【具体例】グレーのジャケットの着こなし方

グレーのジャケットを買ったけど、着こなしが分からない!

そんな人のために、グレーのジャケットに合う色やパンツの選び方などを解説していきます。グレーは着こなしやすい色ですが、濃さなどによって少しずつ相性の良い色や印象が変わってくるので、その辺りも踏まえて解説していこうと思います。

チャコールグレーのジャケット着こなし

jacket-pants32

 

黒のジャケットと迷って濃いグレーのジャケットを買った人は、とても良い買い物をしたと言えるでしょう。黒に近いグレーであるチャコールグレーは、どんな色と合わせて使っても相性が良く、さらには黒よりも少し柔らかい印象になるので非常におすすめな色ですね。

またミディアムグレーも同じように着こなすのがおすすめです。

相性の良いシャツの色

DSC_7290

チャコールグレーのジャケットと相性が良いシャツの色は、同じくグレーのストライプやブルー、薄いピンクなど様々。基本的にストライプや薄い色のシャツであれば問題なく組み合わせることができます。

ただし、あまり暗い色のシャツや原色の鮮やかすぎるシャツは向いていませんので注意が必要です。そもそも派手色よりかは、少し薄めの色や彩度が控えめの色と相性が良いのがチャコールグレーの特徴ですね。

相性の良いパンツ

jacket-pants27

このようなチャコールグレーのジャケットと相性が良いのは、まず最初のような写真のようなカーキ、ライトブラウンのチノパンですね。こういった色の組み合わせは少しミリタリーな雰囲気もあってカジュアルでありながらジャケットの綺麗さでバランスがとれるので、普段の着こなしにぴったりです。

また上の写真のようなチャコールグレーのジャケットとデニムの組み合わせも素晴らしいですね。デニムのちょっと褪せたブルーとチャコールグレーが好相性で、自然な着こなしになります。

他には白に近いライトベージュ、薄いコーラルピンクなどもおすすめです。こちらもシャツと同様少し薄めの色で合わせていくのが良いでしょう。

ライトグレーのジャケット着こなし

jacket-pants3

ライトグレーは少し遊び心のある印象があり、ジャケットで用いると、お洒落になれているような洒脱感が演出できるのが特徴。着こなしやすいけど、上級者に見える良い色です。

そんなライトグレーのジャケットは、色合わせで自由が効くのが最大の特徴ですね。

相性の良いシャツの色

barba02

ライトグレーはかなり派手な色や、少しきわどい色彩のアイテムを受け入れてくれる色なので、シャツはどんな色でも合わせることができますね。

例えば上の写真のような派手な黄色も、グレーのジャケットなら意外と落ち着いた雰囲気で合わせることができます。

逆に相性が良くないのは、同じトーンのシャツ。ライトグレーのジャケットに薄いグレーのストライプのシャツなどを組み合わせるとパッとしない印象になりますね。また薄すぎる単色のピンクなんかも、ちょっとぼんやりします。

ライトグレーのジャケットに薄い色のシャツを合わせたければ、おすすめはブルーです。ブルーのストライプなんかは非常にお洒落に着こなせます。

相性の良いパンツ

jacket-pants162

ライトグレーのジャケットは先ほどから書いていますが、派手な色を受け入れてくれる、包容力のある色です。なのでパンツには普段はなかなか使いにくい赤や明るいブルーなどを用いても問題ありません。

もちろんそこまで冒険したくない人はデニムや、ベージュ、紺のパンツなどで着こなせばOK。相性が良くないのは何より、似たトーンのグレーです。濃い色で似た色のジャケットとパンツを組み合わせるとスッキリとした締まりのある印象になりますが、薄い色だと全体がぼやけ、ぼってりとした印象になってしまいがちです。

グレーのチェック柄ジャケット着こなし

jacket-pants85

チェック柄のジャケットを買おうとすると、最も選択肢が広いのはやはりグレー系のチェック柄ですね。例えばグレンチェックや、プリンスオブウェールズなど、グレーを基調としたチェック柄は多いもの。

そういうわけで、そんなグレー系チェックの着こなしも。

相性の良いシャツの色

チェック柄のジャケットを着るときには、シャツは無地のものを用いるのが一番簡単です。特にチェック柄が複雑であればあるほど、柄のシャツは合わせにくくなります。逆に一本線のウィンドウペンなどはストライプのシャツなどとも合わせやすいですね。

そんなわけで今回は無地のシャツを合わせています。ただ、白の無地だとフォーマル感が強すぎること、またグレーが明るめなので全体がちょっとはっきりしない印象なので、明るいブルーの無地シャツを合わせています。

グレー系のチェック柄はこんな感じで、無地の明るいブルーを合わせると上手くいきやすいですね。

相性の良いパンツ

シャツに対して、パンツはそれほど神経を使う必要はありません。普通のグレージャケットと同じように、デニムやベージュ系のチノパンなどがおすすめ。いずれにしても、このあたりは柄というよりもベースの色をもとに考えるのが良いでしょう。

今回はちょっとリッチな雰囲気で白パンを合わせています。白パンは難しいように見えて、意外と合わせやすいですが、デートなどではジャケットと合わせた着こなしは少し堅すぎてしまう場合があるので、注意が必要です。

 

いかがでしたか?

今回はグレーのジャケットの着こなしを紹介してみました。是非参考にして、お洒落な着こなしを目指してくださいね!