【お洒落な人は挑戦すべき】上級ジャケパン着こなし・コーディネート集

結構ジャケットも揃ってきたし、そろそろ新しいジャケパン着こなしに挑戦したい。というお洒落なあなたに、おすすめの上級ジャケパン着こなしを紹介します。

白いパンツ(ホワイトデニム)でジャケパン着こなし

いつものジャケパンスタイルに飽きてきたなら、おすすめは白パン。

真っ白なパンツはコーディネートが難しくあまりに目立つため、センス良く着こなせる人はそんなに多くありません。そういうわけで上級のジャケパン着こなしなのです。

でも実はやり方をしれば白いチノパンや白いジーンズを使ったジャケパンの着こなしは簡単。

ボトムス(下半身)が明るい色になる分、トップス(上半身)に暗い色を入れてバランスを取る!

これだけです。

DSC_7022

このように麻混の派手なストライプの入った明るい青のテーラードジャケットと組み合わせ、シャツをしっかりと濃いネイビーにすれば、バランスよく上級なジャケパン着こなしに。

あるいは下のように

黒のテーラードジャケットと組み合わせればカッチリと決まります。

check-on-check7

この場合は白いデニムでボトムスが明るくなっている分、トップスをグレーと黒で締めてバランスを取っています。

また、全体が白と黒とグレーというモノトーンで決まっているので洗練された印象に。かなり上級なジャケパンスタイルです。

派手なベストでジャケパンを着こなす

上級ジャケパン着こなしと言ってもトップスで遊び心を演出したい人におすすめなのは、アヴァンギャルドなベスト。

例えばプリントやペイズリーなど派手な色や柄のベストや、チェック柄のベストは男の色気を演出してくれます。

今回はさらに珍しいショールカラー(まるっこい襟)を。スコットランド産ウールを用いた、TOMORROWLANDのベストです。

vest7

かなり派手なベストでも、ジャケパンスタイルなら見える面積が小さめなのでセンス良く決まります。

流石にちょっと自信が無い人でも、ツイードジャケットにならばOK。

jaketpant-style3

やや上品で、落ち着きのある上級ジャケパン着こなしができます。

ちなみにベストを着ているときはジャケットの前のボタンは締めません。

トラッドとモダンを融合させる

正直ファッションの表面をかじるような着こなしばっかりで、どんな雑誌もつまらない。

とそんな感じで上級なあなたにおすすめなのが、ポールスミス的アイデアに則った上級ジャケパンスタイル。

すなわちトラッドとモダンの融合を、自らジャケパンで着こなすわけです。

jaketpant-style7

まずは一例。

ジャケットの柄はガンクラブチェック。もともとは英国の狩猟クラブがユニフォームにしていたというチェック柄、英国のトラディショナルな柄であるガンクラブチェックは格式高く、伝統的な趣がありますよね。

さらに肩はしっかりと構築され、ウェストもしっかりと絞られている。ベントもサイドベンツを採用しており、かなりブリティッシュトラッドの面影が見えるジャケットです。

本来ならベージュやブラウンなどのパンツを組み合わせ、ブラウン系のネクタイを締めるところ。

でもそれでは面白くない。

このガンクラブチェックのジャケットをあえて、あざやかなエンジのパンツと組み合わせます。

またそのパンツと同色のネクタイを着用。バラの模様をモチーフにしたシルクタイで、細幅でカジュアルさの際立つ現代的なネクタイです。

強烈な個性のネクタイをジャケパンに落とし込む

普段は着けられないような、派手で主張の激しいネクタイもジャケパンに落とし込めばばっちり着こなせます。

ノーネクタイでカジュアル感を演出!

というようなジャケパンスタイルのコーディネートも多いですが、いいえ、ここは最高にクールなデザインのネクタイを合わせて上級ジャケパン着こなしといきましょう。

こちらはヴィヴィアンのネクタイ。

強烈なイタリアンレッドとヴィヴィアンのブランドロゴが印象的なこのネクタイも、グレーのジャケットに馴染ませればセンスあるじゃケパンスタイルに。

DSC_3869

個性的でありながらも、しっかりと「こなれ感」のある上級ジャケパンです。

重要なのは自信をもつこと

お洒落なファッション、あるいは人と違うファッションをしたときに一番重要なのはずばり、自信を持つことです。

自信なさそうに歩くのはだめ!

自分への目線を気にしすぎるのもだめ!

ひけらかしたような態度もNG!

あたかもそれが自分の「部屋着」であるかのように自然に振る舞いましょう。

そして自分が派手なファッションをしていることを忘れ、外出を楽しむのです。