珈琲入門4〜挽き方と美味しいコーヒーの淹れ方〜

今まで、歴史・産地・焙煎などと紹介してきましたが、この回では実際にコーヒー豆を挽いて淹れる方法を紹介します。

挽くのは電動ミル、淹れるのはオーソドックスなペーパー式です。

コーヒー豆を挽くのに必要な道具

DSC_1055

電動ミル(もしくは手動ミル)

電動ミルというのは、まあいわばミキサーみたいなものです。
二枚羽のものは簡易的ですが、価格が安く2000円〜3000円で入手可能です。
コーヒー専門店だけでなく、ジャスコやホームセンターでも購入できます。

それに対して手動ミルというものもあります。

電動ミルの利点・・・

挽くのが非常に早い(30秒未満)、忙しい朝でも便利です。
掃除が楽で、人数が多くても手軽です。

手動ミルの利点・・・

電動だと高速回転で熱が加わり豆の風味が失われやすい。(と言われています)
ですが手動ミルなら、ゆっくり引くので香りが保たれます。

あと、雰囲気があります!(それが全て?)
時間がかかり1人前でも10分以上掛かることもしばし…。

DSC_0503

この写真でどこの喫茶店か分かる人もいるのではないでしょうか??
2005年に放送されたドラマ「優しい時間」に出てくる森の時計という喫茶店です。
北海道・富良野に実在して営業しているのです!

カウンターでは、ドラマのようにお客様自身で手動ミルで豆を弾いて、それをマスターがドリップするのです。う~ん、なんて素敵(ノ´∀`*)
数年前に行ったのですが、また行きたいですネ。

話がそれました!汗

DSC_1063

こんな感じで電動ミルに豆を入れます。
1人前(1カップ=140cc)で豆が10g程度が良いと言われています。

何倍も入れていると慣れて、目分量で豆の量が分かるようになりますよー。

ところで、この電動ミルですが、わたくしが13歳中学1年生の時にお母様に買ってもらった物です。
かれこれ12年も一緒なのです。今年で、人生を半分共にした相棒になるわけです(´;ω;`)ブワッ
なので、最新式の電動ミルに中々移行する気分になれませぬ。

DSC_1069

3秒程押して、離す。
んでもって、一旦かき混ぜる。もう一度同じように3秒程押して…と繰り返します。

ジャリジャリ音が経っていたのが、サラサラとした音になったら中を確認します。

DSC_1073

こんな感じになればOK。
好きな挽き具合でできますが、初めのうちは中挽きがオススメです。

安い二枚羽の電動ミルだと、粉のサイズが均一になりにくいのですが、挽いてある粉を買ってくるよりは格別美味しいですよ!

DSC_1150

編集部には大型のミルもありますが、値段が何万円もするので入門には向いていませんね。

とりあえず粉が完成です!

 

美味しいコーヒーの淹れ方

うーん、村山由佳が読みたくなる見出し。
編集長はムラヤマ大ファンです( ̄ー ̄)ニヤリ

それはヨシとして、まずは必要な道具。

ドリッパー、ペーパーフィルター、ガラスポット、電子ケトル(やかん)

DSC_1078

ドリッパーとフィルターセットで400円程度で売っているので、是非入手しておきましょう!
この螺旋タイプが最近の定番ですねー。

他にも洗って再利用できるゴールドフィルターなどもあります。
一部のマニアは、ペーパーフィルターは紙の臭いが付くといって嫌っているそうです。
また一部のマニアは、ドリップ前にお湯でサラッと一度流すそうです。

いやはや、奥が深いですなー。

DSC_1080

パリっと折って、セットしまーす。

DSC_1081

 

こんな感じです!
これだと3人前程度ですね。

DSC_1086

 

ガラスポットにセットします。
このようなスタンドが着いたガラスポットだと、テーブルに直接当たらないので良いですね。
もし直接テーブルに当たる場合は、ソーサーなどで温度が伝わらないように気をつけましょう。

DSC_1089

グツグツに沸騰させて、1分程度置いたお湯を用意します。
お湯を細く出し、粉を満遍なく浸します。

これを蒸らしと呼びます。寝ている豆が起きる訳ですねー。
20秒〜30秒程度待ちましょう。

DSC_1091

新鮮な豆はブワーッっときめ細かい白い泡が膨らみます。
この時に美味しそうな香ばしいコーヒーの香りが部屋中にはじけ飛びます。
※但し新鮮な豆に限る。

安い粉の状態の豆だと、ぜんぜん膨らまずに白い泡も出ないのです。

一説によると中央で、のの字を書くと良い。と言われています。

僕の個人的な趣向では、周りの粉も満遍なく浸して水位をあまり上げないのがコツです。
「大人本流」として、真似してみて下さい。笑

DSC_1109

美味しいコーヒーの完成!
あとは絶対に素敵なカップを用意して下さいね。

写真のカップはノリタケのプラチナシリーズ。ノリタケというのは日本で一番有名な食器メーカーです。
特にオールドノリタケという、何十年も昔のシリーズは愛好家が多く高い値段が付きます。

百貨店に行くとノリタケのカップが3千円前後で手に入るのでオススメですよ!

DSC_5036

アンニュイな気分に浸りたいのであれば、ロイヤルコペンハーゲンがオススメ。
年中通してどんよりと雲が広がる北欧の雰囲気を強くまとったメーカーです。

村山由佳のおいしいコーヒーのいれかたにも出てきます。

B-ArWLPCUAAUsSv-1

 

うーんメランコリック♪

DSC_1146

 

珈琲入門1〜コーヒーの歴史〜

珈琲入門2〜コーヒーの品種と産地〜

珈琲入門3〜生産処理と焙煎の特徴〜

珈琲入門4〜挽き方と美味しいコーヒーの淹れ方〜

珈琲入門5〜コーヒー豆屋の選び方〜