【ハレとケ】高級な食器や道具を日常で使うべきか?

日本にはハレとケという文化があります。
民族学で文化勲章受勲を受賞した柳田國男によって見出されましたが、晴れの日を意味する「ハレ」は非日常、ケは日常・普段の生活を指します。
たとえば晴れ着は特別な日に着る衣装として今でも言葉として使われます。それ以外にも、少し昔まではハレのときしか使わない食器もあったようです。
今ではすっかり衰退してしまいましたが、お節料理の御重箱や絢爛豪華たる漆塗りの器など、お正月やおめでたい席で使っていました。

とこで、冒頭にもある高級な食器を日常で使うべきか?という話ですが、これは賛否両論で意見様々です。
例えば高級なティーカップを購入しても、キャビネットにしまったまま使わずに眺めるだけ。買ってから一度も使っていない。なんて人も居るようです。
もっと酷いと、購入して地震で割れるのが嫌だから箱から出さずにタンスの肥やしにしている人も居ます。

その証拠にヤフーオークションを見ると、70年代に買ったままの姿でシールさえ剥がしていないような新品未使用品によくお目にかかります。業者のデッドストックさながらです。買った商品はどう使おうと勝手ですが、少々寂しい気持ちになります。
読者のみなさんは高級な物を買った時に、すぐに開封して毎日使いますか?それとも特別な日だけに使いますか?
何もティーカップやグラスだけでなく、例えば高級なシャツやネクタイ、時計など何にでも当てはまる話です。高級車を買っても普段は軽自動車に乗るひとさえいます。

さて、筆者の仲の良いり◯こさんは、「り◯こはプレミアムエブリデイです」と公言しており、毎日が”ハレの日”です。侘び寂びもあったもんじゃないですが、そういう生き方も面白いような気がします。
あまり詳しく書くと本人に怒られてしまいますが、レストランのミシュランガイドの星付きはほとんど行ったことがあり、どんなに高級レストランでも”小腹が空いたら食べに行く先”もしくは”何となく雰囲気で行く先”でしかありません。

人間の人生というのは短く、色々と金銭的な自由が出るのが20歳程度、そこから身体が自由に旅行や食事を存分に楽しめるのが60歳〜70歳です。
人によっては30代で油っぽい料理が厳しくなることさえあります。つまり、この40年しか人生を自由に楽しむ期間はないのです。なので毎日ハレの日というのも人の何十倍も人生を謳歌しているような気もします。

筆者の別の知人と話すと、20代で一ヶ月のうち26日間が仕事、休日は月に4日程度で寝て過ごす。これは社会人としては正しいですが人生を楽しめているかは分かりません。一方で毎日のように高級料理にいくと、それが日常になってしまい感動が乏しくなります。最近聞いた話では誕生日にいくレストランに悩んだそうで、たいていのレストランには行き尽くして特にめぼしい先がないようです。これもまた寂しいような気がします。

ただ、高級な物や食事などに囲まれた生活が悪いかというと一概にそうとは言えません。例えば高級ワインであれば、普段から飲み慣れていないとここぞという時にグランヴァンを飲んでも「これは美味しいの?はて」となってしまいますし、高級レストランも日常的に行っていないと自然に楽しめません。
冒頭に有る高級食器も普段使いするからこそ、品質の高さを実感でき、ここぞという時に品質を見極めることができます。スーツやジャケット、革製品、宝石、時計全てに言えることです。
「このダイヤモンドの指輪の質が良いか?」そんなのは日常的に何個も高級な指輪を着けていないと判断なんて絶対にできません。
つまり、どのジャンルでも日常的に良いものを使っていないと、ハレの日にさえ本来の価値を判断できないのです。

筆者は食器マニアで、日常的にクリストフルの銀のカトラリー(フォークやナイフ)を使っています。とても快適で食事の度にうっとりする魅力ですが、反面に高級レストランであるホテルニューオータニのトゥールダルジャンでも全く同じカトラリーを使っていて、仮に行っても自宅と同じ食器が出ます。

話をまとめると、日常で高級品を使うと、特別な日に感動が乏しいという問題が起き、日常で高級品を使っていないと特別な日でも価値(真価)を判断できないという諸刃の剣です。
ですので松竹梅で言ったら竹を使うのは庶民としては良いような気がします。
また月のうち少なくとも1日は、できれば3〜4日は贅沢に良いものに囲まれて過ごすのがバランスが取れているのかな?と私は思っています。

著者 おはし

当アカウントは、はっしーを中心に数名のライターで記事を掲載しています。 Twitter→@ohashi335