アイフォンが言うこと聞かなくてぶっ壊したくなった時にすること

DSC_0981

 

iPhoneが言うこと聞かなくて、このやろーー!ってぶっ壊したくなる時ありますよね?!

そんな時、壁に投げつけたり、道にぶつける前に試してみると良いことを紹介してみます。

1.iPhoneを再起動する。

ごくごく一般的な対処法ですが、効果は高いです!!!

アプリが落ちまくったり、動作が遅くてストレスがたまったときに、まず初めに試した方が良いです。

方法としては、電源ボタン(本体の右上)を長押しすると、電源を消しますか?と聞かれるので、スライドして消します。

その後に、再び電源ボタンを長押しすることによって、アイフォンが起動します。これで、もっさりが改善されたはず!

2.メモリをクリアにする

有名な方法ですが、メモリをクリアにすると、もっさりが改善されるかも!
方法ですが、ホームボタンを長押し。
IMG_2577

こんな風に、下にアイコンが表示されます。
そこで、アイコンをどれでも一つ長押しします。

 

IMG_2579

 

すると、グラグラして、マイナスが出るので、そのままマイナスボタンを押せばクリア完了!
これで消しても、アプリが消えてしまう訳では無いのでご安心を。

この作業は見えないけれど、動作しているアプリを「終了させる」という意味合いを持ちます。

3.サファリの履歴とキャッシュを消す

IMG_2581

設定の項目から、サファリを選択して、履歴を消去と、Cookieとデータを消去を選択します。

これで少し軽くなることがあります。

ただし、フェイスブックやヤフーなど普段使っているサービスをログインしなおす必要がありますのでご注意を。

4.iTunesを使ってiPhoneを再構築。

iTunesを使って、iPhoneを再構築すると劇的に環境が良くなる場合があります。
これは、一旦iPhoneの中身を全てパソコンに移動して、その後iPhoneに戻す方法です。
余計なデータや不要なデータが消えるので、快適になる事が多いです。

itunesにiPhoneを繋げて、バックアップ→このコンピュータを選択→今すぐバックアップをします。
これによって、iPhoneの中身を全てパソコンにバックアップします。

そして、バックアップが完了したら、次に「iphoneを復元」を押して復元すれば完了です。

4.iPhoneを徹底的にリカバリー!

上の項目を試しても、あまり改善されない、だとか、効果がない!という場合はiPhoneの徹底リカバリを試して下さい。
方法は、上記のようにiPhoneをしっかりパソコンにバックアップします。

これがうまくできていないと、iPhoneのデーターが全て吹っ飛びますので、超注意が必要です。
最悪、初期状態になってしまいます。

ですので、パソコンにしっかりバックアップしておきましょう。
他にも写真など大切なデータをパソコンに移動しておくと良いです。

バックアップが完了したら、次にiPhoneのデータをクリアする所に入ります。
iPhoneの設定画面から、一般、リセットを選びます。

IMG_2583

 

ここから、すべてのコンテンツと設定を消去を選びます。
これによってiPhoneの中身を完全に空っぽにして初期化することができます。

この方法は、友達にiPhoneを譲渡したり、お店で中古として売ってしまうときにも、有効な初期化する方法です。
iPhoneにしたがってパスワードを入力して、完全にクリアします。

次に、iPhoneの初期設定をします。これはスキップしたり適当でOKです。
そしたら再びitunesに繋いで、バックアップを完了させます。

「新しいアイフォンにしますか?それとも、昔のバックアップを復元しますか?」と聞かれるので、
間違えずに、昔のバックアップを復元します!!!!と答えましょう。

もし、つい、ふと、過去の自分に嫌気がさして、全てのメールと写真と、電話帳とアプリケーションなど全ての過去を消し去りたい衝動に駆られてしまったのであれば、新しアイフォンにします。と答えましょう。そこで新しい自分の名前を入力すれば、まっさらな新しい自分が手に入ります。

そこには破壊衝動から開放された、素晴らしい世界が待っているでしょう。

ですが、一般的には未練があるわけであり、過去のバックアップを復元するのが現実的です。
これを押せば、サクサクでストレスフリーなiPhoneに生まれ変わるって訳です。

是非お試しあれ!ですが、全て自己責任でどうぞ!