フレンチでのワインの頼み方

食事やワインが大好き!という人でなければ、20代・30代の男性は中々フレンチに行く機会が少ないのではないでしょうか。
そこで、急にデートでフレンチに行った時に困ってしまわないようにワインの注文の仕方について書き留めたいと思います。

オレンジジュースでフレンチを食べる?

「クリスマスに20代カップルが来たのですが、二人ともワインを頼まずに最後までソフトドリンクで通したんですよ…。」

星付きのフレンチで働くソムリエから、こんな話を聞いたことがあります。
お客さんが何を頼むのも自由ですが、油っぽい肉料理などはワインありきで考えられていることもあります。
赤ワインに合う料理に、オレンジジュースを合わせてしまっては、せっかく奮発して行った記念日のフレンチが「美味しくなかった」なんて事態にもなりかねません。

もしお酒が苦手なのであれば、「お酒が苦手なので、ガス入りの水を2人分下さい。」といえば炭酸水が出てきます。その方が料理には合うはずです。

コース料理には3種類のワインを頼むことが多い

お店や料理によっても異なりますが、一般的には
「シャンパーニュ(食前酒)」→「白ワイン」→「赤ワイン」
と3種類を頼むことが多いです。

省略して、「白ワイン」→「赤ワイン」の2種類の場合もあります。
逆に5種類「泡」「白ワイン×2」「赤ワイン×2」のグラスワインセットを用意しているお店もあります。

食後に甘いデザートワイン(ソーテルヌなど)を頼むこともあります。
デザートワインはグラスで置いてない事もあるので、紅茶やコーヒーで締める事も多いです。

慣れるまではグラスワインがお勧め

立派なワインリスト(ボトル)を用意している店が多いですが、慣れるまではグラスワインを注文すると良いです。
ボトルを頼むと2人の場合は、3杯ずつ飲まなければならないので、全部の料理を同じワインで通さなければなりません。

ですので、「シャンパーニュ」「赤ワイン」「白ワイン」を全てグラスワイン(1杯売り)で頼むのがお勧めです。

逆に人数が多い場合、4人居る時などは全てボトルで頼んだ方が安くなることもあります。このあたりは、フレンチのソムリエさんがアドバイスしてくれると思うので気軽に聞いてみましょう。

アペリティフ(食前酒)はシャンパーニュがお勧め

最初の料理(アミューズ)が出るまでの食前酒として、ショートカクテルやシャンパーニュを飲みながら歓談する事が多いです。

香りが良く軽快なシャンパーニュは、食前酒として最適で食欲をそそるものです。
お店によって拘ってシャンパーニュを置いているところもあるので、ぜひ楽しんで欲しいです。

あまり飲めない場合や予算を抑えたい場合は、1杯目から白ワインを注文してもOKです。ただ、いきなり赤ワインを注文するのは、あまり一般的ではありません。

「料理に合う方で」という万能なフレーズを使う

アントレやメイン料理が出てくる時には、いよいよ白ワインと赤ワインを選ばなければなりません。

基本的に「グラスで何かありますか?」と聞いて、「◯◯と◯◯がありますが、どちらにされますか?」と聞かれたら「料理に合う方で」と答えればOKです。

気の利いたお店だとテイスティングといって、少量を試させてもらえるので、好きな方を選ぶと良いです。

ワインは香りが変化するのでゆっくりと楽しんで

グラスに注がれてから、ワインの香りは刻々と変化します。
とくに一口目と、一番最後では全く違う香りや味がすることもしばし。
慌てて飲まずに、ゆっくりとワインを飲むのがお勧めです。
食前酒のシャンパーニュを最後まで残しておくのも問題はありません。

(ハーフサイズを2本という方法も!)

贅沢するならボトルワインで通す

少々贅沢したい場合は、赤と白のグラスワインを辞めて1本注文してしまうのも手です。
グラスワインは1000円前後が多いので、2人で白赤頼むと4〜5千円。
それを無しにして、8千円〜1万円のワインを頼むのもありです。

ニュイ・サン・ジョルジュ、ボーヌロマネ、シャンベルタン、ムルソーなどブルゴーニュの軽快で香りの良いピノ・ノワールであれば、通しても楽しめたりします。
食前酒の後の料理を1本で通したい!とソムリエに聞けば、きっとアドバイスをくれるはずです。

ちなみに余ってしまった場合は、家に持って帰ることもできます。(できないお店もあります)
ただし、少々通ぶりたいのであれば、「余り物ですが、味をお試し下さい」とソムリエに1グラス分残すのは粋な人だと思います。
多くのソムリエは自分が出したワインがどんなものか、知りたい(思い出したい)ものですから。

予算は往々にしてオーバーする

「コース料金6千円」と有ったら、「2〜3万円かな?」と思っておく方が無難です。一人3種類(二人で6杯)のグラスワインを飲むと。

コース料金6千円×2人  グラスワイン千円×6杯  炭酸水 千円

これで1万7千円、サービス料が10%だと19,000円です。
スープ付けたり、料理アップグレードすると6千円の料理が3万円くらいに化けるので(外車のオプションのように)カクゴしましょう。

というわけで、フレンチでグラスワインを楽しんでみて下さい〜。

著者 おはし

当アカウントは、はっしーを中心に数名のライターで記事を掲載しています。 Twitter→@ohashi335