

このように、プロの作品から「インスピレーション」を受けるのは非常に上達が早くなります。
このような素晴らしい作品をたくさん見て、そこから「自分が好きな要素」だけを組み合わせたら…。それは既に自分のオリジナルの作品になります。

例えば料理で表現すると、美味しいハンバーグのレシピと、美味しいデミグラスソースのレシピを見つけてきて、自分の好きなサワークリームとスライスオニオンを添えたら、それは自分の料理になってしまいますね!

ただ、気をつけるべきは他人の写真を「トレース」したり「コピペ」したりは絶対にNGです。
佐野さんは、面倒くさがらずに自分で「フランスパン」や「メガネ」の写真を携帯で撮影して、それをトレースすれば全く問題にはなりませんでしたね。

自分で撮った写真はいくらトレースしても問題は無いので、それだけは気をつけましょう!

ということで、普段から雑誌やチラシなどを意識して、どんな技術が使われているか研究してよりよいものを作れると良いですね!