Francesco benigno フランチェスコベニーニョの革靴

francesco benigno05 francesco benigno03

フランチェスコベニーニョとは

Francesco benigno フランチェスコ・ベニーニョはイタリアのナポリに1926年に創業した歴史ある革靴メーカーです。

クラシコ・イタリア、イタリアの職人らしい靴作りを続けるハンドメイドを多用したブランドで、イタリアシューズらしい芸術的な風合いと美しい仕上がりが特徴です。

日用品の靴というよりは工芸品に近いのがイタリア革靴の特徴ですが、このフランチェスコ・ベニーニョの革靴は値段が抑えられており、サントーニなどの一流メーカーのような風格を持ちながらも手の届く値段であるのが魅力ですね。

またこのFrancesco benigno フランチェスコ・ベニーニョは同じくイタリアの有名な革靴ブランドであるステファノ・ブランキーニのOEMを手がけていたことがあるのでも有名。

ボローニャに本店を置くステファノ・ブランキーニはイタリアを代表する革靴メーカーのひとつだと言われていますが、そのメーカーが信頼したFrancesco benigno フランチェスコ・ベニーニョは、本格的な革靴にしては安価でありながら信頼できるブランドですね。

フランチェスコベニーニョの評価

Francesco benigno フランチェスコ・ベニーニョの革靴の最も大きな特徴は何より「パティーヌの靴が安く手に入る」ということでしょう。

パティーヌというのは手塗りの染めのことで、色のついていないプレーンな革を使って靴を作り、それを職人がひとつひとつ染めていくというもの。

美しい色むらや個性的で鮮やかな色彩など、風合いの面では非常に良いのですが、それだけに時間と手間がかかります。そのため、高級な革靴でなければあまり見られないディテールになっています。

フランチェスコ・ベニーニョはそのパティーヌをうまく量産に落とし込み、しっかりとした作りでありながらも安くパティーヌを買うことができるブランドとして地位を確立。

革靴ファンの間でもこのコストパフォーマンスの高いパティーヌが非常に評価されています。

靴の作り自体はマッケイ製法で、グッドイヤーウェルト製法ではありませんが、マッケイ製法はサントーニやフェラガモ等いろいろなイタリア製靴に用いられているため、イタリアらしいと言っても良いのかもしれません。

作り自体も5万円周辺の靴とは思えないほどしっかりとしており、細かな縫製から造形そのものまで満足のいくクオリティーです。

この靴の詳細

ブランド Francesco benigno フランチェスコ・ベニーニョ 

種類 革靴

購入日 2014年6月22日

参考価格 47000円

イタリアの革靴をデニムと合わせて

イタリアの革靴は特に美しい色合いを持っているものが多いですが、こういった明るい色でカジュアルさとドレッシーさを併せ持った靴はデニムとの相性が抜群。

ゼニアやディーゼルの高級感のあるキレイめテーパードジーンズと合わせて、ドレス仕立てのシャツと、あるいはジャケットと着こなしたいものですね。

またベージュの革靴はやや色のコーディネートがやや難しい印象がありますが、意外となんでも馴染むもの。ベルトは同色か、用意できなければライトブラウン系やキャメルなどの、似通っておりやや濃いめの色を合わせるのがおすすめです。