イタリア・BAR(バル)の楽しみ方

イタリアにはコンビニや喫茶店が全くないのをご存知ですか?
日本では24時間営業のコンビニや、ドトール、スタバなどの喫茶店が街中にたくさんありますね〜。

実はイタリアではコンビニや喫茶店のかわりとして、BAR(バル)が存在しているのです。
BARと行っても、日本のバーのように「お酒やカクテルを提供する夜のお店」というものではありません、朝は7時頃からオープンする所が多く、朝食を取ることもできるのです。

特にパニーニやサンドイッチ、クロワッサンなどが人気が高く、カプチーノと共に朝食をささっと済ますイタリア人が非常に多いのです。
イタリア人は日本人と違って、朝食をほとんど食べずに昼食に時間をゆっくり掛けるのが一般的です。

そんな不思議な存在であるバル。以外にもその利用方法は知られていませんね。
そこで、今回はバルの楽しみ方をお届けしたいと思います!

DSC_3383

イタリア流バルの楽しみ方

バルには色々な用途があることを知っておくのが大切です。
ほんの一例をあげてみます。

・コーヒーを楽しむ
・お酒やカクテルを楽しむ
・軽く食事をする
・カッフェを1杯頼み、待ち合わせに使う
・ワインを購入する
・コーヒー豆を購入する
・クッキーなどお菓子を購入する
・おやつのジェラートを食べる
・トイレを借りる
・路線バスや地下鉄チケットを買う

などなど、非常に多くの用途で利用されるのです!

また、エノテカ(ワインなどお酒提供)に寄ったバルや、リストランテ(食事)に寄ったバルなど、バルによっても種類が違うのが面白いです。

朝食の代わりに利用してみる

ホテルに朝食が付いていない場合には、街中をフラフラと歩いて好きなバルを探します。
店内が見渡せるのが特徴的で、ちょっと除けば自分の好みかどうか判断できます。
以外にも都会より田舎のバルのほうが観光客に優しい傾向があるので、ちょっと勇気をだして入ってみると良いお店を見つけることができます。

特に通り沿いでオープンな雰囲気のお店でしたら危険性が少ないので安心して利用できますね。
また、ブラックボードなどに、エスプレッソ=1ユーロなど価格が表記されているお店がお勧めです。
もしも表記がない場合は、quanto costa 〜?と、いくらですか?と予め聞いておけば予想外の金額を請求される可能性がありません。

ただ、ローマやミラノなどの観光地でも、エスプレッソがぼったくられる可能性は低いです。
まず2ユーロは行かないので初心者にもお勧めです。

Scusi . Un caffe,per, favore. (スクージ? ウン・カッフェ・ペルファボーレ) 

と言えばエスプレッソが1杯注文できます。
カッフェといのはコーヒーを意味しますが、日本のようなドリップコーヒーではなく、30ml程度のごく少量の濃い口のコーヒーです。
イタリアでコーヒーといえば、この「エスプレッソ」もしくは「アメリカーノ」しかありません。
アメリカーノは、エスプレッソをお湯で割ったものです。

イタリアの伊達男は、必ずエスプレッソを飲むといえますね!

これで、バルの渋いオヤジがエスプレッソをカウンターに出してくれます。
ところで説明が遅れましたが、バルには「カウンター」と「テーブル」の2種類の席があります。
テーブルの場合は料金がカウンターの2倍〜3倍になる事が多いです。ですので、長居するのでなければカウンターがお勧めです。

イタリア人もカウンターで飲み物を楽しむ人が多いですね。
外にテラスがある場合は、テラスはカウンターと同等の安い料金であったりと、意外にも複雑な計算になるのがバルです。
それが敷居が高いイメージにもつながるのかもしれません。

とりあえずは、カウンターで飲めばOKです!

DSC_3127

(写真は駅構内のバル)

カッフェが出される時に、Prego(プレーゴ)=どうぞ! と言われる事が多いですが、すかさず Grazie(グラッツィエ)=ありがとう!と返しましょう。
どうぞ、とありがとう!はいつも対になっているので、反射的に言えるように、旅行前に口に出して練習するのが良いですね。

イタリア人はカプチーノは朝しか飲みません。
どうやら牛乳を消火できにくい体質と言われているからだそうです。

実際に旅行している時も、2週間滞在して連日バルを利用しましたが、午後にカプチーノなどの牛乳入りを頼む人は数人しか居ませんでした。
9割以上はカッフェ(エスプレッソ)を飲んでいます。

ですが、朝食は別で、写真のような甘くて美味しいクロワッサンにカプチーノを合わせるのがイタリア流。
エスプレッソもカプチーノも、砂糖を一袋入れてぐるぐるとスプーンでかき混ぜるのが流儀です。
どのバルに行っても必ずスプーンが付いてくるので、ほとんどのイタリア人が砂糖を入れているようです。
その証拠に、バルには砂糖の小袋が山盛りになって用意されています。

クロワッサンなどのパンの種類が上手く言えない場合は、Quest Per , favore.(クエスト・ペルファボーレ)と言えば大体通じます。
これくださーい!に相当するので、指を指しながら言ってみましょう!

これで、立派なイタリアーノになれますよ〜。

イタリアにはバルのチェーン店というのが少なく、お店によってコーヒーの味が異なるので色々なバルのエスプレッソを飲み比べるのも楽しいですよ。
また、駅構内のお店も予想以上に美味しかったりします。イタリア人は食通ですね〜。

余談ですが、テーブル席にテーブルクロスが敷かれているお店これはバルでなく、「リストランテ」である可能性が高いです。
リストランテは全くバルと異なるお店なので、コーヒー飲みに間違って入らないように注意して下さいね!

DSC_3121

というわけで、バル楽しんでみて下さい!