長年付き合える良いジャケットを見分けられる知識

テーラードジャケットには魔力がある。

何着持っていても、ほとんど同じようなものを買ったばかりでも、良い物に出会えば関係なく欲しくなってしまう。

これはイタリア製の革靴と同じであり、女性にとってのワンピースや洋食器とも同じ。

現実には「後で後悔する」「すぐ着なくなる」そういう買い物も残念ながら少なくないですね。本当にそれが「良い物」なのか、お店ではよくわからないのが現実なのです。

今回は「これを知っているだけで良いジャケットを見分けられる」知識を紹介していきましょう。

良いジャケットとは何か

良いジャケットとはこのようなものではないでしょうか。

・5年や10年経っても着続けることができるもの。

・いつもそれとなく着たくなってしまうようなもの。

・脱ぐとすぐに質の良い木製ハンガーに掛けたくなるようなもの。

・着ると愛車で出かけたくなるようなもの。

もちろんこれ以外にもたくさんの基準があるでしょう。しかし基本はこれ。

いつでも魅力を放ち、大切にしたくなり、長持ちするもの。

ではどのようにしたらその「相棒」とも言えるジャケットを、山ほど服の積み重なったショップの中で見つけられるのか。

それを紹介していきましょう。

良いジャケットは裏地が違う

裏地のしっかりとしていないジャケットは、買ってもいずれ後悔することが多い。

なぜ見えない部分であるジャケットの裏地が後悔につながるか。それはもちろん、男として譲れないものがあるからでしょう。

男たる者、美しい女性を伴ってレストランへ行って裏地のダサいジャケットを脱いでハンガーに掛けるくらいならば、一人ファーストフードを食って自分を戒める、と思うのは当然なのだから。

ではどういう裏地が男のプライドを保護するのでしょうか。以下の写真を見てください。

beams tomorrowland ships

遊び心のある裏地は、男をより冒険と深みのある存在にするでしょう。

裏地のステッチにも注目。

決していつも裏地が派手である必要はありません。裏地の模様は常に表地とのバランス、掛け合いです。しかしそれがどんなにシンプルで、素朴な裏地だったとしても、裏地の縫製のクオリティーを見れば、そのジャケットの品質は手に取るように分かります。

キュプラを使った裏地が高品質の証。艶やかで自然な肌触りが特徴です。

製品の表記を確認して、裏地がポリエステルかキュプラかを確認しましょう。

もちろんポリエステルの物も、アクティブな男にはおすすめ。水分に強く縮まない、現場のハードユースにより適した生地です。その際は裏地にふれて手触りを確認しましょう。上品なツヤ感があり、滑らかな手触りであれば合格です。

jacket03

ボタンが個性と質感を作る

高品質のジャケットと素晴らしいボタンは、切っても切り離すことの出来ない関係を持っています。

男は多くの小物にこだわりますが、ボタンはそんな小物と同じくらいの注意をもって選定されなければいけません。ですから本当に良いジャケットには必ず、品質が良くバランスのとれたボタンがついている。

これはジャケットを作ったデザイナーのセンスを測るのにも丁度良い基準です。

jacket-button03

控えめながらバランスが良く、しっかりと縫い付けられたボタン。中級クラスと言えるだろう。

しっかりとしたボタンは、天然素材を模した樹脂製だったとしても光沢の出方が違います。よりしっとりとし、より滑らかな手触りを持つ。しかもその質感は長く使うと味こそ出るが、安っぽいテカりが現れることはありません。

jacket08

テーラードジャケットのボタンは常に大人しく、落ち着いていればいいというわけではありません。

シンプルな配色とトラッドな形を持ったジャケットにモダンな印象を添えるのもボタンの仕事です。以下のジャケットにはシルバーに縁取られた上品且つ個性的なボタンがついています。

ブラックとシルバーがグレーに与えるアクセントは大きい。

jacket09

生地には妥協するな

ジャケットを買うとき「色はいいし、安いけど生地はちょっとなあ」と少しでも感じたなら、それは買わないのが鉄則です。そのような生地への妥協は他ならぬ、後悔の大きな根拠となってしまうでしょう。

それよりも、やや高尚すぎるほどの生地を選ぶのがこれからのためになる。

質の高い生地を使ったジャケットは高品質のパンツを呼び、本革のベルトと靴を呼ぶでしょう。いざ数年経ってあなたが他の全てにこだわりきったとき、そこに一つ生地の良くないジャケットが混じっていたら??

生地には絶対に妥協してはいけません。

まずは繊細な美しさを持つウール100パーセントの生地。

イタリア製の生地を用いたジャケットです。

edifice loro piana01

秋冬用のツイードジャケットも然り。

しっとりと手に馴染み、生地感の落ち着いたものを。均一で細かい織り柄は、ツイードジャケットならではの判断基準です。

jacket13

今回はこれぐらいにしておきましょう。

とりあえずこの3点を知るだけでも、今までよりずっと後悔の少ないジャケット選びをすることが出来るはずですから。

・裏地を確認

・ボタンをチェック

・生地にこだわる

この3点を是非、覚えておいてください。