ダージリン グームティ Goomtee茶園

グームティー茶園は、1899年にヘンリー・レノックスという英国人が創設しました。
南クルセオンに位置しており、東にはジュンパナとギッターパールがあります。

敷地は225ヘクタールを所有しており、そのうち110ヘクタールで茶樹が栽培されています。
標高は約4000フィートで、3000~6000の間の傾斜で生産されています。
完全に有機農法に移行しており、ISO90001やHACCPなど多くの認証を得ています。
またフェアトレード認証もあり、労働者にたいしても良い茶園です。

茶園の多くは中国種を生産しており、スペシャリティー紅茶も出荷しています。
他の茶園でも増えてきましたが、グームティでは訪問者にバンガローなどのサービスを行い、リゾートのようにしてゆっくりと滞在できるようになっています。


 

Goomtee Classic Muscatel (グムティー茶園)

収穫日 10th April , 2015
グレード FTGFOP1  ロット DJ05

ふんわり優しい香り。
焙煎が強め。渋みは短い。
スペイン系のエキストラヴァージンのオリーブオイルの香り。
夏の快晴の天日干しの布団のにおい。

GoomteeClassic Muscatel1

GoomteeClassic Muscatel2

 


グームティ茶園
グームティ茶園
グームティ茶園

試飲日 平成27年10月1日17:00
Goomtee Classic Muscatel
Packing 10th April ,2015 FTGFOP1  DJ05
2g /140ml / 3min

乾燥茶葉
準チョコレートのスナック菓子のにおい。
あまいドーナッツのようなニュアンスも。
色は明るく、こぶり。サイズは整っている。

抽出後
剥いた桃が20分くらいたった時のにおい。
ナッツと芋を足して割ったようなマスカテルフレーバーがある。
味はグリニッシュ(青臭く)、わずかに塩味を感じる。
余韻はながく、フレッシュタイムを噛んだ時のような清涼感と青っぽさが続く。
温度が下がると煎茶のやぶきたのようなカテキンっぽい渋みを感じる。
発酵は弱く、烏龍茶に寄っている。

茶殻
柔らかく厚みがある。
色は薄いけれど、強烈な香りがある。
抽出を5分以上耐えうるようなリーフ。
筆者評価 A-

香り★★★☆☆ 渋み★★★☆☆ 甘味★☆☆☆☆ 余韻★★★★☆ コク★★★☆☆ ボディ★★☆☆☆


 

試飲日 平成27年10月8日 15:25

VAHDAM Goomtee Late
Darjeeling Summer Black Tea
Date of Picking 16th July, 2014.
Grade FTGFOP1  Invoice  DJ 100
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉
中国種?香りがとても高く、開封した瞬間からにおいが飛び出てくる。
しっくな香りで祁門のようなニュアンスも。
色は炭のようで、少し薄い。形は小さく、揃っている。

抽出後
鼻を遠ざけてかぐと、マスカットのニュアンスがあります。
近づけると芋っぽさ、王道ですが他のにおいは感じ取ることができませんでした。
香りは強くセカンドフラッシュの良さを楽しめますが、ミディアム〜ライトボディです。
重厚感が欲しい人には少し物足りないかもしれません。
あっさりしたショートケーキに合わせると美味しいと思います。
フラワリーやフレッシュ感が乏しいので、イチゴなど爽やかなフルーツと合わせると魅力が引き立つと思います。

グームティーらしい、無難で高品質なセカンドフラッシュです。
100%の中国種だと思うのですが、キャッスルトンなどの名門茶園には一歩譲ります。
渋みはあまり無く、余韻は数秒といった感じです。デイリーにオススメ。

温度が下がると、滑りが出てきて、不思議な香りに変化します。

茶殻
色は濃く、僅かに発酵臭。葉が開ききってないので、4分程度の抽出でも良いと思います。
噛んでみると薄く硬いです。渋みはありません。カビ臭などもないのでよく出来たリーフです。

評価 B+  常飲にオススメ!