ファッションに季節感を出すための基礎知識【冬編】

冬のファッションって、意外と悩みます。

なんとなくガサガサしてしまうし、着重ねていくうちにどんどんお洒落じゃなくなってしまう。

でも、季節感の合った正しい素材の服を組み合わせればその心配も無用。

ここでは冬の季節感を出すための知識を紹介します。

冬のファッションのキーワードは「トラッド」

やはり冬の問題といえば、重ね着をしなければいけないこと。

柄のついたものやポケットの多くついた服を重ねているうちに、見るも無惨なガサガサごわごわな人になってしまう、という経験は誰にでもあるはず。

そこでオススメになるのが、トラッド。

つまり昔の人が時間をかけて培った重ね着の技術をそのまま利用してしまう。

そうすることで、すっきりと違和感なく厚着ができるのです。

season4

冬のファッションの一例

McGregor ツイードジャケット

ヘリンボーン柄のツイードでシックなクレイジーパターンを作っている、珍しいデザインのジャケット。

スコットランドを起源に持つマクレガーだけあり、ピークドラペルやポケットなど英国的なデザインです。

COMME CA MEN ジレ(ガンクラブチェック)

コムサメンは、コムサの中でも上位ブランド。値段帯はおよそCOMME CA ISMの倍からです。その代わりTAKEO KIKUCHIに並ぶ品質です。このベストは千鳥格子、3色を使った特にガンクラブチェックと呼ばれる模様です。

Beams 牛革ベルト

牛本革を使用した、作りの良いベルトです。ブラウンと明るいベージュの組み合わせがシンプルながらお洒落です。

Urban Research ウールスラックス

センタークリースの入ったウール素材のスラックスで、カシミアのような暖かみのある滑らかな肌触り。

季節感を出しながらもすっきりとした印象のある、都会的なウールです。

①冬らしい色はどれ??

冬らしい色と言えば、茶色とグレー。

また様々な色のチェック柄が一番似合うのも冬です。これはイギリス発祥の柄なので、ウール等のイギリスに縁のある生地と組み合わされるのが理由です。

ボルドーやゴールド、紺などをその茶色・グレーに組み合わせるとお洒落。

②冬らしい素材は??

冬らしい素材と言えばウール、ツイード。

特にツイード製品は最近非常に注目されている、季節感抜群の製品です。

上のコーディネートではいかにもツイードらしいヘリンボーンという柄のジャケットと、ウールのパンツを組み合わせています。

シャツも厚手の綿シャツ、ベストにもややスッキリした綿を。

このジャケット、ベスト、シャツの重ねがトラッド。

さすが先人が考え抜いたというか、時間に淘汰されたコーディネートだけあって、ごわごわしないのに温かく、見ていてもお洒落な組み合わせです。

いつもはちょっとカタくなってしまいがちなトラッドですが、色や柄でうまく遊べば、けっこうお洒落なカジュアルになります。

③冬らしい服は??

やっぱりベスト入りのジャケパンスタイルです。この上にコートを羽織っても、ガサガサしない。

カジュアルものを重ねていくよりは、綺麗目なものを重ねていったほうが厚みも抑えられ、全体にスッキリしたファッションになりやすいものです。

小物や靴、ちょっとした柄でカジュアルさを演出できたら良いですね。