iPhone6 Plusの音質

DSC_1093

iPhone6 Plusは本当に高音質??

最近、B&Wを買って調子に乗ってる編集長です。
オーディオルームを作ろうと余っている部屋にスピーカーを突っ込んだのですが、リビングで作業しながら音楽を聞く事が圧倒的に多いので、結局上記のようにリビングに戻して聞いています。

外の景色を眺めながら、昼間は紅茶、夜はウイスキーやシャンパンを空けながら聞く音楽ってのも中々良いですよ!
オーディオマニアからは怒られてしまいそうですが、ライフスタイルの一つのアイテムでしかないので、自分が良ければ良いのです。

気になるiPhoneの音質。実は5年以上も取り組んでレビューしています。

iphone5Sの音質
iPhoneの音質が抜群に良くなるイコライザーアプリの使い方
おすすめの高級イヤホンと基本知識【高音質】
Apple iphone4 & touch レビュー
iphone5、iphone4、ipadなどアップル製品の比較試聴

こんな感じの過去の記事もあり、林檎信仰歴は長いのです。

iPhone6 Plus レビュー
先ほど執筆したiPhone6 Pluesのレビューでも書いてあるように、6Plusの音質向上は素晴らしい物があります。
どのように良いのか紹介したいと思います。

DSC_1744

DACの変更と電源の大容量化

iPhone6Plusは恐ろしく音質が良いです!
以前寄稿してもらった「ポータブルオーディオ入門&おすすめ機種比較」に出てくる、Astell&Kern AK120など10万円オーバーの機種と比較すると、残念な音質になってしまいますが、1万円〜3万円程度の再生機種ではiPhone6Plusの方が優れている場合も多いです。

以前のiPhoneは新しくなる程に音質が良くなっています。
3G→3GSを愛用していた当時のマカーからすると、iPhone4は革新的な程に高音質で、大阪のeイヤホンの店員さんが鼻息を荒くして、「今度のアイフォンは凄いんです!!」と言っていました。

ところが、iPhone5が発売されると、その音の分解能力の高さやクリーンなサウンドが多くのオーディオマニアを震えさせました。
今までiPodは音質が悪い、とオーディオマニアから言われていて、必ずというほどソニーのネットワークウォークマンを勧められていましたが、iPhone5が発売されてからウォークマン神話は崩れました。
その後、SONYはNW-Xシリーズ、NW-Z1000など音質特化モデルをリリース、そこからハイレゾを押したラインナップに移ってゆきます。

NW-Z1050_TOP

iPhone6 Plusは自らを「高音質だ!ハイレゾだ!」と謳っていませんが、(強くなって戻ってきた)ウォークマンと対等に勝負できる程に高音質で仕掛けてきたのです。

その中の一つにDACの変更と電源の大容量化があります。
Plusはサイズが大きいので、バッテリーも大きくでき安定した駆動が可能になりました。
音質の特性もiPhone5と比べて大きく変化をさせています。
高音域の10khz〜20khzの辺りの表現がiPhone5と比べて圧倒的に澄んだ音になっています。ドラムのハイハットのキレや、エレキギターの歪ませた時の倍音など、透き通った透明感があります。
この部分が綺麗に表現されると、アンプラグドな楽器はリアリティが増します。
アコースティックギターやピアノ、管弦楽器、金管楽器など、演奏がより実物に近い音になります。
iPhone5と6Plusを全く同じ音量、同じヘッドホンを使うとその違いに驚かされます。

数年前にべた褒めしたソニーのNW-Z1000よりも、iPhone6 Plusの方が音が良いのです!
DACは新しいほど良くなると言われていますが、確かに新しいほど有利です。
特にiPhoneは世界一量産されるモデルですので、小ロットだと高額になる良い品質のパーツもコストダウンで搭載できます。
そういった意味でも、小ロット生産の”オーディオ専用プレーヤー”が分が悪いのです。

高音域が綺麗だと言いましたが、バスドラムのような低音域の表現力も向上しました。
キレが良いのです。床に響くようなバスドラムが、小さなiphone6Plusで表現できるのです。数年前に人気を誇ったDACのFOSTEX HP-A7の出力よりも豊かな低音を表現しています。

HP-A7andHD650mini

ここまで音質が向上していると、据え置きのHP-A4、ポータブルのSONY PHA-1Aでは役不足になるかもしれません。
iPhone6Plusを低予算のDAC+ヘッドホンアンプで小細工するくらいなら、Astell&KernのK380辺りまですっ飛ばしてグレードアップしないと満足できないです。

iPhone6Plusは曇った感じがなく、美しく透明感の高い高音域でありながらシビランスでリスナーを困らせる事もありません。
モニターサウンド寄りのイヤホン&ヘッドフォンであれば、ドンシャリでない本当に綺麗な音で音楽を楽しむ事ができます。

ハイレゾサウンドやFlacでなくとも、Apple Losslessで取り込めば99%の人が満足できる十分な高音質で楽しめるはずです!
是非とも新型のアイフォン、一度試してみて下さいね。

DSC_1699