アールグレイ5種類飲み比べ!【フォション・トワイニング・ディルマ他】

皆さんこんにちは!だーじ凜です。今回は編集長さんから頂いたアールグレイのサンプルを飲み比べたいと思います。

アールグレイという一つのフレーバード茶の一種ですが、どのメーカーのアールグレイもそれぞれ特色が出ていて面白かったです。

2932

アールグレイといえばダージリンやウバなどと肩に並べる、知らない方は居ないのではないかというぐらい有名なお茶ですよね。

しかし、ダージリンやウバと何が違うかというと、着香されているお茶なんです。ベルガモットという柑橘系の果実の精油や香料を人工的につけたものが一般的です。

実はグレイ伯爵というイギリス人の方が居まして、グレイ伯爵がとある外交官にプレゼントされた中国のラプサンスーチョンというお茶を大変気に入り、それを茶のメーカーに作らせたというのが起源とされています(諸説アリ)

しかし、最初に作らせたメーカー(トワイニング社かジャクソン社かハッキリしていない)が商標登録をしなかったため今となっては、どのメーカーのどんなお茶でもアールグレイの名を名乗ることができるらしいです。(ということは極論を持ち出せばベルガモットの香料を使ってなくても名乗れるということになるのか…。)

また、香りが強いことから、シフォンケーキやスコーン、蜂蜜などに使われている紅茶もアールグレイが多いです。最近では缶飲料やボトル飲料でもアールグレイを使った商品を見かけます。

アールグレイの着香するまえの茶葉(ベース)は中国紅茶が多いです(特にキームン)。

最近ではセイロン系の茶葉をベースにしているものも多く見かけます。

さて、そろそろ本題に入りましょう。

 

トワイニング ロンドン ストランド アールグレイ

こちらはトワイニングの新商品ですね。テトラ型のティーバッグが採用されています。ティーバッグをばらして抽出しました。ティーバッグ系は茶葉の量が少ないので4分ほど蒸らしました。

香料の香りがとても強いです。個人的には強すぎるっ!

ベースは中国紅茶ベースです。ちょっと味自体が薄めで、全体的にスカスカしたボディとなっています。

ミルクティーにしたら完全に負けます。

レモンピールが少しアクセントになっています。

 

ディルマ エクセプショナルシリーズ エレガント・アールグレイ

こちらはセイロンベースのティーバッグアールグレイ。等級はファニングス。

おそらく低地産。少しアッサムに似た豊かな土の香りを感じさせるモルティーさがあります。ラトナピュラとかそのあたりのブレンドだと思います。

これはボディー自体がしっかりしているのでミルクティーにしても負けないと思います。またコクも強めです。

茶葉が少し茶色っぽく、香料と思われる白い結晶が入っているのが外観的な特徴です。

好みが分かれるかもしれませんが、僕としては香りがキツくなくて飲みやすい好印象です。

 

ウィンザーホテル アールグレイ

等級はオレンジペコー。こちらは開封から少し経っているらしいです。だから少し茶葉の香料も弱めです。

と感じていましたが…..香料結構強いかったです。ちょっとフラワリーな香料のアールグレイでクセがあります。

ベースの茶葉自体にも少しキツメのクセがあります。少し渋みが強めです。世間一般的には好きな人も多いのだろうと思わせる風味だが、どうも僕の舌には合わない。

冷めると渋みが舌にまとわりつくような気がしてどうも好きになれなさそうな紅茶でした。

 

ロイヤルコペンハーゲン アールグレイ

こちらも等級はオレンジペコー。香料の香りがとてもフルーティなベルガモット香。

軽めのボディとコクで、クセがなく飲みやすいです。渋みも少なめです。少しだけ喉に残るエグ味が気になります。

茶葉自体は程よい香料の強さだなと思っていたのですが、飲んでみると少し強めだと感じました。

冷めると少し渋みが目立ってきます。

 

フォション アールグレイ

こちらも等級はオレンジペコー。フランスのメーカーっぽい華やかなベルガモット香が特徴的です。

軽めのボディです。少し気の抜けたような気もしますが、フレーバードティーにしてはなかなか上質なベース茶葉だと思います。

スモーキーな茶葉自体のフレーバーも特徴的でおそらくベース茶葉は中国産かと。

水色は力強い深紅で、黒がかっています。少し香料に人口くささもあります。じんわりとした余韻が魅力的です。

 

さて、今回はこの5つをテイスティングしてみました。個人的に、久しくアールグレイを飲んでいなかったのでこれほどの量を一度に飲む機会はとても新鮮に感じました。

同じベルガモットの香料でも、それぞれかなり違いが出ていました。もちろんベースの茶葉でもかなり影響されていますが…。

曖昧な表現が多かったですが、なにかの参考になれば幸いです。以上だーじ凜よりでした!