ダージリン ジッダパハール Giddapahar茶園

 

ギッターパール茶園は1881年に設立された茶園です。
標高は4864フィート、クルセオン町から近い場所にあります。

茶園は「イーグルスクリフ」として知られている小さな家族経営で行われています。
敷地は110ヘクタールという小さな茶園です。
しばし霧で覆われている茶園のため、温度管理などがとても難しいデリケートな茶園です。
ただし、完璧な状況で作られた紅茶は、とても繊細な香りがして花の複雑な芳香が紅茶ファンを陶酔させます。

ダージリンが出来た当初に残った古い茶樹を含む、中国種とクローナル、アッサムが植えられています。
セカンドフラッシュはマスカテルフレーバーが魅力的で世界でも高い評価を得ています。
7月に収穫されて製茶作業が行われます。また緑茶などの生産も行っています。

http://www.giddapahar.in/


 

Giddapahar Muscatel (ギッダパハール茶園)

収穫日 6th June , 2014
グレード SFTGFOP1  ロット DJ42

乾燥茶葉はカカオ
茶殻はスミレ系のフラワリー

ヘーゼルナッツ、クルミ。
余韻はごく短い、キレが良い
温度が下がるとビターチョコレート。古い感じがする。

GiddapaharMuscatel GiddapaharMuscatel2


ジッタパハール茶園

ジッタパハール茶園

ジッタパハール茶園

平成27年10月1日17:10
Giddapahar Muscatel
Packing 6th June , 2014
SFTGFOP1  DJ42
2g/ 140ml / 3min

乾燥茶葉
使い古された表現だけれど、ビターチョコレート。
カカオ成分が80%以上の甘くないチョコーレートの香りがする。
またはチョコーレートのパウンドケーキのような、小麦粉+チョコといったニュアンス。
色はまあ明るい方で、チップは小さく粉砕されている。
撚りぐあいは甘く、半分開いている茶葉もある。

抽出後
イチゴのジャムのような、しっとりと小さな酸味の香り。
僅かにマスカテルフレーバー。
ボディはよわく、腰砕け。コクも一瞬あるけれど逃げてゆく。
渋みの中に雑味が隠れてて、傷んでいるようにも思える。
完成時は非常に美味しかったけれど、保管過程で僅かに湿気て傷んだといった感じ。
出来立てを飲んでみたいと思う完成度は高い。

茶殻
ブーケに入っている花の香り。
わずかに先ほどのチョコーレート。
フラワリーで、香りは優しい。

筆者評価 B

香り★★★☆☆ 渋み★★☆☆☆ 甘味★☆☆☆☆ 余韻★★☆☆☆ コク★★☆☆☆ ボディ★☆☆☆☆

 


 

 

試飲日 平成27年10月3日 22:48
VAHDAM Giddapahar Supreme
Darjeeling Summer Black Tea
Date of Picking 28th May , 2015
Grade SFTGFOP  Invoice  EX44
2g / 140ml / 3min

ジッダパハールよりシュプリームの2nd
ロットナンバーもEXになっています。

乾燥茶葉
なんの変哲もないカカオ系の香り。
ナヴァラサで購入したキャッスルトンの中国種に似ている。

抽出後
恐ろしく王道のマスカテルフレーバー。
僅かに芋っぽくて、これまたキャッスルトンの高級なセカンドフラッシュに似ている。
コクあり、ボディの厚みあり、香りと余韻も優秀!
うーん、とても良いダージリンのセカンドフラッシュだけど、ちょっとつまらないような…。
贅沢言いすぎですが。

こちらの商品なんと100g わずか12ドル!日本円で1500円少々。
国内の紅茶専門店の3分の1で良質な王道のダージリンセカンドフラッシュが買えるので
いっぱい毎日飲みたい人にはオススメ。
さすがにナヴァラサの30g で4000円近い恐ろしい茶葉達よりは質は劣りますが
かなり良質で似たニュアンスを持つことには違いありません。
ハズレ無しで楽しみたいのであればオススメですね〜。

茶殻は噛んでみると渋みも無く、固めな感じ。
2g 140mlの場合は5分位の抽出が良いですね。

評価 A

 


 

試飲日 2015年10月8日 14:17

VAHDAM Giddapahar
Darjeeling Autumn Oolong Tea
Date of picking 27th Oct, 2014
SFTGFOP1
2g / 140ml / 3min

乾燥茶葉

消毒液エタノールのようなツンとする香り。
中国系の青茶とは全く異なる。

抽出後
乾燥の茶葉とは香りが全く異なる。
青臭さやみる芽香は無い、柔らかい香り。

味はかなり良い。ボディの厚みと重厚感がある。
和食の米、中華料理に合う。
飲むとほうじ茶のような焙煎香を感じる。
よく出来た烏龍茶と言える。

茶殻
製茶工場と茶葉の起因からか、僅かにオータムナルの香りがする。
葉を噛むと、ふっくらと柔らかく、色が強い。
少量の茶葉で4〜5分の抽出が向いていると思う。

清涼感は存在せずに、無難に美味しい烏龍茶といえます。
美味しいけれど、決定打に欠けるのでこの評価に。

評価 B+


 

試飲日 平成27年10月16日 21:17

VAHDAM Giddapahar
Darjeeling Summer Green Tea
8th July 2014
70℃/2g/140ml/3min

テイスティング辛い。笑
リフレッシュに緑茶…。グリーンティーだよね?70℃でいいよね。

乾燥茶葉
セカンドフラッシュの乾燥茶葉の香りを弱めた感じ。
とうてい緑茶には思えぬ。

抽出後
うぉっ!!本当に緑茶の味する!!
本山茶の標高が高い水見色とか、そっちのすっきり系。
香りは弱いけど、味は完全に緑茶。日本人も騙せる。

茶殻
緑茶ですね〜。飲みやすいとしか言いようのない。
二煎目もいけるけど、絶対に日本茶の方がうまい。笑
国境を超えるカメリアシネンシスってしゅぎょい。

評価 B+

Giddapahar_green1 Giddapahar_green2