【別れの原因は部屋 !?】カップルで同棲するときは絶対に「2LDK」以上に住もう

これから同棲生活を始めようと思っているあなた。

ちょっと待って!その部屋に同棲し始めると、お互いに不満がつのって別れの原因になってしまうかもしれません。

このページを読んで、同棲前に部屋のことについてもう一度考えてみましょう。

狭い部屋に同棲するとどうなる?

room

カップルが仲良くなると、なんとなく始まってしまいがちな同棲生活。そういった場合には、どちらかの一人暮らしの部屋に転がり込む形で住み始めることも多いですよね。

ですがそこでちょっと注意が必要です。

一人暮らしではワンルームや1LDKなどに住んでいる方が多いですが、その広さで同棲生活を始めると、部屋の狭さが原因でカップルの関係がギシギシしていまうことがあるからです。

なぜ狭い部屋がいけないか?

これはカップルであるかどうか、という以前に人が二人同じスペースに住むということから考えるべきことですね。

二人が同じスペースに住む場合、必ずしも二人が同じことをしているとは限りません。例えばどちらかがやり残した仕事を持ち帰ってきて家で済ませたいこともあるでしょうし、趣味があれば趣味に集中する時間が欲しいですよね。逆に仕事で疲れて帰ってきた日は、隣でかりかりと仕事をされたくないという気持ちもあります。

そういうときに部屋がワンルームだったり、極端に狭かったりすると、必ず顔を突き合わせて同じ空間にいなければならないので、相手のことがいやになってしまったり、ストレスが溜まってしまったりするのですね。

しかしそんなときに、部屋が2LDKのように各自に部屋があったり、リビングが広くて必ずしも顔をつき合わせなくて良いようになっていたりすると、それぞれが思い思いに時間を過ごすことができ、相手がストレスの原因にならなくて済むのですね。

これはいくら仲の良いカップルでも、ぜひ気をつけたいことです。

なぜならどれだけ相手のことが好きでも、毎日必ず一緒に生活するようになれば、相手の嫌な部分や理解できない部分は出てくるのが普通だからです。そういうときに逃げ場がなければそのまま喧嘩にも発展してしまうかもしれませんが、それぞれのスペースがあれば、お互いのことを理解するために、わずかでも距離を置くことができるのです。

同棲は新しく部屋を借りてスタートしよう interior_design3

本当にお互いのことが好きで、うまく同棲生活を進めていきたいのであれば、新しく2LDK以上の部屋を借りて同棲をスタートできると、一番良いでしょう。

例えばどちらかの家に転がり込んだ場合には、「家賃はどうする?」「生活費の分担は?」など改めて言い出しにくくて、気づかないうちにそれが不満になってしまったりします。ですが新しく生活をスタートすれば、そういったこともあらかじめしっかりと決めることができます。

またスペース配分なども二人で考えたうえで、二人で家を決めればお互いの生活を大事にすることができて、どちらか一方がストレスを溜めて、我慢して生活することがなくなります。

もちろん本当に仲が良くて部屋の広さなんか気にならない!というカップルもいるでしょう。でも、そういったカップルであれば、同棲で注意すべきことを調べる必要もないですから、ここを見ている方は、何かしら考えることがあるなあ、と感じているはず。

そういう心配がある人には特に、新しく部屋を借りてスタートするのがおすすめです。

最初の資金は場所にもよりますが、2LDKくらいになるとやはり50万円近くかかってしまうことも多いでしょう。しかも、別れてしまえばそれも無駄に……なんて思うかもしれません。

ですが、毎日を楽しくお互いのことを尊重しながら生活するための出費ですから、ここは思い切ってしまうのも良いでしょう。それに別れたら……なんて考えている方は、おそらく同棲はまだちょっと早い段階です。

まあ、勢いで決断を下して失敗をすることもありますが!

お金でお互いの生活を尊重できるなら広い部屋を借りてみるのも良いかな。なんて思いませんか?