【御殿場】ギャップ GAP アウトレットのセール情報

gap2

GAP ギャップのアウトレット情報

御殿場プレミアム・アウトレットのGAPはウェストゾーンの中でも、夢の大橋を渡って少しした所にある、お洒落な広場になったエリアに面しています。このエリアにはワールド社のアウトレットや、大人気ショップであるコーチのファクトリーアウトレット、フランスの老舗紅茶ブランドのフォションなどがありますね。

GAPの御殿場プレミアム・アウトレットの店舗は広々としていて、イメージとしては、地方都市の幹線道路沿いにある大きな路面店といった感じの広さ。広い店内には、メンズ、レディース、キッズのアイテムがそれぞれエリアとなって並べられており、アウトレットではそれに追加して、クリアランスコーナーが設けられていますね。

御殿場プレミアム・アウトレットのGAPでの割引率は整然としており、定価から30%、40%、50%オフのラックがそれぞれあります。クリアランスコーナーでは定価5000円のものが1400円になっていたりと、かなりお買い得です。

GAP ギャップとは?

gap

ギャップは世界中に3100以上の店舗を持ち、のべ13万人もの従業員を抱える一大ファッションブランドです。ギャップはカリフォルニア州のサンフランシスコに本社を持つ他、日本と他数カ所に支社を持っていますね。

ギャップはその傘下に、有名なアメリカのカジュアルブランドであるバナナリパブリックというブランドも持っています。バナナリパブリックは大人の男女が着て似合うベーシックで、ちょっと品質にこだわったカジュアルのブランドで、スーペリア・ファストファッションとも言える位置づけのブランドですね。

ギャップの創始者はドナルドフィッシャー、ドリス・フィッシャーの夫婦です。夫婦でブランドを始めるケースというのはアパレル業界ではときどきあります。

例えばイギリスのファッションブランドで、可愛らしいプリント柄で人気のローラ・アシュレイは、ローラがデザインをし、夫のバーナードが経営を行うという形態でビジネスを展開していきましたね。

1969年、アメリカではヒッピー運動が全盛期で、映画イージーライダーが公開された年でもあるこの年に設立されたGAP ギャップは、ちょうどこういった時代背景もありこの時代に注目され始めたティーンエイジャーという存在に着目し、その年齢層をターゲットに洋服を作ったことで一気に人気ブランドとなっていきます。

今ではザラ、ベルシュカ、トップマン、トップショップ、アバクロ、アメリカンアパレル、ホリスター、ユニクロなど数あるファストファッションブランドの中でもずば抜けた知名度の、人気ファストファッションブランドとなっていますね。

ちなみにGAPは最近になってロゴのリニューアルを試みていますが、あえなく撃沈。ネットで酷評されたあげく、クラウドソーシングによって新ロゴを募ると、その姿勢がさらに酷評され、GAPは結局古いロゴを継続して使うことを決定しました。

GAP ギャップ 公式サイト

http://www.gap.co.jp/

※このページの御殿場プレミアム・アウトレット情報、ブランド情報は『大人になれる本』が実際に足を運び、独自に研究して掲載しているものです。引用やコピー、内容の書き換え掲載等はお断りしております。