【大学新入生は必見!】大学の入学式で周りと差を付けるスーツの着こなし

もうすぐ大学の入学式。スーツを買おうと思うけど、みんなと同じになりたくない。

実はネクタイやシャツをちょっと工夫するだけで、スーツが断然センス良く着こなせます!

紺スーツにグレーシャツと紺ネクタイを合わせる

紺のスーツはビジネスにおいて最も標準的なネクタイで、どんな色のネクタイを合わせてもそれほど問題ありません。

でも普通に単体で色を合わせてしまっては、主役でスーツを着る大学の入学式なのに面白みがない。大学新入生とはいっても、地味にしていなければならないという決まりはありません。

nyugaku-suit02

目立ちたいから明るい色のネクタイ!

な〜んていう短絡的な発想をしてしまう新入生を出し抜くには、スーツ全体を考えた色のコーディネートです。

そこで、紺スーツにグレーのシャツを合わせて紺のネクタイを合わせるのがおすすめ。

nyugaku-suit01

全体的にしっかりと統一感がありながら、グレーと紺というイタリアでも定番のシックな色を組み合わせることでシャープさを演出。

白シャツを合わせるよりも知的で洗練された雰囲気になりますので、試す価値ありです。

また、紺のネクタイは小紋柄などがおすすめ。ストライプのシャツにストライプのネクタイを組み合わせるのはちょっと気を使いますが、この柄やドットのような小紋柄は失敗しません。

ただしドットはあまりにも一般的で、皆が選ぶので、せっかくならもうちょっと凝った柄を。

neckties15

今回合わせたネクタイは手軽な値段で買える、コムサイズムのペイズリー柄。はっきりとした小紋柄と、浮かび上がるような大柄を合わせたお洒落なアイテムです。

こちらもシルバーと紺なので、全体に統一感を出せます。

紺スーツにカジュアルなワインレッドのネクタイ

もしこれからリクルートで使うことや、就職したあとのことを考えなくても良いのであれば、断然おすすめなのはカジュアルネクタイ。

大学新入生だからこそ、ばっちり決めて入学式に臨みたいところ。母親説得しましょ。

特に紺のスーツとはワインレッドがひじょょぉぉぉぉぉぉに相性が良いので大学の入学式では是非組み合わせましょう。

nyugaku-suit03

こちらはワインレッドの花柄のネクタイで、ポールスミスです。

ワインレッドのネクタイと紺のスーツの組み合わせは、まあ古くさい言い方をすれば男の色気を演出できる着こなし。

言い換えると、イタリアンなテイストを盛り込んだ、普通のサラリーマンにはできない着こなしです。あんまり色気があると職場の女性が仕事に集中できないですからね。

ふふふ。

普通は逆ですね。

でもワインレッドと紺ならいける。

そういうわけで特別感があり、大学の入学式のような特別な日に最適なスーツの着こなしと言えるでしょう。男の色気で新しい女の子友達いっぱいつくりましょ!

紺スーツにイタリアンレッドのネクタイ

いや、大学の入学式は大人の色気よりもガッツリ目立てる着こなしが良いっす!

という気合いの入ったあなたが好きです。

で、そんな大学新入生にこっそり教えたいのが紺のスーツにイタリアンレッド、つまり非常に鮮やかなトマトのような赤を組み合わせる着こなし。

nyugaku-suit04

スーツの着こなしの中でも最も派手で、注目度の高い、仕事で着たら確実に上司に締められる着こなしです。

その代わり大学の入学式の日に着れば、レジメンタル(ストライプ)のいかにもサラリーマン的なネクタイをしている大概の新入生をぶっちぎって最もお洒落な新入生になれるはず。

成績よりもネクタイですよ、今時。

主席合格よりも、イタリアンレッドのネクタイ。

黒スーツはモノトーンで決めた方がむしろ目立てる!

黒いスーツを買ってしまった。

なんとか派手なネクタイかシャツを合わせてお洒落っぽくしよう……。

なんていうのはルーキーの考え。

本当に大学の入学式でセンス良く決めて周囲の男達を駆逐したいなら、モノトーンで勝負です。

nyugaku-suit05

非常にドレッシーで存在感があるスーツの着こなしだと分かるでしょう。この存在感は大学の入学式のスーツ着こなしとしては非常に優秀なものですね。

なぜ派手なネクタイやシャツよりもシックに決めた方が良いのか。

それは黒いスーツの「黒」というのが、非常に主張の大きい色だからです。派手なシャツやネクタイ、とくに原色や派手な柄と合わせるのは2流です。黒と派手な色や柄が相互に主張しあい、ぶつかりあってしまうからですね。

そこで活躍するのがモノトーン。

基本的に彩度が0で、黒の仲間なので絶対にぶつからない。その上完全にモノトーンで統一されていると、まるでタキシードのような格式の高い装いになるために、逆にインパクトがあるのです。

