【写真】夜にライトで絵を書く方法【ピカピカ】

pikapika

 

ピカピカって何さー?

夜の空中に絵が浮いているものを見たことはありますか?
なんと、デジカメがあればこんな凄い写真がアナログで作る事ができます。

上の写真は、「ピカピカ」でグーグル検索すると出てくるものですが、いろんな絵や文字が書かれていますね~。

編集部でもやってみました!今回はその方法と楽しみ方を紹介します。

ピカピカってどんな写真

pikapika2

 

すばり、こんな写真です!
夜にライトを使って空中に絵を書きます。

普通に描いても面白いですが、車のような反射するものがあれば、それに光が載るので
より立体感が出たり、SF感が出て面白いです。

もちろん、この写真もナンバープレートだけ後から加工したもので、他は全てオリジナルのままです。

DSC_0301

 

原理としては、花火を写真に撮ると、このように”軌跡”が残りますよね?
夜間はカメラのシャッタースピードが遅くできるので、この原理を利用して数秒の内に絵を書くのです。

もちろん花火を使ってピカピカを書くこともできます!

DSC_0306

 

ピカピカの撮り方(作り方)

必要なもの

  • デジタルカメラ(シャッター時間を変更できるもの)
  • ペンライト(花火・携帯電話でも可能)

あるといい物は、三脚です。三脚が無くても、どこかカメラが動かない場所におければそれでもOK。
ペンライトはカラフルに光るものだと、より楽しめます!
デジカメが必須で、残念ながらアイフォンや携帯カメラではシャッタースピードを変えれないので難しいです。
(シャッタースピードを変更するアプリもあるので、もしかしたらできるかも?)

DSC_0043

デジカメには、夜景モードや長時間露光というモードが付いている機種があるので、それを選べばピカピカにチャレンジできます。
また、もし友達に一眼レフカメラやミラーレス一眼を持ってる人が居れば、そういった大きなカメラなら100%ピカピカができます!

具体的には、シャッタースピードを2秒~10秒程度に設定します。
つまり、その指定した秒数だけシャッターが開いてカメラに光が入ります。

取扱説明書を読むと、シャッタースピードの変更方法が書いてあるので、それに従って設定して後はタイマーモードで撮りたい場所に固定。
そしてシャッターが開いてる間に絵を書きます。

pikapika4
pikapika3

 

上の写真は両方とも全く同じ時間に撮った写真です。

本来であれば夜間に強い光は存在しないので、全体的に明るくなって周りが昼のように映りますが、画像の一部だけに強い光(ライト)が入って、それが動くことにより軌跡が残ります。

なので、10秒設定すれば、その間に光の軌跡を書いて遊ぶ事ができます。
これがピカピカのコツであり、唯一の方法なのです!

IMG_3861

 

この方法を応用すれば、車のライトでこんな写真を撮ることもできます!

ピカピカ、楽しいので是非ともチャレンジしてみて下さいねー。