【行ってみた】コップのフチ子展@静岡パルコ【静岡初!】

コップのフチ子が「コップのフチ子展」として、静岡パルコに初上陸。

今回は、その展示の様子をちょっぴりご紹介しようと思います。

コップのフチ子って?

コップのフチ子とは漫画家であるタナカタツキが玩具メーカー奇譚クラブと開発したカプセルトイ(通称ガチャガチャ)で、日常にある様々な「フチ」で遊ぶという、今までにない新鮮な要素を持つフィギュアです。

そのフチでの楽しみ方の例はこんな感じです。↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなコップのフチ子ヒットのキッカケを作ったのはSNS。

現在は日常の過ごし方をネットにアップする人が多いですよね。それと同様で、自分なりの「フチ」にフチ子を乗せる様子をSNSにアップする人が現れ、じわじわと熱が付いたというわけです。

ディズニー、ゴルゴ13、岡本太郎、ふなっしー、ハローキティーから、アニメのけいおんまで、そのコラボ商品も多数。ちょっとシュールな存在感から、人気を集めているようです。

それではそろそろ展示の様子をご紹介したいと思います。

パルコのフチ(入り口)からフチ子

パルコのフチ(入り口)からフチ子が登場しています。

fuchico01

まずは呉服町通り側、パルコの正面入り口にあたる場所にコップのフチ子が。

「いつものフチで待ってます…」っていいですね。笑

 

fuchico02

あ、ここにも、と正面入り口ドア前で発見。

ステッカーのデザインもかわいいですね。ステッカーのフチに上手く座っています。

 

正面入り口から、パルコに侵入すると、

fuchico03

お、なんだこれ。

 

fuchico04

ほおほお。

なんと、フチ子氏と一緒に記念撮影できるコーナーのようです。

コップのフチ子を初めて見た人からしたら、パルコに突然現れた謎のコップと人。「ん…?なにこれ????」となりますよね。これだけのサイズでどーんとあるともの凄くシュール。

しばらくこのコップ周辺を眺めていると、実際に何組かが楽しそうに撮影していました。

土日ともなれば、パルコ自体がかなり混み合うので、この記念撮影コーナーも混雑しそうだなあと思いました。

 

記念に断面図も載せておきます…。笑↓

fuchico05

2階展示スペースにはシャンパンタワーが

今回のコップのフチ子展の見ものとも言えるのが、2階のぼりエスカレーターを降りてすぐに目に入る、特設会場のシャンパンタワーです。

どん。

fuchico06

遠くからみると、シャンパンタワーに何かがうじゃうじゃといるという感じ。

近づいてみましょう。

fuchico07

す、すごい数ですね…。

その数なんと600体だそうです。

このタワーを完成するのに10時間以上かかったそうで、その手間も恐るべし…。

特設会場では、コップのフチ子の原案者タナカタツキによる原画やフチ子の貴重な設定資料のほか、これまで発売された様々なコップのフチ子450体も集結。また、写真に収められてカレンダー化された写真の展示もされています。

fuchico09

こういったスタンプラリーも行っており、パルコ内の各展示付近にある3箇所でスタンプを集めるとオリジナルステッカーがもらえるようです。

試しに押してみましたが、フチにキレイに押すのはなかなかむずかしいですね。笑

少々遅い時間に行ったところ、本日の配布予定枚数は終了しましたの表示が。スタンプ台のインクの様子からも、訪れる人数の多さを伺えますね…。

ステッカーをゲットしたいよ〜って方は行く時間に気をつけましょう。

 

そして、1階エスカレーター横にはフチ子グッズの販売スペースが。

コップのフチ子展限定のグッズやガチャガチャがあるようです。

fuchico11

fuchico10

グッズも多彩な展開です。

まさにコップのフチ子だらけな展示!

フチ子ファンはぜひ足を運んでみてくださいね。

 

静岡パルコの公式イベントページ

【5/22(金)-6/14(日)】コップのフチ子展 静岡初登場!!!

http://shizuoka.parco.jp/page2/event/6966/