【超実践的】免許取り立てでも運転が上手いと言われる方法

DSC_6451

 

今日は免許取り立てでも運転が上手いと言われる方法を紹介したいと思います。

ハンドルを切らない

運転中にハンドルは切らなければ切らない程良いです。
何故なら、大きくハンドルを切る運転は車がグラグラとするからです。
ハンドルの切れ角を最小限にするラインを使いましょう。

例えば交差点でギリギリで、一気にハンドルを切って曲がるのでなく、予め車体を
曲がりたい方向に緩やかに切っておいて、曲がるときの切れ角を最小にします。
他には、田舎道などカーブの連続のときに、一呼吸置いてハンドルをゆっくりと切るようにします。
道に対して、外側からカーブに入るように意識すると良いです。

ブレーキを踏まない

ブレーキの回数が減るほど車内が快適になります。
特に少し混雑気味の時にパコパコブレーキを踏むのはNGです。
どうすれば良いかと言うと、予め車間距離を保っておき、前の車の挙動に合わせてアクセルを調整します。
ギリギリまで車間を詰めると、急ブレーキの連続になりますが、離れているとブレーキ無しでアクセルの微調整で済むのです。

他にも高速道路や幹線道路でも、車間を離してブレーキの回数を少なくします。
深夜などでもし一人で走っていたとしても、カーブの手前からアクセルワークでゆっくりと速度を下げていくと、カーブでブレーキせずに済むので
ゆったりとした速度変化になります。この速度変化が少なければ少ないほど、乗り心地が良く、燃費の向上にもつながるのです。

後は、下り坂などブレーキが必要になる場面がありますが、エンジンブレーキを利用してフットブレーキを最小限に心がけましょう。
車種にもよりますが、エンジンブレーキの方がフィーリーングが良くて快適性にも繋がります。

あと大切なのは停車時に、ゆっくりとブレーキを戻すようにして、車内がガックンとならないように気をつけましょう。
助手席の人の頭が揺れないような運転が大切です。

信号の停車時に車間を開ける

なぜ、信号の停車時に車間を開けるかというと、加速する隙間を作っておくためです。
青になってから、ごくゆっくりと加速する事ができるので、まるで振動がなく快適に加速する事ができます。
それと先の状況も良く見えるので、ブレーキの回数を減らせます。

親切に入れてあげる

「対向車線のあの一台がどけばスムーズに進めるのに!」って思ったら率先して入れてあげましょう。
例えばこちらの車線が少し空いているとして、「対向車が1台だけ」右折しようとしてるとき。
対向車がどけば、対向車線がスムーズに流れる。というシチュエーションは多いです。
そんなときには、自分の車の車間をかなり開けておいて、パッシングしてスムーズに右折できるように手伝ってあげましょう。

他にも、ちょっと混んでる時に、コンビニからこっちの車線に入りたそうな人がいる!って時には1台分を開けておき、
その入りたそうな人を入れてあげるようにしましょう。
また、駐車場や交差点など、車が通過しそうな気配のある場所は、常に空間を開けておき、対向車線の車が入れるようにしておきましょう。

ただ気をつけたほうが良いのが、無理に入れる必要がないときもあります。
例えば、対向車が何台も右折しようとしている時など、自分が1台通して上げても全然解消しないときです。
そういったときは、自分が通過した方がいい時もあります。
自分が停車してまで入れてあげる必要もありません。
その辺は運転しながら勉強するといいと思います。

 

先の信号を見る

運転中は常に先の先の信号まで見ましょう。
そうすることにより、いつのタイミングで赤信号になるか分かります。
他にも、横断歩道の信号も見ておくことによって、より正確な信号の切り替わるタイミングが分かります。
これによって、あらかじめアクセルでスピードを減速して、スムーズに停車する準備ができます。
急にブレーキする事がないので、快適に運転できます。

停車中は、横の車線の信号を見ることで次の青信号に備えることができます。
これによって、スムーズに発車する事ができます。

降りやすい駐車場に停める

これも運転技術の一つです。
パッセンジャーが快適に降りれるように、できるだけ隣の駐車場が空いている場所に停めましょう。
また雨の日は地下に停めたりと気遣いが大切です。

速度を使い分ける

もし急いでいるとしても狭い道で飛ばしたりする事はやめましょう。
狭い道は丁寧に走り、バイパスや高速道路でスムーズに右車線中心に走るようにしましょう。
特に一般道は急に歩行者や自転車が飛び出していくるリスクがあるので、飛ばすのはやめましょう。
まだバイパスや高速道路はそういったリスクが低いので、周りの車に意識を集中できて比較的安全です。

 

てな感じで「運転上手だね~」って言われるように頑張りましょう!!