ファッションに季節感を出すための基礎知識【秋編】

ファッションに季節感出してますか??

もちろん厳密に「これはだめ!これはオッケー」と決まっているわけではありませんが、季節によって適した素材や色があります。

そういったものをちょっとだけ知っておくだけで、大きなミスをしなくて済むし、季節感もざっくりと出せます。

そんなわけで、ファッションに季節感を出すための基礎知識【秋編】です。

秋のファッションのキーワードは「冬の予感」

夏が終わり、日によってあるいは時間帯によって急に冷え込んだりする。

そういう秋というのは紅葉もあって、冬がくるのを予感させる季節です。

ファッションも基本的には冬に向けたものを使い、秋らしいものをそこに取り込む。

冬を予感にとどめ、秋らしさを出すために秋色をいれたりします。

season3

秋のファッションの一例

Ciaopanic ジャケット

ブラウンカラーのジャケット。ウールっぽい肌触りが温かく、また季節感が出ていますね。ポケットのシェイプなど細かいところが可愛いです。

COMME CA ISM ロングスリーブ

薄手の起毛素材を使用したロングスリーブ。COMME CAならではのリーズナブルさが売りで、インナーとして活躍します。

Urban Research 牛革ベルト

牛本革を使用した、アーバンリサーチのベルトです。明るいオレンジの色合いが非常に綺麗。素材感の良さと相まって、高級感のある佇まいをしていますね。

Levi’s ジーンズ

年中通して使えるネイビーのジーンズです。リーバイスのジーンズは特にラインが綺麗に出るので、オススメ。

①秋らしい色はどれ??

秋と言えば紅葉。オレンジ、赤、ブラウンなど紅葉に関わりそうな色はどれでも使えます。

この際明らかに冬のような焦げ茶色や、あまりに夏っぽい水色等は避けた方が秋らしさが出ます。

また、ジーンズの紺はこれらの紅葉に関するカラーに組み合わせると綺麗です。

②秋らしい素材は??

秋らしい素材、というのはあまりありません。

強いて言うなら、ニットがアウターに特に多く用いられる印象があります。

基本的に素材は「秋冬向け」という括りにされるので、冬とは色や着こなしで差別をはかる必要があります。

ちなみに秋冬向けの代表的な生地は、ウールやツイード、コーデュロイ、フランネルなどです。

③秋らしい服は??

テーラードジャケットを始め、ウールのコートやジャケットなどを「重ね着」の枚数を減らして着るのがオススメ。

ここではオーソドックスなシャツの代わりに薄手のロングスリーブを入れることで、厚くなりすぎないようにしています。