【具体例】社員旅行でモテるジャケパン着こなし

社員旅行のときには私服で出かけることになります。

普段スーツ姿でしか会ったことの無い人と私服で会う。

その瞬間に、そのときの服装で「私生活の第一印象」が決まってしまいます。

「普段スーツでは目立たないけど、私服だとかっこいい……♡」

とか。

「あの人の私服普通にダサい。なんにもお洒落じゃない」

とかなってしまうわけです。

「私生活の第一印象」を非常に良くするにはやっぱしジャケパンスタイルでしょ!

とそういうわけで。

カジュアルで周囲にとけ込むジャケパンスタイル

jaketpant-style62

特に春夏のジャケパン着こなしの場合、ジャケット+柄シャツ+ロールアップ(袖をまくる)の組み合わせは最強。

このジャケパンスタイルはオックスフォード地の青いテーラードジャケットにリバティプリント風の花柄シャツを合わせ、明るい色のパンツで揃えた春夏っぽいジャケパン着こなしです。

ちょっと綺麗目な格好をしながらもわざと気崩すことによって、ジェントルな印象とワイルドな印象を併せ持つジャケパンスタイルができます。

この手の着こなしに興味のある人は雑誌Safari必読。

こんな感じの「外した」ジャケパンが頻繁に取り上げられてます。

ちなみに手持ちのテーラードジャケットを確認。

袖の先にボタンがついていて、開くようになっている仕様を本切羽と呼びます。この本切羽になっているものでないと袖をまくれません。

これからテーラードジャケット買って、社員旅行中ワイルドに着こなすぜえええという素晴らしい意気込みの人は、まず袖を確認しましょう。

せっかく買って、旅行当日に袖が開かないことを知って切羽詰まるのは残念すぎます。

周囲とちょっと差を付けるジャケパンスタイル

jaketpant-style38

テーラードジャケット+カジュアルなチェックシャツを使ったジャケパン着こなしは、嫌みなく、気取っていると思われずに着こなせます。

ちょっとキッチリしすぎは恥ずかしい、堅苦しくない方が良い、という人は是非こんな感じのジャケパン着こなしを。

このジャケパンスタイルにはウール素材のジャケット及びスラックス、それにフランネルのシャツを使っています。つまり秋冬向け。

素材を変えていけば春夏のコーディネートも作れるのですが、ただ意外とチェックという柄自体に季節感があって、真夏にチェックは微妙なところ。

年中涼しい気候のスコットランドで生まれたチェック柄というのが、灼熱の気候に高相性でないというのはなんとなく分かるような気がします。

ちなみにこの組み合わせの場合、靴やベルトはベージュもしくはブラウンがおすすめ。

先輩に喧嘩を売るジャケパンスタイル

jaketpant-style7

気に入らない先輩がいて、喧嘩を売りたい人におすすめなのがこのコーディネート。

「いやあ、社員旅行なんでちょっと気合い入れすぎちゃいました笑 てか、あれ?? 先輩の私服って思ったよりお洒落じゃないですね」

このセリフを決めるにはひと財産必要です。

まずはポールスミスに行って、セットアップで10万円ほどでサキソニー(高級ウール)素材のスーツを買いましょう。できるだけトラッドなチェックが良いです。

またラペル(スーツの襟)は太目の方がジャケパンで着こなすにしろ、スーツで着るにしろ迫力が出ます。

そのジャケットに堂々としたワイドカラー(襟)のコットン100%白シャツを合わせ、シルク100%ジャガード織りのネクタイをします。

ネクタイはワインレッドのバラ模様のもの。英国トラディショナルなガンクラブチェックの高級スーツに、幅の細いカジュアルでモダンなネクタイを組み合わせるから面白い。

最後にネクタイの色に合わせ、ワインレッドのスラックスを。

もちろんこれもサキソニーのスーツに合わせ極細コーデュロイ素材のものを選べば季節感も出る。ここまで出来れば完全に喧嘩を売って、しかも打ち負かすことができます。

控えめに主張するジャケパンスタイル

jaketpant-style29

カジュアルジャケット+カジュアルシャツのジャケパン着こなしはちょっと難しい。それはうっかりしているとカジュアルすぎる、緩すぎるジャケパンのコーディネートになってしまうリスクがあるからです。

ではカジュアルジャケット+カジュアルシャツの組み合わせで失敗するリスクを避けるにはどうしたら良いのでしょうか。

一番手っ取り早いのは同系色で合わせ、色にコントラストをつけることです。

今回のジャケパン着こなしであれば明るい青と紺のシャツ。春夏向けコーディネートです。

両方ともカジュアルで緩めの素材感のアイテムですが、色のコントラストがしっかりとしているおかげで非常にスッキリして見えます。

この派手目ストライプのテーラードジャケットがけっこう目立ちますが、それでも統一感があるジャケパンスタイルなので、社員旅行でも「遊び心があってお洒落な人」だと思われるくらい。

 

いかがでしょう。

あとはよそよそしくせず、ジャージを着ているかのように、気取らず自然に行動できればOK。

実のところお洒落で一番重要なのはそこなんです。

お洒落をしてる!と意識させずにお洒落な着こなしをすること。

うーん、良いこと言った。

メモしておこう。