【ジャケパン】黒テーラードジャケットの着こなし【具体例】

黒のテーラードジャケットは定番だから、一枚あればいろいろ着こなせる……。

と買ってはみたものの、なんとなく納得いくジャケパンスタイルが作れない。

それもそのはず。

実は黒のテーラードジャケットは、「とりあえず着こなす」のは簡単だけど「センス良く着こなす」のがすごく難しいアイテムなのです。

今回はそんな黒いテーラードジャケットをかっこ良くジャケパンで着こなすためのテクニックを、具体例と一緒に紹介します。

モノトーンを操ろう

黒のテーラードジャケットを使って、一番簡単にセンスの良いモテるコーディネートを作るには、モノトーンで着こなすことです。

たとえばこちら。

jaketpant-style67

ちょっと物足りないコーディネートですが、全体を黒と白とグレーに絞っているために、洗練されていてクールで統一感のある印象です。

ちなみに首回りに使っているのはアスコットタイ

アスコットタイの、特に暗い色のものをストールのように巻くことによる効果は絶大。

全体をスッキリと締めるだけでなく、首もとを暗くするので小顔効果もあります。普通のネクタイだとなんとなく間が抜けてしまう人には特におすすめ。

でもやっぱりちょっと地味なので、モノトーンをベースにいじっていきます。

jaketpant-style66

今度は派手目なチェック柄の入った、グレーのパンツに。

これだけですごくお洒落です。

あとはシルバーの時計などがちょっとしたアクセントになり、すごくお洒落に見えます。

今度はシャツをグレーのガンクラブチェックにしてみます。

check-on-check7

ネクタイを変更してみましょう。

ついでにパンツもグレーに。

check-on-check6

余談ですが、丈の長さに注目!!

上のはけっこう短めなんです。

長いとこんな感じ。

jaketpant-style64

フォーマルな印象になります。

ですから同じテーラードジャケットでも、フォーマルっぽいのが良ければ長めの丈を、カジュアル寄りなら短めの丈を選ぶと良いかもしれません。

さらに余談の余談ですがっ!

フォーマルな印象を出したかったら、ボタンを締めると良いですよ。

これはスーツのルールをジャケパンスタイルにも適応することで、フォーマルな雰囲気を出すという魂胆です。

なぜモノトーンが良い??

黒というのは色の中で一番強い色です。

絵の具で絵を描くとき、黒というのは一番最後に塗る色ですよね??

それは強すぎて修正が効かないから。

ファッションのコーディネートにおいても同じです。

鮮やかな色と黒を組み合わせると、お互いが主張しあうためにぶつかり、馴染みきらない。

「悪くはないけど、なんとなく統一感のないコーデ」

になってしまいがちなのです。

そこでモノトーンを使う。

モノトーンを使う=黒を主体にする。

一番目立ちたがっている人を抑えるのは大変なことでしょう笑 一番目立ちたがっている人を中心に物事を進めれば簡単です。

同じように、黒のテーラードジャケットを着こなすには黒を主体にするのが一番。

だから黒に追従するモノトーンを使うのです。

色を組み合わせるなら「一撃必殺」で

でもやっぱり黒のテーラードジャケットにも色を組み合わせたい。

そういうときは一撃必殺でいきましょう。

jaketpant-style61

花柄くらえ!!!!!!!

みたいな感じです。

どうしても黒のテーラードジャケットに色を組み合わせたいなら、その色を決める。

どうしても俺はこの色と黒のテーラードを組み合わせるんだ!と心を決める。

で、バランスを取ります。

黒とその必殺色を邪魔しないように、その他に余分な色がこないようにするわけです。

今回で言えば、TANカラーのパンツがそれです。

この場合にはつまるところ

黒+1色(1柄)

が主人公であるというのを肝に銘じるのが重要なのです。

黒は強烈だということを覚えておきましょ!

結局のところ、黒は強烈です。

黒がベースだと濃紺や茶色をはじめ、あらゆる暗い色が入りづらくなる。あらゆる鮮やかな色が「下品な色」になりやすくなる。だから黒を使うときは、目的を持って使いましょう。

モノトーンでクールさを出したいから黒。

今日は圧倒的な存在感を出して勝負したいから黒。

そういう意識があれば黒をセンス良く着こなせるはずです。

今回は以上でした!

paulsmith-jacket7