ヨーロッパのクリスマス・マーケットって?

クリスマスマーケットとは??

 

日本ではあまり見かけることはありませんが、ヨーロッパでは12月にもなると、街のいたるところでクリスマスマーケットが開かれます。

このマーケットは、固定式の屋台が沢山出店し、クリスマスマーケット定番のお菓子や飲み物に始まり、ハンドクラフトの飾り物や雑貨、人形にいたるまで様々なものが売られています。

上の写真は有名なミュンヘンのプラッツ(広場)で開かれているクリスマスマーケットの様子です。

大変人で賑わっていますが、混雑しているといった感じでもなく、ゆったりと歩いて回ることができますね。ただし気温によっては非常に寒く、凍りそうな指先を温めながら歩かなければなりませんね。

個性豊かなイルミネーションが見物

さらにこの時期にもなると、街中がクリスマスの飾り付けに。

 

こちらはドイツ国境沿いの街、フランスのストラスブールの町並み。アルザス建築のお洒落な建物と入り組んだ路地に、クリスマスのイルミネーションがところ狭しと飾られます。

ヨーロッパならではの路地とクリスマスイルミネーションの組み合せは、よりロマンチックですね。

クリスマスマーケットは、大聖堂近くの大きな広場で行われることが多いですが、そんな広場のイルミネーションは壮大。

下はチェコの首都プラハの広場です。

 

大きなクリスマスツリーが映えますね。また真ん中奥に見えるのは、特設のステージ。

子供達が美しい声でハーモニーを奏で、クリスマスマーケットに聖歌のメロディを響かせます。

とても神秘的で、それでいて楽しいイベントなんです。

他にもスイスのチューリッヒ中央駅では、巨大なスワロフスキーのツリーがあったり、地域によって独特なお菓子が売られていたりと、街によって個性豊か。

12月の上旬から24日まで行われているイベントなので、様々な街をめぐって、その場所の雰囲気を感じながらクリスマスマーケットを楽しむのも良いですね。

クリスマスマーケットの名物

クリスマスマーケットの名物はやっぱり、グリューワインとホットドック。

グリューワインは温かいワインのこと。シナモンやクローブを始めとしたスパイスと、オレンジが入って煮込まれているワインで、甘くて飲みやすいのが特徴。

寒くて冷たいヨーロッパの冬には欠かせない飲み物なんですね。お酒が苦手な人も、ワインを飲んだことがない人も、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに味はお店によって全然違います。いろいろなお店で試してみれば、すぐにグリューワイン通になれますね。

また、ホットドックも定番メニュー。特にドイツでは、長いウインナーを素朴なフランスパンに挟んだ形で出てきます。

土地によっては変わったホットドックもあり。

例えば下の写真はドイツの右下あたりに位置する街、レーゲンスブルクで食べられるレーゲンスブルガー・ホットドック。

 

何がすごいって、わさびが入っているんですね。

日本人もびっくりな組み合せだけど、実は結構美味しいです。

見かけたら、楽しもう!

そんな感じで魅力がいっぱいのクリスマスマーケット。

12月にヨーロッパに行く予定があるのであれば、きっと遭遇できるはず。そんなときは現地の人たちと混じってグリューワインを飲みながら、精一杯雰囲気を楽しんじゃいましょう!