Facebook バンドページの「いいね!」を増やす方法

Unknown

 

地道に友達にシェアしてもらってもあまり意味は無い!

Facebookでいいね!を増やすためには、音楽活動・バンド紹介を地道にしていてもだめです。

そういった宣伝方法はせいぜい友達の友達止まり。

なぜなら友達はあなたのことを知っていて、役に立ちたいと思ってシェアしてくれますが、その友達にもなれば他人。

もし音楽に興味を持ったとしても、シェアしてくれることは稀でしょう。

 

Facebookでインディーズバンドのページがいくつもシェアされたり、広まっている投稿を見たことがありませんよね。

それよりも広がりやすいのは、「かわいいと思ったらシェア」「当てはまる人はシェア」「笑ったらシェア」とこっちの方の記事ですね。

残念ながら「かわいそうだと思ったらシェア」なんていう軽率なものも流行るくらいです。

 

 

イベントと結びつけてシェアしよう

 

本気で広げようと思ったら、バンドと何かのイベントを結びつけるのが一番です。

人の感情に直接訴えかける、「かわいい」「かっこいい」「笑える」「自分に当てはまる」のうち、バンド活動をしているあなたが最も目指しやすいのは「自分に当てはまる」でしょうか。

例えばバンドをやっている人には「バンド練のとき、○○なのは○○(パート)」のようなコメントと、バンド仲間と撮ったそれっぽい写真をシェアすれば「あるある」と広まる可能性があります。

 

basist

 

 

あるいは有名アーティストのニュースを取り上げ、「今日は○○の日。○○(アーティスト名)が好きな人はシェア」のようなものを配信していけば音楽好きに広まるかもしれません。

これはどういう心理か。人は実際のところ、自分のことについて答えるのが大好きです。昔ブログをやっていた人なら、「この質問を見た人は答える」みたいな内容の物をわざわざコピーして、書いて投稿したことがあるかもしれません。

「あなたの好きな食べ物は? – ○○」のような他愛も無い内容のものです。

ですが人は何かワクワクしながら答えます。

自分のことについて皆に知ってもらえ、気にかけてもらえるという喜びがあるのです。

Facebook上では、自分に当てはまるものをシェアすることによって、自分がどういうことが好きで、どういうことを思っているかを表現できる。それを利用するわけです。

 

 

まとめ

 

他にもネットはいくつもの切り口を持っていて、限りない可能性を秘めています。

何が効果的かは、「どんなものをユーザーが欲しているか」を考えましょう。

自分が広めたいから広めて、という投稿は自分のことを知っている友達しか広めてくれません。

それよりも皆がシェアしたいと思う何かを結びつけるのが、Facebookでいいね!を増やす方法なのです。