バレンタインチョコを貰うには予約抽選が必要

デパート・百貨店に大量のチョコレートが並んでいるのに、
何故かひとつも回って来ることがないか考えた事がありますか?

平成26年2月13日より「菓子等引換券優等男子保護制度」が施行されました。

あまり表向きには公表されていませんが、つまり引換券が必要なのです。

CIMG7683

編集長も長年、チョコレートを貰うことができず関係者より調査を行ったところ
以下の事実が判明致しました!

バレンタインチョコの予約は、前年の12月より始まる。

地域によって多少のばらつきがありますが、大体前年の12月の初旬が仮受付が開始されます。
口頭による予約だけでなく、動向だけでの予約も可能とのことで、かなり曖昧な予約制度と言えます。

特に24日前後に接触のある人物は予約抽選の当選倍率が高い傾向にあるようです。
他にも、お正月に初詣など行った相手の当選確実は8割以上にも登ると調査で分かりました。

また、学生ですと放課後に席に残って雑談した相手や、部活の応援に来た相手など
特に高い確率で受け取れるという調査が出ています。

当選期間は2月10日!
当選者には速達で、引換券が送付させます。

こちらが編集部で極秘に入手した、バレンタイン引換券の現物。

IMG_2454

シリアル番号と、注意事項などが記載されています。

これを2月14日に所定の受け取り場所に持参するとチョコレートと引き換えできるようです。

抽選はランダムで決定されると、公表されていますが
ある情報筋によると、「顔」「性格」「ファッションセンス」「態度」
「年収(または学力)」「包容力」など、多くのパラメータにより決定させるらしいです。

また、「何卒の計らいを・・」という政治的な要素で決定される場合もあるだとか。

引き換え期間を過ぎると無効となってしまうそうですので、注意してくださいね!