【メンズ】センスのあるベストの選び方、着こなし方【具体例】

「オヤジっぽい」かもしくは「木こりファッション」としてちょっとセンスのないファッションとして扱われてしまいがちな、ベスト。

でもオーソドックスなジャケパンスタイルで着こなせば、誰よりもお洒落さと大人っぽさを演出できるのがベストです。

jaketpant-style2

今回はそんなベストをどのように選ぶべきか、4つの選び方を例に出して紹介します。

コストと使いやすさで選ぶ

正直、ベストという言わば「あってもなくても良い」服に何万円も出すというのは最初はためらいがち。

そういうときには使い回しができて価格の安いものを一着買ってみるのがおすすめ。

ベストでどれほどファッションのレベルが上がるかを、試してみるつもりでどうぞ。

vest1

こちらはTKのツイード調ベスト。

ウール+ポリエステルでやや手触りが硬めですが、それでもやっぱりその安さが魅力。このレベルのブランドで、こういった素材ならば5000円〜8000円くらいで買えるものが殆どです。

柄も無地のいわゆるソリッドと呼ばれる、無難なもの。

スーツにも人気なオーソドックスな生地(ただしグレードは違います汗)なので、いろんなものに簡単に合わせることができます。着回しが利く、という意味でもコスパが高いのです。

実際に着こなしてみると、こんな感じ。

vest2

無難ですが、使いやすくて良いです。

光沢感と質で選ぶ

光沢感があるフォーマル寄りなベストは、使いどころさえ間違えなければとてもお洒落。

今回のようなツイードジャケットとの組み合わせはやや難しくもありますが、使えないこともありません。

シャツの上にさらっと着るだけでも、あるいはグレー系のジャケットと組み合わせても着こなせます。

お洒落に、きちっと決めたい人には特におすすめです。

vest3

このベストはバーバリーブラックレーベルのもの。

黒にストライプがお洒落な、控えめでありながらも存在感のあるベストです。

普段からカジュアル寄りな服装の多い人にはこういったベストはちょっとお勧めできません。でもジャケパンスタイルが好きな人なら一着持つべき!

黒は色の主張が強いので、黒をコーディネートするときには黒を主体に色を作るのが重要。

jaketpant-style23

こんな感じで使えば上級な着こなしです。ちなみに靴とベルトは黒がいいですね。

重要なのは全体の彩度を下げること。黒を基準にモノトーンで着こなしていけば失敗も少なく、洗練されたクールな印象を作れます。

また、さきほど使用したのは紺のスラックスでしたが、「ダークネイビー+黒」など「濃い色+黒」は互いが主張しあってぶつかりやすいので、着こなしにご注意ください。

そういうわけでグレーのスラックスにしました。

黒にダークブラウンなども同様に避けた方がいいようです。

使いやすい柄で選ぶ

せっかくベストを買うからにはある程度、柄の入った物じゃないともったいない気がする。

たしかにそんな気もします。

そういうわけで柄入りのベストを買いたいなら、おすすめは小さめチェック柄!

vest5

こちらはCOMME CA MENのベスト。

綿とポリエステルの生地ですが、やっぱり1万円ちょっとするベストだけあって、手触りや高級感があります。

このベストの良さはなんといってもチェック柄。

細かめ、小さめのチェック柄は個性的でありながら他と調和しやすく、着こなしやすいのでおすすめです。

ちなみにこのチェック柄はガンクラブチェックと呼ばれる模様。アメリカ東部のガンクラブが1874年にこの柄のユニフォームを作ったことに名前の起源があるようです。

特徴は3色の糸で作られた千鳥格子。覚えておくと便利です。

よく白黒で作られた2色の千鳥格子がありますが、あれはハウンドトゥースチェックと呼ばれます。あちらは犬の牙に見えるという理由だそうです。

このベストの着こなしはこんな感じ。

vest6

見事にとけ込みます。

このような小さめのチェック柄なら、その上に大きめのチェックを重ねてチェックオンチェックを着こなすこともできますね。

品質と個性で選ぶ

さあ何着かベストも揃ってきた。

そろそろとっておきの強烈なベストが欲しい。そう思ったときには品質と個性でベストを判断することになります。

柄、生地、仕立て、シェイプの全てが満足いくものを探しましょう。

vest7

こちらはTOMORROWLANDのベスト。

スコットランドの大手生地メーカーであるLOCHARRON製の生地とキュプラを使用した、非常に質の良いベストです。

その品質の良さがあるからこそできる、派手な模様。

質が悪くて安っぽいのに派手にすると「勘違い感」が出てしまいますが、このくらいしっかりとしたものを使って作れば、見る人に説得力があるわけです。

このベストは襟のカタチも独特。カジュアルなチェック柄にややフォーマルな襟をつけることで、意外性を作っていますね。

色合い的には派手ですが、ツイードなどと合わせて着こなせば問題なし、センス良く個性を演出できます。

vest8

悪くないでしょう??

目立ちたい人にはこのぐらいの柄を着こなしてもらいたいものです。

 

いかがでしたか。

敬遠されがちなベストも、しっかり着こなせば悪くないでしょう??

みなさんもぜひ挑戦してくださいね。