【メンズ】クールビズでもお洒落なシャツの選び方

春も過ぎ、夏にさしかかってくるこのごろ。

そろそろ本格的にクールビズについて考えたいところ。

今回はちょっと野暮になりがちなクールビズのシャツ姿をお洒落にする、シャツの選び方を紹介!

 

クールビズには胸ポケット無しのシャツが良い!

 

多くのシャツについている胸ポケットですが、実は日本以外の国ではあまりメジャーではありません。

日本の大手ドレスシャツメーカーである鎌倉シャツがアメリカに進出したところ「胸ポケットがついている」ということから売れなくて、一部のシャツから胸ポケットを廃止したというニュースは有名ですね。

そんなわけで、胸ポケットがついているシャツと胸ポケットがついていないシャツ、どちらが良いのか??

特にジャケットを脱ぐことの多いクールビズスタイルでは、胸ポケット無しが断然おすすめ。

united-arrows3

 

胸ポケットは「機能的」という理由でついているものですが、ドレスシャツの胸ポケットに物を入れるのはかなり野暮ったくなってしまう。ですからお洒落にこだわるようになると、結局ポケットを使わないようになります。

だったらポケットが無いシャツの方がシルエットが綺麗。

とそういうわけなのです。

本当にポケットが無いほうがかっこいいの?? とまあ、カッコいいかどうかは人それぞれですが、一般的にはスマートで凛々しい姿になると言われています。

bandana9

 

編集部もおすすめなのです。

 

クールビズなシャツの素材は??

 

胸ポケットの次にこだわりたいのが、シャツの素材。

もちろん普段着ている綿100%のドレスシャツも涼しいのですが、せっかくクールビズでシャツ姿になるのであれば、おすすめはシャツだけでも存在感のある生地。

特に夏の季節感がある、麻やオックスフォード地のシャツは非常におすすめです。

こちらはオックスフォード地の中でも目が細かくて、滑らかな手触りと光沢感が魅力のロイヤルオックスフォードのシャツです。

nolley's collar01

麻やオックスフォードのシャツがどうしてクールビズかと言いますと、それは着ている人が涼しく感じるからです。見る人もそれを知っているので「ああ涼しげだな」と思います。

麻やオックスフォードのシャツがどうして涼しいか、というのにはいくつか理由があります。

一つには通気性が良いこと。

もう一つには麻のシワ感やオックスフォードのつぶつぶな表面のおかげで、肌に触れる面積が減るから。ぴったりと何かがくっついているとそこは蒸れやすいですが、触れる面積が減ると驚くほど涼しくなるものです。

またこれらのシャツは何度も洗っても痛みにくいのも、夏のクールビズに適する理由です。

 

クールビズで個性派シャツを着たい!

 

クールビズだからこそ個性を演出したい人も多いはず。

そんな人におすすめなのが、変わり種の「襟」を採用したドレスシャツ。実は先ほどのオックスフォードシャツも個性的な襟の形状でしたが、お気づきになられたでしょうか??

shirts

写真右側、先ほどのオックスフォードシャツの襟はイタリアカラーと呼ばれ、第一ボタンが無いのが特徴です。

つまり第2ボタンまで開けて、ノーネクタイで着ることを前提としたシャツなんですね。

そうすることで普通のシャツと何が変わるかというと、襟の立体感やシルエットが美しくなるのです。

nolley's collar

ね?? 綺麗でしょう。

そしてもう一つのシャツはバンドカラーと呼ばれる襟のシャツです。

shirt-bandcollar

これは例のドクターが着ているシャツですが、下手に色付きを選ばずに白シャツでさらっと着ると意外にもかっこよく決まるんです。ぜひシャツスタイルに活用してみてください。

 

 

いかがでしたか??

今回はクールビズで着るシャツ特集でした。

みなさんお洒落に夏を乗り切りましょう!