【メンズ】ジャケット着こなしの基本

ジャケットって着こなしが難しいイメージがある……。

確かに少しきれいめなアイテムなので全体的なバランスが重要にはなりますが、それでも少しルールを知っておくだけで意外と簡単に着こなせるのがジャケットです。

今回はそういうわけで、ジャケットの着こなし方の基本についてを簡単に解説します。

デニムと合わせてカジュアルに

jacket-shirts-style13

テーラードジャケットの着こなしというのは難しい印象がありますが、デニムと合わせてしまえばわりとどんなジャケットでもうまくいくものです。

チノパンの場合は色の相性に気を使いますが、デニムの場合は「そういう色だ」と半ば皆が理解できているので、少し強引なコーディネートでも受け入れてくれるのですね。

そういうわけで今回はグレーのグレンチェックのテーラードジャケットを、ブルーのオーソドックスなデニムと合わせた着こなし。

ジャケットはユナイテッドアローズのディストリクトのウール100%生地使用のもの。大柄なチェック柄とシルエットの良さが相まって、モダンなイメージがありますね。

デニムはDIESEL BLACK GOLD ディーゼルブラックゴールドのもの。ジャケットと合わせるデニムはこのようにあまりダメージ加工などがないものの方が使いやすいですが、その点ディーゼルブラックゴールドは比較的シンプルなデニムが多く着こなしの幅が広いのが特徴です。

このような着こなしの場合はカットソーを合わせても、シャツを合わせても構いません。今回は少しカジュアルなシャツであるバンドカラーシャツを合わせて、堅くなりすぎないリラックス感のあるコーディネートにしています。

合わせるシャツはどんなもの??

jacket-shirts-style4

さて今少しシャツの話をしましたが、実際にジャケットに合わせるシャツはどういったものがお洒落に着こなしやすいのでしょうか。それについても少し書いていきたいと思います。

ずばり言うならば、テーラードジャケットと組み合わせて着こなしやすいのは「質の良いビジネスシャツ」もしくは「ドレス仕立てのカジュアルシャツ」と言えるでしょう。

なぜ普通のスーツに合わせるようなビジネスシャツではなく、質の良いビジネスシャツでなければいけないのでしょうか。これは一般的に売られているビジネスシャツがいろいろと装飾の多いごちゃごちゃとしたデザインになったり、形状記憶のためにポリエステルが入っていたりとあまりお洒落ではないものが多いからですね。

スーツではあまり気にならないそういったディティールが、私服のジャケット着こなしだとちょっとちょっと目立ってしまうものです。

安いビジネスシャツは特に襟の周りの仕上げが雑だったり、生地が良くなかったりと基本的にあまりおすすめではないアイテム。ビジネスシャツとは言え、BEAMS FやUNITED ARROWS メインラインなど一部のセレクトショップのオリジナルとして売られているものであれば、お洒落に着こなせるはずです。

スーツにも使えるアイテムですので、ターンブル&アッサーなどの名門シャツブランドで購入したり、ゼニアやぶりオーニといったブランドで素晴らしい品質のシャツを購入するのもありかもしれません。

また「ドレス仕立てのカジュアルシャツ」というのは、あまり馴染みのないアイテムかもしれませんが、これはイタリアのシャツファクトリーが得意とするスタイル。

ドレスシャツ(ワイシャツ)のような上質な生地を使いながらも、細身のシルエットになっていたり、胸ポケットがなかったりと単体でも使いやすくなっているのがこの種類のシャツの特徴です。

このタイプのものを手に入れるにはユナイテッドアローズやビームスF、シップス、トゥモローランドといったセレクトショップでフィナモレ、ルイジ・ボレリ、バルバ、サルバトーレ・ピッコロ、エッリコ・フォルミコラなどのブランドのシャツをみてみるのがおすすめです。

白パンで爽やかなジャケパン

jacket-shirts-style7

爽やかにジャケットスタイルを着こなしたいのであれば、おすすめは白パンを使ったコーディネート。

特に白パン+暗い色のシャツ+明るい色のジャケットという組み合せは、普段のスーツとはまったく異なった色使いの着こなしなので、良い意味で非日常感があります。

こちらのジャケットはイタリアの名門生地ブランドであるロロピアーナの毛麻絹の生地を使用した、エディフィスのテーラードジャケット。かなり派手な印象のギンガムチェックではありますが、シャツに濃い色を持っていくことによって、浮つかずしっかりと落ち着きのあるカラーコーディネートにすることが可能です。

また、3つボタンの段返りのジャケットはイタリアらしい趣がありますね。

また白パンで作るジャケパンの場合に特に相性が良いのが、写真のようなオレンジ系のベルト。もちろん他の色のベルトでも構いませんが、黒や濃いブラウンよりは明るい色の方が軽やかに決まります。

合わせる白パンはセンタークリース(真ん中の線)が入ったタイプでも、普通の何も線の入っていないタイプでもかまいません。

素材は適度なリラックス感を出すためにも綿のものを選びたいですね。夏であれば綿麻の薄手のものも非常にお洒落です。

 

スラックスで綺麗めに

jacket-shirts-style11

特にパーティーなどに参加するときのジャケット着こなしは、スラックスを使ったややフォーマル寄りの方が好ましいですね。多くの人がスーツで参加するパーティーにジャケパンで着こなして参加するとお洒落な印象があり、好感度が高いといえます。

今回のように黒いジャケットであればダントツで相性が良いのはグレーのスラックスです。他に紺のジャケットであっても同じくグレーが非常に使いやすいので、スラックスを一つ用意するのであればグレーがダントツでおすすめとなります。

またスラックスで着こなす綺麗めのジャケパンの場合では、今回のようにネクタイやチーフをうまく利用することによってよりキッチリとした場面にも対応することができます。

例えば比較的高級なバーに行く程度であればノーネクタイでも構わないことが多いですが、それが高級ホテルのバーであればネクタイを、さらにパーティーであればチーフをというように足していくと良いですね。

 

いかがでしたか??

今回はジャケットの着こなしの基本的なことを解説してみました。

ぜひ参考にして、挑戦してみてください。