デートで食事に行く前に気をつけるべき5つの事

DSC_2401

1.プランBを決めておく

お店選びで、「今度◯◯行こー!」と約束した場合でも、一応念のため他のお店も2件程ピックアップしておきます。
もしも、お店が急に休みになってしまった場合でも、すぐにプランBにすることができます。
もともと、お店選びが決まっていない時も、何件も調べて置くことによって、迷わずに案内できます。

2.混雑してたら損切り

もし、行きたかったお店がとても混んでいた場合。
何時間も外で順番を待つのもありですが、ここはスマートに行きたい所。

あらかじめ1でプランBを選んでおいた所に、切り替える勇気も持ちましょう。
ものすごく混んでいた場合、並んで疲れて、入っても混んでて疲れてしまいます。
さくっと空いている方を選ぶのも勇気です。

3.問い合わせの電話

予約ができるかどうか、予め何日か前に電話しておきましょう。
予約ができた場合はあらかじめ予約を完了しておきましょう。
そうすることによってゆったりと、混雑を心配せずにお店に行けます。

お店に電話するタイミングは、10時前後か15時前後がお勧めです。
飲食店はお昼時や夕方夜間はとても忙しいので、そういった所にも気を配りましょう。

また、今から行きたいのですが混雑はどうですか?と聞く方法もあります。
お店によって、そのような電話は受けたくない場合もありますし、問い合わせ歓迎の場合もあるので、
うまく間合いを見て、混雑しているかこっそり聞ければ、スムーズに食事に行けます。

4.キャッシュを多めに

食事に行くときは、ちょっと多めに現金を持ちましょう。
今どきはクレジットカードを使えるお店も多いですが、まだ現金しか使えない所もあるので
手持ちが足りなくてやばい!ってならないように少し多めに持ちましょう。

5.身なりに気をつける

お店では、隣合わせで近くに座ることになるので、清潔感のある綺麗な服装をしていきましょう。
かっちりとしたドレスコードでなくても良いので、近くに座っても不快でない格好を選ぶと良いです。

また、香水や匂いのするものは厳禁。食事中はニオイがきになるもの。
他にも、朝のうちに無臭の制汗剤で汗のニオイを感じさせないのも必要です。

 

ということで、楽しい食事デートがより良いものになるように、5つの事を気をつけましょう!(*´∀`)