【おすすめ】床に直置きで使えるマットレス【フローリング】

フローリングや畳に直置きで使えるマットレスが欲しいけど、直置きで使うのにおすすめのマットレスってあるの?そもそもふつうのマットレスは直置きで使えるの?

今回はそんなことを気になっている人のために、直置きでマットレスを使うときの注意と、直置きで使うのにおすすめのマットレスを紹介します。

マットレスは直置きで使っても良いの?

まず気になる点は、ふつうのベッドマットレスなどをフローリングに直置きで使って良いか、という点ですね。これは実は非常に注意が必要です。

なぜならマットレスをフローリングで使い続けると、フローリングにカビがはえる原因となり、衛生的にも良くないからですね。これは身体から発散された熱がマットレスに伝わり、マットレスと床との温度差で結露が起こることが原因ですね。特に身体からは汗などで大量の湿気が出ているので、より結露が起こりやすい状態になっています。

もちろん毎日使用後に天日干ししたり通気が良いように立てかけたりするのであればカビもはえにくいですが、ベッド用のマットレスは意外とかさばるので、そうできないのが実情です。

しかし直置きで使いたい場合、マットレスを少し考えて選ぶことでカビを防ぐことができます。

直置きで使えるマットレス

上で書いたように、マットレスを直置きで使うときにはカビに注意しなければなりません。そのためには湿気や熱を床に伝えてしまわないマットレスが良いし、できることであれば手入れが簡単で毎日天日干しをできるような便利なマットレスが良いですよね。

まあ、さすがにそんなマットレスはないだろうと思われるかもしれませんが、実は直置きでもカビが発生しにくいマットレス、そして直置きを前提としたマットレスがあります。

それが、グラウディングマットのような三つ折りで芯材入りのマットレスですね。

store grounding

このグラウディングマットは、以下の写真ように三つのパーツから成り立っており、折り畳むことができます。しかも芯材が入っているため、床でテコの原理を使って、ちょうど自転車を起こすような感じで立てかけることができます。

mig

そのため女性一人でも簡単に立てかけることができ、しかも屏風のように自立します。

grounding mat

毎日寝た後にストレスなく、天日干しなどもできますね。ふつうのベッドマットは芯材が入っておらず柔らかいので、二人いないと安全に立てかけることは難しいものが殆どです。

またこのマットレスには硬質の芯材が入っており、現在は発泡ポリプロピレンの芯材を使っているようです。この素材を使った芯材は湿気や熱を伝えないため、床にカビが生える原因さえ作りません。グラウディングマットに関して言えば、芯材が凹凸を持った形状になっているので、よりカビが発生しにくいですね。

布団の代わりに使う直置きのマットレスとしてこれ以上の性能を持ったマットレスはないと思います。

またこのマットレスは高価ですが「体幹部矯正誘導用芯材並びにそれを用いたマットレス」という名称で特許を取得しており、公的機関にも正式採用されている、非常に信頼できる健康マットレスの一つだと思います。

公式オンラインストアで買えば30日間返品保証もついていますので、とりあえず試すこともできますね。

また公式サイトに効果として書いてあるわけではありませんが、腰痛改善や首や肩の痛みが改善したという声も聞きますし、実際のそういうレビューも公式サイトにありますので、悩んでいる人は是非チェックしてみてください。

 

いかがでしたか?

今回は直置きでマットレスを使う際の注意点と、直置きにおすすめのマットレスを紹介しました。