【入門講座】iPhoneで綺麗な写真を撮る方法

DSC_0138

アイフォンのカメラはとても綺麗に映りますよね!
少しテクニックを覚えておくだけで、より良い写真を撮る事ができます。
今回は、編集長はっしーがアイフォンのカメラテクニックを紹介します。

基本のアイフォンカメラ撮影

カメラアプリを起動して、シャッターボタンを押す。
これだけで誰でも簡単に撮影ができるのですが、写真がぶれてしまう人がいます。
「持ち方」を変えるだけで、ブレを軽減できます。

持ち方の基本

DSC_1944

よくある撮影の仕方。
片手で持って、親指でシャッターボタンを押す方法。
明るい屋外ならブレませんが室内など暗い場所ではブレやすいです。

DSC_1946

両手でホールドして、シャッターボタンを押す方法。
これだけで格段とブレにくくなります。
また、肘をテーブルについて固定すると暗くてもキレイな写真を撮れます。

DSC_1948

横向きで撮影。
「縦向き」と「横向き」を両方撮っておくと、後から映りの良い好きな方を選ぶ事ができます。
横向きの撮影でも両手でホールドすると良いです。
「音量ボタン」がシャッターボタンの代わりにできるのはご存知の方も多いと思います。

ピントの合わせ方

ピントが上手く合わずにボケてしまうケースがあります。
特に人物を撮る時など、奥の背景はくっきりだけど、手前がぼんやりしている事がありますね。

こういった場合は、ピントを合わせたい部分を指でタップしてからシャッターボタンを押します。

DSC_1949

この場合はティーカップにピントを合わせています。
ティーポットならティーポットをタップ、背面のドアを撮りたいのであればドアをタップしましょう。

これの応用で、明るい屋外から少し暗い場所を撮るときに写真が暗くなってしまいますが、暗い場所をタップする事で”露光”といって明るさを自動調整してくれます。

構図選び

写真を撮る時に、少し角度など工夫する事で良い写真が撮れます。

IMG_6606

例えば紅茶のシーンを撮る時。
このような雑多な状況で撮ると、どこに目を向ければよいか分かりません。

IMG_6608

ぐっと寄って、対象の見せたいものだけのカットにすると魅力的に伝えられます。

IMG_6609

同時に少し撮影する角度を変えるだけで、写真の印象がぜんぜん変わります。
色々な角度で撮っておき、後で選ぶのも技術のひとつです。

IMG_6612

上から撮ると余計な物が入らないので、雑誌のような構図になります。

【応用編】光の角度を計算する

IMG_6615 IMG_6618

同じ場所でとっても、逆光か順光かで雰囲気がガラッと代わります。

上の写真が逆光(光と対面する)で、下の写真が順光(光を背にする)です。

ブレ予防とベストショットのための連射

IMG_6628

最近のアイフォンには連射機能がついていますが、連射する事でブレやすい状況でも良い写真を撮れたり、人や動物を撮るときに良い表情のものを後から選ぶことができます。
こういった方法も積極的に使ってみて下さい。

というわけで、入門編のiPhoneで綺麗な写真を撮る方法でした!