黒の良さを前面に打ち出せるからですね。

例えばこの写真。

DSC_4404

DSC_4404

下のモノクロ写真の方が逆にインパクトがあるでしょう。

そういうこったなのです。

特に大学の新入生におすすめなスーツの着こなし、おすすめなスーツは黒の3ピーススーツに、やや光沢感のある白ないしは明るいグレーのシャツの組み合わせ。

またそれにシルバー系か、このような白黒系のネクタイを着用すれば、非常に洗練された着こなしになります。大学の入学式には特におすすめです。

就活無視の派手ストライプスーツは最強

もし就活をまったく無視して、一生ものの特別な日専用スーツを買いたい。

そういう面白みのある人はやっぱり、チョークストライプやペンシルストライプと呼ばれる派手なストライプの入ったスーツでしょう。

実際大学の入学式は目立ってなんぼです。

nyugaku-suit06

スーツ単体が圧倒的な存在感を誇っているので、大学の入学式ではシンプルに着るだけでも抜群に目立ちます。

おすすめはやっぱり紺のペンシルストライプ。英国調のストライプが人自体のシルエットを縦長に見せますから、身長を高く錯覚させる効果もあります。

もうひとつ注目していただきたいのは、パンツの裾。折り返して止めるダブル仕上げになっています。

ちょっとスーツに詳しい人はこう言うでしょう。

「え、ダブルなんかオヤジくさーい」

でも本当にスーツに詳しくて、お洒落な人はいつも必ず短めのダブルです。ポールスミスの店員もこういうでしょう。

「若い方がダブルでパンツを仕上げる、めちゃくちゃレベル高いですね」

だって考えても見てください。あなたはせいぜい20歳くらい。

オヤジになってからダブルで裾上げしたところで「ふーん」ですが、20歳でダブルの裾上げは話が別。

20歳の若さで「ダブルが伝統的な着こなし」ということを知っていて、若いのにあえてそれを選びトラディショナルな着こなしに挑戦しているというのは、カッコいい以外の何ものでもありません。(と思ってます)

オヤジになる前だからこそ、渋い服装はカッコいい。それに体にぴったりのラインのタイトなスーツで、派手なペンシルストライプであればそれは完全に「オヤジ」ではなく「トラディショナル」です。

と共感してくださる人は是非、大学の入学式であえて挑戦してみてください。大学新入生だからこそ出来る、意味のあるスーツ着こなし。ブランドの服屋などの店員さんには絶対ほめられる上級な着こなしです。

大学の入学式はオッドベストで差を付ける

大学の入学式ともなれば、ベスト入り3ピースのツヤツヤスーツでかっちょ良く決めてくる男もいるわけで。

そういう若僧を駆逐すべく(何者??)、渋いスーツにイタリアンな色の組み合わせでオッドベストを入れましょう。

navy-brown

紺のスーツに茶系ガンクラブチェックのベスト。

イタリアでは茶色と青の組み合わせはマローネ・エ・アズーロと呼ばれていて、その法則を応用したレベルの高い着こなしです。

大学の入学式では光沢のある生地のグレーのベストに金色のチェーンを飾り着けて……みたいないかにも若々しいスーツの着こなしとは対局をゆく、イタリアンな色の組み合わせを用いた「センスで主張する」スーツ着こなしをしてみるのもおすすめ。

ちなみにこの、オッドベストを着用する場合の注意は3つ。

①スーツの色と完全に異なる色のベストにすること。

紺のスーツに紺のベストを合わせると、「あれそれ柄違わない??」とか「微妙にベストの色違うね笑」といった状況になって絶体絶命になります。スーツが紺なら茶色やグレーのベスト、黒ならグレー、グレーなら濃いグレーのベストがおすすめ。

②ベストを引き立てるためにネクタイは控えめに。

今回は小紋柄の紺のネクタイを組み合わせています。オッドベストでスーツを着こなすときにはベストが主役。基本的には派手すぎる色のネクタイを避け、ベストを引き立てましょう。

③スーツの柄と同じ柄を用いない。

今回の場合はオルタネートストライプ柄のスーツと、細かいガンクラブチェックのベスト。

このように柄を変えたり、どちらかを無地にしたりするのがオッドベストを成功させるコツです。

リクルートスーツ&ネクタイ限定!という無理ゲーなとき

お母さんに相談してみましたところ、

「リクルートに使えるスーツと、ストライプの仕事に適したネクタイしかいけません!」

という返事が帰ってきました……。

 

諦めてはいけない。

 

そういうお母さんを説得するためのページを作ったので、まずは以下の記事をお母さんに読ませましょう。

大学1年生が買うべきスーツはどんなスーツ?? 入学式&成人式そして就活

高級スーツが大学新1年生にとっていかに重要かを説いています。

役に立つでしょー、このサイト。

何しろ今すぐ大人になれる本ですからね。

 

ま、それでも無理だったときは諦めて普通のスーツとネクタイを買いましょう。

でもネクタイ選びにひとつ工夫を。

それは……

出来るだけ色数の少ないネクタイを選ぶこと。

あまりにも様々な色を用いたレジメンタル(ストライプ)のネクタイは、いわばごちゃごちゃしたオタク御用達チェックシャツと一緒で野暮な印象になりがち。

それよりもスーツにピッタリとマッチする色を2色だけ用いたネクタイを選ぶ。

それだけでずいぶんスーツがかっこ良く決まるものです。

suit-neckties13

ね、かなり洗練されていてセンスのある感じになるでしょう。

せめてネクタイやシャツだけは派手に……なんていう考えを起こしてこういう組み合わせをするよりもずっとカッコいいと思いませんか??

dasasuits

ね??

そういうわけで大学新入生のための、入学式スーツの話でした。

ほんとのほんとに、大学の入学式で着るスーツは目立ってなんぼです。

皆そのつもりで入学式来ます。

だからこそ、若気の至りで目立つけどセンスのない着こなしをしちゃってる人を脇目に、どの年代が見ても「うわ、レベルたけえ」と思うスーツの着こなしをしていきましょう!