サーキットトレーニングで効率良く痩せる!

joging

何故痩せるのか。

以前より機能性ドリンクがコンビニの売り場で幅を効かせていますね。
例えばLカルチニン、体内の脂質をエネルギーに変えるのに欠かせない成分であり、血中の脂肪酸をミトコンドリアに渡す働きをしています。
ミトコンドリアが、ATP(アデノシン三リン酸)を作り出し、ATPによって筋肉を動かしています。
脂肪酸をミトコンドリアがアデノシン二リン酸とエネルギーに分けて”燃焼”します。
ターザンや雑誌などでも、”脂肪を燃焼させる!”などとキャッチフレーズがありますが、脂肪酸を燃やす所から出来た言葉と言えます。

大切なことに、Lカルチニンは脂肪燃焼補助成分であり、実際には運動をしないと脂肪を燃焼させる事ができません。
また脂肪の燃焼が始まるのは、血液中の糖分を使い切ってからなので、積極的な必要になります。
ですのでサプリメントだけを飲んでいても、一向に痩せないのはそのためです。
そこで有効的な運動方法が、このサーキットトレーニングなのです!

サーキットトレーニングとは。

「無酸素運動」と「有酸素運動」の交互のトレーニング方法です。

無酸素運動は、激しい運動によって酸素を取り入れる時間がないような運動です。
例えば短距離のダッシュなど、息を吸い込む間もないような運動をイメージすれば分かり易いと思います。
無酸素運動には、上体起こしや短距離のジョギングなどがあります。

有酸素運動とは対称的に、ゆっくりとジワジワと筋肉を使う運動の事です。
例えばウォーキングやストレッチに近いインドアトレーニングがそのたぐいです。

つまり簡単に言えば、激しいジョギングを5分→ゆっくりとしたウォーキングを10分
といったような交互の運動をするのが、このサーキットトレーニングの目的です。

drug

何故サーキットトレーニングで痩せるのか。

それは有酸素運動の合間に無酸素運動を取り入れることが可能だからです。
無酸素運動により体脂肪が脂肪酸とグリセリンに分解され、それを有酸素運動でエネルギーとして消費できます。

つまり、Lカルチニンなどのサプリメントを取った後に、このサーキットトレーニングをする事によって、脂肪の燃焼を著しく促進できるのです。
例えば無酸素運動だけなどと、激しい運動だけするとミトコンドリアに酸素が行き渡らず、効率良く脂肪燃焼を行うことができません。ですので、交互でバランスよく運動してゆくのが脂肪燃焼への近道といえます。

また、無酸素運動の途中に有酸素運動を行えば疲れの原因でもある乳酸が溜まりにくいので、翌朝にふくらはぎが浮腫んだり、体全体がだるくなるのを予防する効果もあります。

痩せるのに大切なのは日常生活のバランス。

色々な書籍でも言われていますが、健康的な生活を続ける事によって基礎代謝のリズムが一定化します。
ですので、常日頃よりバランスの良い食生活を心がけ、場合によってはカルシウムやビタミン郡などのサプリメントを摂取するのも効果的です。
また、このサーキット運動は1週間の内に5日程行うのが効果的で、週に2日程は筋肉を十分に休めるとより効果が出やすいです。

日頃運動してない人は、急にジョギングなどを初めると身体を痛めやすいので、無理なく少しずつ挑戦するように心がけて下さい。
また準備運動やストレッチを十分に行う事によって故障のリスクも抑える事ができます。
脂肪が痩せたい人は、怪我に気をつけながら、是非ともこの効果的なサーキット運動にチャレンジしてみて下さい。