【御殿場】ディフュジオーネ・テッシレ Diffusione Tessile アウトレットのセール情報

diffusione_tessile

Diffusione Tessile ディフュジオーネ・テッシレのアウトレット情報

御殿場プレミアム・アウトレットに来て、案内板でMax Mara マックスマーラを探して「無い……」と落ち込んではいけません。

マックスマーラを取り扱うマックスマーラジャパンが、ウィークエンドラインやスポーツマックスなど様々なブランドラインをまとめたアウトレット店舗、ディフュジオーネ・テッシレがそれに当たります。

こういったショップは特別珍しいわけではなく、ジャーナルスタンダードやエディフィスがまとまったルドーム社のBCストックや、ワールド社のNEXT DOOR ネクストドアなど、いくつかのブランドを持つ会社が展開するタイプのショップですね。

さて、このディフュジオーネ・テッシレですが、なんとあの最高級既製服のマックスマーラが〜70%オフ。私がチェックしたときにも、シルク100%の使いやすそうなワンピースが3万円代というマックスマーラらしからぬ値段になっていました。

一般的なサイズの店舗ですが、品揃えはかなりよく、マックスマーラが好きな人からすると、わくわくしてしまうようなショップです。

Max Mara マックスマーラとは?

diffusione_tessile2

ラグジュアリーな素材を使い、丁寧な縫製で作り上げる服。メンズファッションの世界ではブリオーニやキートンなど、こういったコンセプトで服を作り上げるブランドが数多く存在します。

しかしことレディースとなると、デザイン性ばかりが優先されてしまって、本当に良い素材を使い、美しいシルエットでスタンダードなデザインに仕立て、何年に渡っても着ていくことのできるようなものを売っているブランドというのはなかなか存在しません。

そんな中、有名ブランドでほとんど唯一そういったコンセプトを持ち、素晴らしい品質の服を作り続けているのがマックスマーラです。

マックスマーラは品質に厳しいメンズファッションの立場から見ても大変美しい仕立てで、使われる素材は上質なウール、シルク、モヘヤ、最高級のコットン、光沢に富んだリネン、アンゴラやアルパカなどの獣毛など非常に素晴らしいものばかり。

レディースのファッションブランドの中で、長く着ていくことが想定されており、実際に何年にも渡ってベーシックとして着続けることができるのは、マックスマーラだけではないでしょうか。

20代女性のここぞというときの一着に、30代からのスタンダードに。マックスマーラを買っておけば間違いなし!と言いますが、確かにその通りですね。

このマックスマーラのブランドの歴史ですが、1951年にアキーレ・マラモッティが北イタリアでレディース向け高級既製服ブランドを創立したのが始まりです。ちょうどこの頃には、あのクロエが初のデザイナーズプレタポルテを展開した頃ですね。

マックスマーラの素晴らしいことろは、アキーレ・マラモッティの祖父母がイタリアの伝統的な技術を持つサルトリア(仕立て屋)であり、母親が縫製の学校を設立するという、仕立ての技術の培われた家系であったことですね。

マックスマーラは他のレディースブランドとは一線を画すメンズ服のような本格的な仕立ての良さが魅力ですが、調べてみてその理由が分かりました。

マックスマーラの服にはまさにサルトリアの仕立てのような概念が生きており、それはまさにサルト(仕立て職人)の技術を基本としたプレタポルテだったのですね。

Max Mara マックスマーラ 公式サイト

http://jp.maxmara.com/

※このページの御殿場プレミアム・アウトレット情報、ブランド情報は『大人になれる本』が実際に足を運び、独自に研究して掲載しているものです。引用やコピー、内容の書き換え掲載等はお断りしております。