高級サングラスの選び方

ちょっと良いサングラスが欲しい!

これまで数千円のサングラスを服屋さんで買っていたけれど、ちょっと本格的なサングラスが欲しくなってしまったあなたのために、今回は高級サングラスの選び方を解説します。

安いサングラスと何が違う??

sunglass

まず知りたいのは、2万円〜の高級なサングラスと安い数千円のサングラスで何がそんなに違うのかということですね。それを少し解説しましょう。

安いサングラスと高級なサングラスではまず機能性が違います。高級なサングラスはグラデーションの入った視野の綺麗なグラスを使用している場合が多く、運転中などに限らずいつもかけていたくなるような美しい見え方をするものが多いです。

またレイバンなどのようにUVを全てカットするものも多く、ないがしろにされやすい目の健康を守ってくれますね。安いサングラスの場合はグラスが歪んでいて視界が悪かったり、グラスの透過率もあまり良くなく、なんとなくぼやけて見えたりします。

次に安いサングラスと高級なサングラスでは耐久性が違うことが多いです。高級でしっかりとしたサングラスはフレームにがたつきがなく、また生じにくい頑丈なパーツを使って精密に作られているため、何年も使っても壊れないことが多いです。

しかし安いサングラスは往々にしてすぐに壊れてしまいます。これはもともとフレームが無理のある作りになっていたり、使われているヒンジの精度が悪かったりするからです。

最後に安いサングラスと高級なサングラスでは外見が異なります。一般に安いサングラスは銀のパーツがギラギラと安いメッキのように光ってしまったり、加工の精度が悪く仕上げが粗いため安っぽく見えてしまったりします。

しかし高級なサングラスはしっかりと仕上げられていて、非常に存在感がありアクセサリーらしいたたずまいをしていることが多いです。

高級サングラスを扱う代表的なブランド

tom ford

次に高級サングラスを扱う代表的なブランドを見ていきましょう。アイウェアを専門とするブランドのサングラスもあれば、名だたるファッションブランドがアクセサリーとして発売しているサングラスもあります。

特に後者はOEM品であることが多いですが、だからと言って質が悪いわけではなく、逆にそのファッションブランドの個性をデザインで出しつつも、アイウェア製造に特化したメーカーが作っているため、バランスの良いアイテムといえるでしょう。

以下がアイウェアを専門あるいはメインとしているブランドです。

Ray-Ban レイバン(比較的安価)

POLICE ポリス(比較的安価)

DITA ディータ

Oliver Peoples オリバーピープルズ

999.9 フォーナインズ

次にサングラスを得意とするファッションブランドです。

TOM FORD トムフォード

PRADA プラダ

FENDI フェンディ

Dior ディオール

GUCCI グッチ

BVLGARI ブルガリ

EMPORIO ARMANI エンポリオアルマーニ

DORCE AND GABBANA ドルチェアンドガッバーナ

MICHAEL KORS マイケルコース(主にレディース)

TIFFANY ティファニー(主にレディース)

ブランドによって特徴や、得意なデザインはありますが、特にサングラスに関しては「そのアイテムが似合うか」というのが非常に重要なポイントです。

ブランドは最初からこだわりすぎず、いろいろ試してみるのが良いでしょう。

高級サングラスは実店舗で買おう

sunglasses7

高級なサングラスを買う時には、ネットで買わずに実店舗のあるショップで買うのが非常に重要です。これには二つの理由があります。

まずは楽天市場やヤフーオークションなどで売られている高級サングラスは、その驚くほど多くが偽物だからです。並行輸入だからといって定価の半額などで売られている商品もありますが、かなり多くが偽物です。

そのため高級サングラスを買うときには実際の店舗に行き、自分の目で確かめて買うのが重要です。

またサングラスというのは似合う似合わないが非常に激しいアイテムです。例えば自分はティアドロップ型が似合うから、と言ってネットで実際に試したものとは別のアイテムを買うと、フレームの幅や湾曲具合、微妙なレンズのサイズの違いなど本当にわずかな理由から「ぜんぜん似合わない」ということがよくあります。

とくにメンズにいたっては、試してその場で気に入ったアイテムでないかぎり、いくら写真で良さそうに見えてもネットで買うのは失敗のもとです。

そういうこともあって実店舗で買うのがおすすめなのです。

しかしとはいえ高級サングラスを定価で買うのはちょっと……という人におすすめなのは、KOMEHYO 米兵などのブランド買い取りショップや、フィットハウスなどのブランド品を定価より安く売るショップをチェックするのが良いでしょう。

前者は中古品がメインですが、新古品なども入荷していることが多く、かなりお買い得な値段になっていることもありますね。後者のタイプにはドンキホーテやブランドオフなどさまざまな店舗があります。置いてあるものは並行輸入ではありますが基本的には本物です。

注意したいのは、こういったお店ではアフターサービスや保障が受けられないこと、また稀に偽物なども売っている場合があるということです。

アフターサービスに関しては仕方がありませんが、偽物でも実際に見てみれば気づくはずですのでそれは避けることができますね。この点でもネット通販よりも実店舗が良いでしょう。

デザイン性か機能性か

sunglasses2

高級サングラスを選ぶときに重要になるのは、デザイン性を取るか機能性を取るか、先にある程度決めておくと言うこと。もちろんグッチのサングラスだから「機能的ではない」というわけではありませんが、機能的なものが得意なブランドと、デザインが得意なブランドがあります。

すなわちRay-Ban レイバンやPolice ポリス を始めとする「サングラスメーカー」の作るサングラスは特別機能的で、比較的安価でありながら他のどんなファッションブランドにも勝る美しい視界とコントラストを見せてくれます。

逆にデザイン性でいえばやはりファッションブランドが良いでしょう。サングラスメーカーが基本的に定番のかたちやシェイプをメインとしているのに対し、ファッションブランドは個性があり、一癖も二癖もあるようなデザインのサングラスを多く発売しています。

どちらを選ぶかは求めるもの次第ですが、後悔をしないためにも先に少し自分の欲しいサングラス像をはっきりさせておくのが重要です。

いかがでしたか??

今回は高級サングラスの選び方や買い方についてを解説してみました。お気に入りの一本のためには何件もアイウェアショップをめぐる覚悟が重要です。

ぜひじっくりと検討し、一番しっくりとくる高級サングラスを見つけてください。