【おすすめ】ベッドの選び方 〜基本と重要なポイント

bed

ベッドをどんな基準で選ぶか?

皆さんはどんな基準でベッドを選んでいますか?

ベッドフレームに関しては、インテリアとのマッチングや好みのデザインなどによって選べるよう様々なものが製品になっています。

しかしことベッド本体となるといきなり選択肢は少なくなり、どれも似たり寄ったりなせいで「どれでもいいかな」と思ってしまう方も少なくないようです。

しかしベッド本体こそは睡眠の質を左右する最も大きなパーツです。

睡眠時間は実に人生の3分1にものぼります。

その質が良いか悪いかによって、起きている間の集中力や体力、健康など様々な部分が左右され、人生そのものの良し悪しにさえつながってしまうのです。

90歳まで生きた人は、そのうちの30年間を睡眠で過ごしています。それなのに、それを支えるベッドは「どれでもいいかな……」なんて、実はとても勿体ない考えです。

起きている60年はできるだけ幸せに、充実させて過ごしたいと考えているのであれば、眠っている30年に注目して、その質を高めるのが大切です。

ではそのために、どんな基準でベッドを選ぶべきか。

今回はそれについて考えていきましょう。

良いベッドを買うことは、日々の健康への投資

まずベッドを買おうと思ったときに問題になるのが、予算ですよね。ベッドはニトリで2万円で買うこともできれば、シーリーやシモンズなどブランド品になれば40万円といった値段のものもなくはありません。

もちろん必ずしも最高級のものを買う必要はないでしょう。しかし、だからと言って十分な機能を得られるマットレスは安くはありません。

マットレスは、例えるならば車と同じです。

誰もが4500万円のフェラーリを買う必要はありません。しかし十分な安定性や、事故をしたときの安全性などを考えると、新車を50万円以下で買うことはまずできないでしょう。

そういった最低限の基準を考えると、車はだいたい150万円〜250万円といった値段になるのではないでしょうか。

ベッドも同じです。もちろんベッドとして一応使うことができ、眠ることができるものであれば2〜3万円でも手に入れられるでしょう。

ですが良い睡眠が欲しい、できれば眠ることで疲れを取り除きたい、そういったことを考えたらベッドは自然と5万〜となってきます。

安いベッドは逆に経済的ではない場合も

もう一つ、実は安いベッドは実際には安くない場合があります。

例えば2万円のベッドは、すぐにへたってしまいます。

へたった状態のベッドで眠り続けると腰が沈むので姿勢が悪くなり、腰痛や疲れが取れない原因となってしまうため変える必要があります。

すると2万円のベッドを何度も買い替える必要や、不要になったベッドを処分する必要がでてしまうのです。

ですから逆に最初から長く使える良いベッドを一つ、カード会社の分割などを利用してでも25万円で購入した方が、よほど経済的な場合もあります。

繰り返しになりますが、ベッドは日々の健康への投資です。良いものを見極めて購入しましょう。

スプリング式ベッドは本当に良いのか?

それでは実際にベッドを選ぼうと思ったときに、まず考えるべきなのはベッドの種類です。

もともとベッドといえば定番なのが、スプリング式のベッドですよね。ホテルのベッドのようにスプリングが入ったベッドは皆さん一度は使ったことがあるでしょう。先ほど少し話に出てきたシーリーやシモンズは、こういったベッドで有名なブランドですね。

このようなスプリング式ベッドのメリットは、寝心地が良いことだと言われています。

しかし筆者の体験からすると、多くのスプリング式ベッドはスプリングが柔らかすぎます。またホテルなどでは最初は硬めのスプリングだったであろうベッドも、へたって柔らかく腰砕けな感じになってしまっていることが多いです。

なぜ柔らかいスプリングのベッドがいけないのでしょうか?

これにはいくつかの理由があります。