【具体例】青テーラードジャケットの着こなし・組み合わせ

おっ、このジャケットかっこいいかも……。

best-jakets1

と青いテーラードジャケットを買ってみたものの、青いテーラードジャケットという存在が特殊すぎてコーディネートが上手くできない。

そんなあなたに、青のテーラードジャケットを簡単にセンス良く着こなすテクニックを説明します!

最も相性が良いシャツの色はずばり紺!

特にテーラードジャケットの場合、青といっても薄めの色の場合が多いです。

そういうときに最も相性の良いシャツの色はズバリ紺。

深めの紺のシャツやカットソー(Tシャツ)を合わせれば文句なしの着こなしが出来ます。

jacket5

これは紺のカットソーを合わせた例。

パンツとの組み合わせは一例ですが、トップス(上半身)の色のバランスが凄く良いことがわかるはず。

紺はちょっと明るく派手目な青のテーラードジャケットをカッチリと締めてくれます。

jaketpant-style28

紺のシャツの組み合わせ。

カジュアルシャツを組み合わせていますが、こちらもやっぱり色使いにまとまりがあり、それでいてコントラストもあるのでいい感じ。

白シャツはパンツでバランスを取る

白いシャツと明るい青のテーラードジャケットを組み合わせる場合。

そのときに明るいパンツを持ってきてしまうと全体の色にメリハリが無く、やたらと明るくなってしまうのであまりお洒落に決まらないことが多いです。

うっかりしていると年配の方によく見られるジャケパンスタイルになってしまうので、ちょっとおすすめできません。

ですから白シャツと明るい青いテーラードを組み合わせて着こなしたい場合には、パンツの色を濃い色、特に紺や濃いめのベージュなどにするとうまく行きます。

jaketpant-style56

こちらは紺のパンツと。

トップス(上半身)が明るい色合いなので、ボトムス(下半身)に濃いネイビーを。

色合いに統一感がありながらもメリハリがある、若々しくおすすめな着こなしです。

今回はボルドーのアスコットスカーフを首回りに使ってアクセントにしました。白シャツとの着こなしの場合はやや個性に欠けてしまうこともあります。

もし全体が無地ばかりになってしまうようなときにはアクセントにネクタイなどを。

jaketpant-style10

おすすめのパンツの色は??

もしパンツを先に選んで、それからトップスをコーディネートしたいと思うのなら。

青テーラードジャケットにおすすめのパンツの色は濃淡共にベージュそして紺です。

jaketpant-style27

このような淡いベージュのパンツは、トップスが比較的濃い色でコーディネートされているときにおすすめ。

メリハリが出ます。

色合い単体で見ても、青のテーラードジャケットと凄く相性が良いです。

さらにちょっと濃いベージュの場合。

jacket4

こういうベージュのパンツは非常に使い勝手がよく、様々なジャケパンスタイルで活躍します。

一着持っておいて損はないと思います。

jaketpant-style22

紺のパンツはやっぱり好相性。トップスをしっかり明るい色でコーディネートして、濃いネイビーのパンツを合わせればそれだけでOK。

もしアクセントが欲しければポケットチーフなんかも試してみると良いでしょう。

 

いかがでしたか。

使い方、着こなし方を知れば青のテーラードジャケットは強力な味方になってくれるはず。