【大人になるための】クレジットカードの正しい使い方講座

今日はクレジットカードの正しい使い方を説明していきたいと思います。

DSC_1990

そもそもクレジットカードというのは、会員に信用(credit)を供与するという意味で「クレジット」と名付けられている。
アメリカでは社会的に問題がないか判断する基準でもあり、宿泊施設やあらゆる機関でクレジットカードの提出を求められる。
また、一定の経済力があることの証明にもなり、学生の内はデビットカード(銀行残高のみ使えるカード)からクレジットヒストリーを積む。
日本の場合はVISAデビットなど銀行残高のみ使えるというカードの種類があり、これは未成年や主婦でも審査が通る。
クレジットヒストリーというのは、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)やCICといった信用情報機関に記憶されるデータのこと
クレジットカードを作成するときに、良く同意書を読むと、この信用情報機関への登録の同意が書かれている。

 

難しい話はこれくらいにして、何が重要かというと、「必ず一括払いで払う」これが一番重要です。
「クレジットカードはポイントが付いてお得~」
なんて話を聞きますが、分割で何回も払っていると、利息のほうがあっという間に上回ってしまい
昔に買ったものを何ヶ月にも渡ってコツコツと返さなければいけなくなる。
クレジット会社によっては2回払まで手数料無料ということもあるけれど、クレジットカードを持つならば、絶対に「一括払い」を強くオススメする。
また、一括払いで使って、しっかりと支払っていると、与信(クレジットカード枠)を広げてもらえたり、上級カードのインヴィテーションをもらえたりする。
よく言う、ゴールドカードなどがそれにあたる。

クレジットカードの正しくない使い方

 

ケース1 キャバクラで見せびらかす


もしも、キャバクラでお目当ての女の子が居たとしても

絶対にこんなふうには使ってはいけません。

 

女の子「すご~~~い!雑誌の出版やってるんですか??カッコいいですね~~」

編集長「だろぉー(にやけ顔) 一緒にご飯行こうよ。なんなら僕のメルセデスで夜景に連れてってあげる」

女の子「え~~。ホントですか?うれしいー^^」

女の子「ところで、やっぱり雑誌の編集者サンってゴールドカードだったりするんですか?!」

編集長「もっちろーん♡」

 

 

 

 

 

チラッ チラッ チラッ チラッ チラッ チラッ チラッ チラッ

 

1390044147UtTsRgnaYIwO4Mf1390044103

 

 

 

 

編集長「どう?今日ウチくる?」

 

な~~~んてのは、かなり品の無い素行ですので、行わないように。

あまり調子に乗ると、つよ~いお酒を飲まされて、覚えのないケタ数の請求書が来たり

後日、何故か覚えのないネットショッピングが引き落としがされていたり。

ってことも十分にありえますので。
まずは最低でもキャッシングをゼロにしておきましょう。

 

 

ケース2 まげて遊ぶ

 

みなさん、こんな悪い遊びをしては行けません。


DSC_1993

 

やっぱこれ、床のゴミとるのにちょうどいいよなー!硬さと言い。

 

あ~でもなんか飽きてきたなぁー。

 

なんか面白いこと無いかな?

 

むにゅむにゅ


DSC_1996

 

 

お?

けっこう柔らかいじゃね~か~

DSC_1997

 

く~ねく~ねの、く~ねくね♪

あ、それっ。

 

く~ねく~ねの、く~ねく……..

 

DSC_1998

 

?!

 

DSC_2002

 

 

 

( ゚д゚)

 

 

 

 

 

 

(  Д ) ゚ ゚

 

 

 

 

不慮の事故により真っ二つに割れてしまったゴールドカード君。

 

なんてことになりかねますので、ご利用は計画的に、また、くれぐれも丁寧に扱いましょう。